クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

131話 大好き

「シェレール……きょ、今日…お、俺……と……その……」
 クソっ!覚悟を決めたのに声が出ない。
 しっかりと決めろ!
「シェレー……っ!」
 俺が今度こそ言おうとした瞬間、シェレールがキスで俺の口を塞いだ。
「……シェレール…」
「……そ、その……りゅ、竜斗の気持ちは嬉しいです……けど…やっぱりまだ……」
「っ!そ、そうか……ご、ごめん。」
 まさか断られるとは思ってなかった。
 だが、何故か分からないがホッとしてる。
「ま、まぁ、そうだよな!焦ることないしな。まだまだ付き合いたてだもんな。」
「は、はい……すいません。竜斗がせっかく勇気を出してくれたのに……」
「いや、いいんだよ。ほら、いつまでもここにいたら冷えるから中に入ろうぜ。明日からは旅だし早く寝ないと。」
 俺たちは、この話はここで一区切りして家の中に入っていった。


 シェレールside
 私は、パーティの片付けが終わった後、お風呂に入り明日の身支度をしてからベットでうつ伏せになり枕で顔を埋めていた。
 そして、思い出すのは竜斗がその……セックス……に誘おうとしてきた時のこと……
「竜斗、すごい必死になってくれました。」
 竜斗の恥ずかしそうに誘おうとした時顔、頑張って覚悟を決めて誘おうとしてきた時の顔……すっごく可愛かったしカッコよかった。
 あの人、私の彼氏なんですよ!
 ふふっ、私は幸せものです。世界で一番の幸せものです。
 でも……
「竜斗の誘い、断ってしまったんですよね……」
 竜斗のあの必死な顔を見るとすごく嬉しくなりました。だけど、それ以上にすごく恥ずかしくもなりました。
「………〜っ!はうぅ〜」
 私は、あの時の竜斗の顔を思い出すと体全体が熱くなってくるのがわかります。
「うぅ〜、竜斗〜、好きです…大好きです〜」
 私は、枕に向かってそんな独り言を言ってしまいました。
 でも、あのお誘い、断るのは悪かったですよね。前までは私が誘っていたのに……
「うぅ〜、だって竜斗、すっごいカッコイイんですから!カッコイイし、優しいしカッコイイし、強いし、カッコイイのでそんな人とえ、エッチなことするって考えただけで………はぅ!はぅぅ〜。」
 なんで、私、あの夜、竜斗を誘えたんでしょう?あの時の私を尊敬しますよ。
 竜斗と付き合えてキスもできているのに、それ以上のことを望むなんて……私、欲張りですぅ〜。
 で、でも、いつかは竜斗とエッチなことしてみたいです。
 こ、こんど、竜斗からお誘いが来たら次はちゃんと了承しましょう!そ、その時のために私も心の準備、しておかないといけませんね。
 で、でも、心の準備ってどうすればいいんでしょう?男の人の裸を想像すればいいんでしょうか?
 ………全く想像つきません!私、まだ男の人の裸なんて見たことないんですから想像出来るはずがないんですよね。
 なら、せめて竜斗のことを想像してあまり恥ずかしくならないように………はうぅ〜む、無理です〜。
 ………竜斗に会いたいです。
 でも、今は目を見るだけでこんなに恥ずかしくなるのに竜斗の声を聞くと………
 うぅ〜、明日、どんな顔をして会えばいいんでしょうか?

 竜斗side
「おはよう、シェレール。」
「お、お、おは、おはようございますっ!竜斗!」
「お、おう。」
 朝起きてシェレールに挨拶するとシェレールは、耳を真っ赤にさせ、噛みながら挨拶を返した。
 もしかして、昨日のこと、なにか思ってることがあるんだろうか?
 これは謝っておいた方がいいな。
「シェレール、もしかして昨日のことでなにか思ってるのか?もしそうならごめん!」
「い、いえいえ違いますよ!」
「そうなのか?なら、なんでそんなに顔が赤いんだ?もしかしてまた熱か!?」
「いえ!それも違いますよ!風邪なんか引いてませんよ。」
「本当か?きつい時はちゃんと言えよ。今日はこの街を出るんだからな。」
「は、はい。大丈夫です。………ふふっ、やっぱり竜斗は優しいです。」
「そうか?う〜ん、あまり自覚ないけど。」
「絶対そうですよ!例えば……その……いつも私のことを考えてくれるところとか……です……」
「彼女のことを考えるのは当然だ。それにシェレールだって俺の事いっぱい気遣ってくれるじゃないか。」
「い、いえいえ、竜斗の方がいっぱい気遣ってくれますよ。」
「いやいや、シェレールの方が……」
「いえいえ、竜斗の方が……」
「………」
「………」
「………ははっ、お互い様だな。」
「ふふっ、そうですね。」
「もういいかしら?」
「うわっ!」
「ひゃっ!」
 俺たちが笑い合っているとユイが間に割って入り怪訝そうな顔つきで睨んできた。
「あんたたちは、こんな廊下で何してるのよ!?もっと人のことを考えて!」
「「ご、ごめんなさ〜い!!」」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー243598

    世界最強のやつも書いてください。
    お願いします。

    1
  • ドラゴン2

    力を持つと暴力を振るうようになるのにしなくてすごいですって言われてたのに、貴族が金で買ったものをただの暴力で解決ってどうなの?

    2
コメントを書く