クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

159話 海

「おっ!見えてきたぞ!」
 俺は、自動車の窓から首を出しその先にあるもの見てそう言った。
 その先にあるものとは、太陽の光を反射してキラキラと光らせ少し塩の匂いがするもの。そう、海である!
 魔大陸に行くにはこの海を渡らなければならない。
「柊お兄ちゃん!海です!光ってるです!綺麗です!」
 リルは、海を見てはしゃいでいる。前の時も結構はしゃいでいたけどな。
「ねぇ、竜斗。……今回もあれ作るの?」
「あれ?」
 ユイが俺の服を引っ張ってきてモジモジしながらそう言ってきた。
 はて?あれとはなんだろう?
「だから………その……」
「なんだ?」
「さ、魚……魚料理!」
「ああ、そういえば前作ったな。なんだ?また食べたいのか?前まではあんなに嫌がっていたのに。」
「わ、悪い!?美味しかったんだから仕方ないでしょ!」
「ははっ、怒るなって。分かったよ、作ってあげる。」
「竜斗、私も手伝いますね。」
「ありがとう、シェレール。今日は、あの海のところで一泊するか。明日の朝、海を渡ろう。」
 みんな、それに納得してくれた。
 俺たちは、海のところで自動車から降りて前に使った水着に着替えた。
 もちろん誰かに見られたらいけないので俺の空間で着替えた。
 さてと、まずは魚を取ってきますかな。
「シェレール、俺はまず魚を取ってくるから遊んでいていいぞ。」
「いえ、私も行きますよ。竜斗一人じゃ悪いですし。それに……竜斗の戦っているカッコイイ姿みたいですし………」
「お、おう……そ、そうか。なら、ついてきてくれ。」
「はい……」
 俺とシェレールは、手を繋ぎつつ海に入ろうとした。
 だが、入る前に一つすることがあった。
「あっ、ちょっと待ってくれ。」
「ん?どうしたんですか?」
「シェレールにスキルを渡さなきゃいけないのがあった。」
「なんのスキルですか?」
「水中呼吸だよ。これがあると水の中でも息ができる。」
「あ、ありがとうございます。」
 俺は、シェレールに水中呼吸を譲渡のスキルで渡した。
「それと、シェレールもう海水は怖くないのか?」
「え?あ、そういえば……大丈夫みたいです!ど、どうしてでしょうか?」
 シェレールは、この前来た時は海水に入ったところで力尽きてしまった。だが、今回は難なく海水に入っている。
 どうしてだ?
「………もしかしたら……その、竜斗がいるからかもしれません。」
「ん?俺がいるから?でも、前の時も一緒にいたよな?」
「いえ、あの、前は竜斗とはその、恋人じゃなかったですから……前も竜斗がいるって安心していたんですが今ではもっともっと安心できるようになったんです。竜斗といれば怖いものなんてないってことが分かったんです。必ず竜斗が助けてくれるから。」
 シェレールは、そう熱弁する。
 俺は、そんなシェレールを見て笑顔でこう言った。
「ああっ!俺が必ずシェレールを守ってあげるよ。ずっとそばに居るしずっと支えあげる!」
「ありがとうございます。まさかこんな簡単に海水を克服できるなんて思ってなかったです。竜斗のおかげです!」
「シェレールが頑張ったからだよ。それじゃ、そろそろ行こうか。」
「はい!」
 俺とシェレールは、手を繋いだまま沖の方まで泳いでいった。
 シェレールの泳ぎは最初はぎこちなかったがすぐに慣れたらしい。
「シェレール、泳ぎになれるの早かったな。すごいじゃないか。」
「えへへ、竜斗が教えるの上手でしたから。」
「そうか?シェレールの慣れるのが早かったからだよ。」
 俺は、人に教えるのとかしたことがないから上手いかどうかは分からないが絶対シェレールの才能のおかげでもある。
「おっ!あそこに丁度いい大きさの魚がいるぞ。あれを捕まえよう。」
 やっぱこの世界の魚は大きいな。
「竜斗、私に任せてください!」
 シェレールは、そう言って俺の前に出た。
 シェレールがこうやって前に出るなんて珍しいことだ。
「あっ、シェレール、なるべく新鮮なまま食べたいから殺さなくていいぞ。気絶程度で十分だ。」
「分かりました。」
 シェレールは、首を頷けて右手を前に出した。
 そしてシェレールは、詠唱をせずに光魔法を繰り出した。
 シェレールの出した魔法は、小さな光の矢で魚を気絶させるには十分だ。
 その矢は、ものすごい速さで魚の頭に当たった。
「おおっ!すごいな!上手く気絶させられたな!」
「ふふっ、どうでしたか?」
「かっこよかったぞ。それも魔法の制度も良かったし。」
「ありがとうございます。それじゃ、早く帰って調理しましょ!」
 なんか、シェレール結構ノリノリだな。
 さて、帰ったらシェレールと一緒に料理か。こう考えると初めてだな、シェレールと料理を作るのは。
 よし!頑張るか!

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ケモ耳最高

    たまに嫉妬の視線来てそう

    0
コメントを書く