クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

156話 感謝

「本っ当にありがとうございました!」
「いえいえ、もう本当にいいですから。頭、上げてください。」
 お礼をしたいと言われ俺たちは、この人が経営している店へとやって来た。
 だが、この人は今も尚ずっと俺たちにお礼を言い続けている。
「今日は思う存分に食べていってください。たじには自慢がありますので!」
 胸を張って言うということは、本当に美味いのだろう。結構楽しみだ。
「あの、そういえばお名前を伺っていなかったのですが聞いてもよろしいですか?あっ、私の名前はメイスと申します。」
 あの女の子、この人たちには俺の名前を教えてないようだ。
「俺は、リュウです。」
 それから俺たちは、自己紹介を始めた。
「リュウ殿、それにその他の皆様、今夜は思う存分楽しんでいってください!」
 メイスさんがそう言うと料理がどんどん運ばれてきた。
 料理を運んで来た人の中にあの女の子も一緒にいた。
「おおっ!全部美味そう!」
 運ばれてきた料理を見ると全てが美味そうに見えた。
 料理を運んでいた人たちは、運び終えると厨房へと戻って行った。
 だが、
「あの……戻らないんですか?」
 あの女の子だけ、俺の隣に残っていた。
「じー」
 それにすっごい見られてる。
「あっ、私は気にせず料理を食べてください。」
 いや、食べずらいわ!
「じー、じじーー」
「………あの」
「ひゃ、ひゃい!」
「一緒に食べる?」
「へ?あ、いえ!大丈夫です!」
「いいから、いいから。ご飯は、人が多い方が美味しいって感じるんだよ。だから、はい。」
 俺は、取り皿にその女の子の分を入れて渡した。
「で、ですが……」
 その女の子は、チラッとメイスさんの方を向いた。
「いいよ、食べなさい。」
「っ!ありがとうございます!」
「お礼を言う相手が違うだろ。」
「そ、そうでした。リュウ様、ありがとうございます。」
「いやいや、気にしないで。」
「ジトー」
 っ!また、見られてる!?
 俺は、視線を感じた方を向くとそこにはシェレールが頬を膨らませて不機嫌そうにこちらを見ていた。
「リュウ様、はいどうぞ。」
「ん?あ、ああ、ありがとう。」
 その女の子は、俺の分を取り皿に料理を入れて渡してきてくれた。
「あっ、その前に君の名前教えてくれないか?まだ聞いてなかったから。」
「そ、そうでしたね。私の名前はメルーナです。」
「メルーナか。いい名前だね。」
「っ!あ、ありがとうございます。私もすごく気に入っています。」
「むー!」
 あっ、シェレール、さらに怒った?
 このまま放置していくと後の俺がヤバそうだ。
「シェレール、これ美味しいぞ。」
 俺は、料理を食べてそう言った。
「あっ、それ私が作ったんです。気に入ってもらえてよかったです。」
「むぅーー!」
 さらにシェレールの頬が膨れる。
 これは地雷を踏んでしまったな。
 これ以上何か言ってしまうとさらに地雷を踏んでしまいそうなのであまり喋らないようにした。
「うん、美味しい。」
「それも私が作ったんです。」
「そ、そうなのか。」
 今さっきから俺が食べているもの全てメルーナの手作りなんだが……
「これ、全部メルーナが作ったものなんじゃないか?」
「あっ、バレちゃいました?リュウ様に私のご飯食べてもらいたかったので……ご迷惑でしたか?」
「い、いや、迷惑じゃないよ。すごく美味しいから。」
「それなら良かったです。あっ、飲み物入れますよ。」
 メルーナは、飲み物を俺のコップに注いでくれた。
「ありがとう。」
 俺は、お礼を言いつつシェレールの方をチラッと見た。
「………もぐもぐ………」
 シェレールは、ずっと黙りながらご飯を食べている。
「シェレール、美味しいか?」
「………はい…とっても……」
 シェレールの声は背筋が凍るようなそんな冷たい声だった。
 それに俺の目を見て話してくれない。
「………シェレール……怒ってる?」
「……いいえ!全く!」
 いえ、完璧にキレていらっしゃいます。
 俺は、この後に宿に帰った時のことを考えると憂鬱になってしまった。
 だが、そこへさらにメルーナからの重い一手が繰り出された。
「リュウ様、頬にタレがついてますよ。」
「え?どこ?」
 俺は、頬を触りどこについているか確かめるが分からない。
「ちょっと待ってください。私が取ってあげます。」
 メルーナは、そう言って顔を俺に近づけた。
 そして俺の頬のところに顔を持ってきて………
「………ペロ」
 頬についていたタレをメルーナが舐めて取った。
「……こ…これで綺麗になりました……」
「………あっ!あ、ありがとう。」
 俺は、最初は何をされたのか分からなかったが時間が経つにつれ何をされたのか自覚した。
 そして、次に聞いた音はテーブルが勢いよく叩かれた音だった。
 みんな、その音がした方を向くとシェレールが俯いたまま両手をテーブルへと叩きつけていた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • スタレン

    次回竜斗死す

    0
  • シオン♪

    さようなら竜斗…

    0
  • 白髪

    味ではなくて?

    0
  • ノベルバユーザー156040

    だしがたじになってますよ

    0
  • ノベルバユーザー264858

    主人公それはやっちゃ駄目よ笑早くイチャイチャみてえ

    1
コメントを書く