クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

95話 色欲

「くっ!」
 レグーナの指示で動いた魔物?は動きがすごい早く、力もすごい強い。
「ははっ、どうですか?私の下僕は?強いでしょう?」
「ああ、そうだな。だが、これくらいじゃ俺には勝てねぇぞ!!」
 俺は、その魔物よりも早く動き、さらに強い力で攻撃した。
「ほぅ、さすが大罪スキル持ち。ある程度の力は所持しているということですか。では、こちらも力をさらに上げましょう。」
 レグーナは、指をパチンと鳴らした。その音と同時に魔物の体が少し光だした。
「ぐ、グォォォォォォ!!!」
 その魔物は、光出したのと同時に叫びだした。
 何が起こってるんだ?だが、攻撃するなら今がチャンスだ。
 俺は、魔物に向けて刀を振り上げ思いっきり振り下ろした。
 だが、その振り下ろした刀は、魔物に片手で止められていた。
「う、うわぁっ!」
 そして刀ごと俺を飛ばした。
「今さっきよりも強くなってる?」
「ええ、先程の10倍は強くなっていますよ。」
「10倍って、イカれてるだろ。」
 スキル 身体強化Lv5
 俺は、身体強化のスキルを使い魔物に向き合う。
 そして一瞬で俺は、魔物との間合いを詰め攻撃を仕掛ける。
 魔物もそれに応じ防御したり反撃したりする。
 交差する俺の刀と魔物の拳。
 武器を使ってる俺の方が有利のはずなのに全然有効打が入らない。
「リュウさん、なかなかやりますねぇ。それではさらに力を上げましょう。」
 レグーナは、そう言うとまたパチンと指を鳴らした。
 そしてまた魔物が光りだした。
「グォォォォォォ!!!」
 力が今さっきよりもさらに上がったか。
 なら、俺も上げるしかないな。
 スキル 身体強化Lv8
 よし、やる……か……?
 俺の目の前にいたはずの魔物がいない?
 ど、どこだ。
「リュウさん、後ろですよ。」
「っ!」
 俺が後ろを振り向こうとした瞬間、魔物は思いっきり拳を振り下ろしていた。
 そしてその攻撃を避けることが出来ず俺の背中には激痛が走る。
「ってぇ!」
 俺は、背中をさすりながら痛みを耐える。
 そしてその痛みは、自動回復のスキルの効果で引いていく。
「ったく、今度は何倍上がったんだよ?」
「ははっ、驚かないでよ?今度は100倍上げたんだ。」
「ひゃ、100倍って……上げすぎだろ。」
「さぁ、どんどん行こうか。」
「くっ!かはっ!ごはっ!」
 はぁはぁ、めちゃくちゃじゃねぇか。
 スキル 身体強化Lv10
 俺は、最大限まで身体強化のスキルを上げる。
「っ!くっ!はぁ!うりゃあ!!」
 有効打とはいかなかったが掠りはした。
 でもやっぱり相手の方がまだ上だな。
 こうなったらあれを使うか。
 今までは格下ばっかりに使ってきて自分より強いやつなんかに使ったことなんてないけどやるしかないか。
「はー、ふぅ〜、来い!」
 俺は、深呼吸をして気持ちを落ち着かせ構える。
 それと同時に魔物も突進してくる。
 まだだ、もっと引きつけろ。
 もっと、もっと………っ!
 ここだ!
 時間魔法、発動!
「おらっ!!」
 時間魔法が上手く発動し、魔物の動きを止めることに成功し確実に攻撃を当てることが出来た。
「ど、どうしたのですか!?な、何をやったのですか、リュウさん!?」
「ちょっとした手品だ。さぁ、反撃開始だ!」
 俺は、向かってくる魔物に何度も時間魔法をかけ攻撃する。
「これで終わりだぁぁぁぁ!!」
「がはっ!!」
 俺は、全力の力で魔物の腹に刀を突き刺した。
 そして魔物は、倒れた。俺は、倒れた魔物の喉に刀を突き刺し息の根を止める。
「さぁ、これでお前の下僕とやらもいなくなったぞ?次はお前がやるか?」
「………」
 レグーナは、俯いたまま黙っている。
「………まだです。」
「あ?」
「まだ負けてませんよ!ほら、立ちなさい、私の下僕よ!」
「は?見てなかったのか?あの魔物は、完全に息の根を止めたぞ?」
「そうですか?ほら、見てみなさい。」
「あ?……っ!な、なんで、なんであいつがまだ立ってるんだ!?」
「私の大罪スキルは、色欲。私の下僕の生は、私が左右するのです。さぁ、次は確実にリュウさんを殺しなさい。」
 レグーナは、そう言って3度目のパチンと指を鳴らした。
「おいおい、今度は何倍上げたんだよ。さすがにもうあいつもキツイだろ?」
「下僕がいくら死のうと私の能力で生き返ります。ご安心を。そして今度は先ほどより格段に上げましたよ。」
「格段って何倍な……ん…だ……かはっ!」
 な、何が起こった?魔物は、全く動いてないのに俺の体に激痛が走る。
「今度は、1万倍まで引き上げました。」
 レグーナは、ニヤリと笑いそう言った。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • リラ

    100話目おめでとうございます
    次からも頑張ってください

    1
  • 豆腐

    あのスキル使えば勝てるんじゃないか……?(ステータス覚えてない)

    0
  • ハ√

    色欲ぶっ飛びw(´^ω^`)
    主人公ついにあれ使うか?いや、条件が…でも確かあのスキルが……(;-ω-)ウーン

    0
  • 九夜空猫

    いや、色欲さん、ずるすぎ笑
    主人公、勝てるだろうけど笑

    0
  • ノベルバユーザー264858

    色欲強すぎ笑まぁ主人公が勝つんだろうけど

    2
コメントをもっと見る / 書く