クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

91話 シェレールの教え

 俺たちは今、シェレールとルビーの練習姿を見学している。
 今は、地面に座り目を閉じて精神を統一しているみたいだ。
「回復魔法とかの支援魔法はまず第一に自分を落ち着かせる必要があります。心が乱れている状態で誰かの治療などできる訳ありませんからね。」
「はい。」
「どんな時でも落ち着いて対処する。それが一番大切なことです。」
「はい。」
 シェレールは、今の練習の意義を説明しながら精神統一している。
 やっぱりシェレールには何かを教える才能があるの思う。
 それから数十分間、ずっとこの状態が続いた。
 だけど、リルは飽きることなくずっと見続けていた。
「そろそろいいでしょう。さて、次に移りましょう。」
「はい。次は何をするのですか?」
「次は早く魔法を使うために詠唱の短縮をしましょう。」
「詠唱を短縮ですか?」
「はい、私も上級以上の魔法となれば詠唱は必要としますが中級以下なら無詠唱で発動することができます。」
「無詠唱ですか!?す、すごいです!さすが師匠!」
「ふふっ、あなたも必ずできるようになりますよ。さぁ、始めましょうか。」
「はい!」
 次は詠唱を短縮するためにとにかく詠唱を短くして魔法を発動していた。
 俺の時はスキルに無詠唱があったからそんな練習もしなかったな。
「はぁはぁ、結構難しいですね。」
 ルビーは、魔力をだいぶ使い息切れしていた。
「そう簡単に成功するわけがありません。じっくりと時間をかけて確実に自分のものにしましょう。」
「はぁい。」
「いったん休憩をとりましょうか。」
 シェレールは、ルビーの様子を見て休憩をとると判断した。
「楽しめたか?リル?」
「はいです!ルビーお姉ちゃんとっても頑張ってたです!」
「そうだな。」
 シェレールは、アイテムボックスからティーセットを取り出した。
「竜斗、リルちゃん、お茶にしますけどご一緒にどうですか?」
「ああ、ありがとう。お言葉に甘えて一緒にさせてもらおうか。な、リル?」
「はいです!」
 俺たちもさっきの石の上に腰掛けてシェレールが入れてくれた紅茶を飲む。
「今日は、結構濃いめだな。」
「ルビーさんが疲れているので濃いめの方がいいかと思ったんですけど、竜斗、口に合わなかったですか?」
「いや、これも美味しいよ。」
「良かったです。」
 ルビーのために味を変えるなんてすごいな、シェレールは。俺ってそういうの出来ないんだよね、不器用だから。
「あ、あの、師匠?さっきの休憩の時にしていた話のことなんですが……あれは、本当なんですよ?」
「ぶっ!ゴホッゴホッ」
「だ、大丈夫か?シェレール?」
「は、はぃ。」
 ルビーがさっき休憩の時していた話のことを持ち出すとシェレールは、紅茶を吹き出し咳き込んでしまった。
「……ルビーさん、その話は今してはいいことです。」
「で、ですが……」
「いいですから。」
「は、はい!すいませんでした!」
 シェレール、その口は笑ってるけど目が笑ってない状態、本当に怖いです。
「シェレールお姉ちゃん、怖いです〜。」
 ほら、リルも怖がっちゃったよ。
「あら、ごめんなさい。」
 あ、戻った。
「それよりも本当に休憩の時に何話してたんだ?」
「そ、それは……ど、どうでもいいことですよ。」
「そうなのか?」
 さっきの様子からしたら絶対にどうでもいいことではないと思うが。
 まぁ、人には秘密があって当然。ちょっと寂しいが仕方ない。
 俺にだってまだみんなに話せてない秘密くらいあるからな。
「それよりもまだ練習するのか?」
「いいえ、今日はもう終了です。」
「そ、そんな!?まだ私、やれます!魔力もだいぶ戻りました!」
「明日も練習はするのでしょう?それなら、1日目から練習をハードにしても意味が無いですからね。」
「は、はい。分かりました。」
「ですが、これからは少しづつ練習内容が濃くなってきます。もちろん、今日以上に疲れますからね。」
「は、はい!分かりました!」
「じゃ、これからみんなで食事にでも行くか。今日は他のみんなもお手伝い先で食べてくるって言ってたからな。」
「そうですね!それじゃ、早速行きましょうか。」
「ご飯ですー!!」
 俺たちは、森を抜けエルフの街にある飲食店でご飯を食べた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • なはと

    みんなに言ってないことが主人公にも、、、ホモなのか!?

    それとも誰かで抜いたとか…

    0
  • カツ丼

    ここでまさかのルビーヒロインランキング序列2位

    1
  • Qual

    今してはいけないこと、では?
    毎日楽しく読ませて頂いてます!これからも頑張って下さい(*^^*)

    7
コメントを書く