クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

93話 親

「お父さん、お母さん………」
 俺たちの目の前に現れたのはリルの両親のロイドさんとリカルさんだった。
 そういえばこのごろ見てなかったな。
「リル、そろそろ帰ってきなさい。」
「そうよ。一緒に帰って前のような生活を送りましょ、ね?」
「……っ!嫌です!」
 リルは、二人の申し出をきっぱりと断った。
「ど、どうして!?」
 リカルさんは、自分の娘に断られたことに驚いていた。
「リル、そっちに居すぎると周りの人たちに迷惑がかかる。」
「め、迷惑なんてかけてないです!」
「いつまでもわがままを言ってるんじゃない!さぁ、帰るぞ。」
「嫌です!」
 リルは、帰るのを断固拒否している。
「前の私たちは、あなたを可愛がりすぎたわ。でも、もう大丈夫!次からはちゃんと抑えるから。」
 リカルさんは、前のことを反省したのか、次は抑えると言った。
 でも、俺にはわかる。
 その言葉はこの場しのぎの感情がこもってない言葉だ。俺は、その感情のこもってない言葉を何度聞いたか。
「だから、ね?帰ろ?」
「………」
 リルは、さっきの言葉を聞いてすごい考え込んでしまった。
 ここで帰ってしまったらまたリルが辛い思いをしてしまうんじゃないか?
 だけど、俺はこのやり取りに関係はない。リルが帰りたいと言えば俺はそれを否定も肯定も出来ない。
 だから、俺に何も言う資格がない。
「ほら、行くぞ、リル。」
「………は……」
「待ってください。」
 と思ったが、俺は決めたんだ。
 リルが幸せになれるように俺が導いてやるって!
「どうしたんだい、リュウ君?」
「俺が家族の話に口を割ってしまったのは悪いと思ってます。すいませんでした。ですが、俺は今の会話を聞いて思いました。あなた方ではリルを幸せにすることなんて出来ない。」
「なっ!」
「柊お兄ちゃん、ど、どうしたです?」
「リル、俺がお前に会って間もない時に約束した事覚えているか?俺がリルを幸せにしてやるって。」
「覚えてるです!」
「俺は、お前が家族の元で幸せになれるんなら俺は、リルを家に帰す。だけど、この二人を見ているとそんなことは叶いそうにない。俺は約束を守る男だ。お前が幸せにしてあげらるのは俺たちの場所だけだ。」
「っ!リュウ君、それは、僕たちに対する侮辱と疑っていいのかい?」
 ロイドさんの声がだいぶ低くなって俺にそう言ってきた。
 だが、ここで今の言葉を取り消してはいけない。
「ええ、別に構いませんよ。だって俺は、事実を述べたのですから。」
「なっ!」
「もう一度言いましょう。あなた方よりも俺たちと一緒にいた方がリルは、幸せになれる!」
 俺とロイドさんは、睨み合ったままそれ以上喋らなかった。
 そして次に口を開いたのはリルだった。
「お父さん、お母さん、私、柊お兄ちゃんの言ってることの方が正しいと思ってるです。だって、だって……」
 リルは、そこから1拍置いてこう言った。
「私、柊お兄ちゃんのことが大好きだから!」
「「っ!」」
 ロイドさんとリカルさんは、リルのその言葉に一瞬驚いた表情を見せた。
「柊お兄ちゃんやみんなと一緒にいた時はすごい楽しかったです!こんなに楽しかったことなんて1度もなかったです!だからお父さん、お母さん、もう少しだけ柊お兄ちゃんたちのところにいさせて欲しいです!」
「「…………」」
 ロイドさんとリカルさんは、リルのその言葉に顔を俯かせ黙っていた。
「………リュウ君、悪かったね。さっき少し君の言葉を聞いて大人なのにムカついてしまってああ、言ってしまった。許して欲しい。」
 ロイドさんは、そう言って俺に頭を下げてきた。
 リルの言葉が効いたかな?
「いいですよ。ロイドさんもリルのことを思ってのことなんですから。頭上げてくださいって。」
「ありがとう、リュウ君。それよりもロイドさんじゃなくてもいいよ。」
「え?」
 どいうこと?俺に名前を言うなってこと?
 和解できたと思ったんだけど違ったの?
「ロイドさんじゃなくてお義父さん・・・・・って呼んでくれたまえ。」
「………はい?」
 オトウサン……おとうさん……お父さん……お義父さん!?
「ど、どういう……」
「なら、私はお義母さん・・・・・かしらね?」
「え?ちょっ!えっ!?」
 今さっきからなんなのこの二人?
「君にならリルを任せられるよ!リュウ君、いや、息子・・よ!」
「ふ、二人とも何を勘違いしてるんですか!?」
「だって、リルが君のこと、大好きだった言っただろ?」
「そ、それって、意味がちが……」
「まさか、あのリルちゃんが誰かのことを大好きなんて言う日が来るなんてね。」
「いや、だから……」
「式はいつあげようかしら?」
「だ、だから人の話聞けってぇぇぇぇぇ!!!」
 その話は俺が何度誤解を解こうとしてもロイドさんもリカルさんも聞こうとしなかった。なぜかリルもずっと黙ったまま成り行きを見ていた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ラノベ好きの中学生

    いきなりルートが
    開拓された

    0
  • ノベルバユーザー284939

    色欲

    0
  • ユーノ

    ノベルバユーザー27545さん
    恐らく「侮辱と疑う」ではなく、「侮辱と受け取る」が正しい文かと・・・

    0
  • ノベルバユーザー27545

    「侮辱と疑っていいのかい?」って最近の日本語?

    14
  • ペンギン

    リルちゃんなんか言ってあげて...w竜斗が困ってるから...w

    0
コメントをもっと見る / 書く