クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

88話 洞窟

「ねぇ、竜斗!一緒にこの近くにある洞窟に行かない?」
「洞窟?」
 俺は、みんなで朝食を食べている最中にユイからそう提案された。
「どうしたんですか、急に?」
 シェレールは、不思議そうにそう尋ねる。
 まぁ俺も急に言われて不思議に思っているが。
「エミーゼさんから聞いたんだけどこの近くにある洞窟って魔物が大勢いるらしいの。」
 ユイがそう言うとエミーゼさんは、コクコクと頭を縦に振る。
「それで久しぶりに魔物と戦うのもいいんじゃないかって思ってね!この頃ずっと街に出て遊んでいたわけだし!」
「そういうことか。まぁ俺も毎朝体を動かしているけど実践は出来てないしな。訛るといけないから俺も行くよ。」
「本当!?」
「すいません、私たちは、今日用事があるので行けません。」
 他のみんなは、それぞれになにか用事があるらしい。
 この頃みんな、エルフの人たちと結構交流して色々とお手伝いとかしてるらしいしな。
 まぁ俺も一応してるけど今日は、何も用事がないからな。
「ってことは、俺のユイの二人だけか。まぁ大丈夫だろ。」
「そ、そうね!………ふふっ」
 ユイは、嬉しそうな表情をしていた。
 そんなに魔物と戦うのが嬉しいんだろうか?
 2時間後。
 俺たちは、みんなと別れユイと二人でその洞窟に向かっていた。
 洞窟の中は、とても暗く先が見えないほどだった。
 俺は、光魔法で洞窟の中を照らした。
「それじゃ、行こっか。」
「うん!」
 俺とユイは、横に並んで進む。
 敵感知スキルにはまだ魔物の気配は感じられない。もう少し奥か?
 俺たちは、話しながらもちゃんと警戒しつつ奥へと進んでいく。
「あ、そうだ。ユイ、聞いておきたかったけどもし、俺たちの国、あ〜、召喚される前の国な。そこに行けるとしたら行ってみたい?」
「そりゃもちろん行ってみたいわよ!」
「そうか。」
 やっぱりあの2つの魔法を完璧に扱えるようにならないとな。
 いつになるかは分からないけど必ずみんなと一緒に日本に行ってみせる!
「っ!」
「っ!竜斗!」
「ああ、分かってる!」
 少し先に多数の魔物がいる。
 10?20?いや、50程度か。
「数はたぶん50程度だ。いけるか?」
「もちろん!そっちこそ油断しないようにね!」
「ははっ、分かってる。」
 そこまで言うとちょっと先に魔物の影が見えた。
 俺は、刀をアイテムボックスから取り構える。
「準備はいいか?」
「ええ、大丈夫!」
「よし、行くぞ!」
 俺は、魔物に突っ込んだ。
 ユイは、俺の後ろから魔法で支援する。
 久しぶりにユイと組んで魔物と戦うけど全然余裕だな。
 ユイの魔法を放つタイミングがバッチリだ。
「これでラストっと。」
 俺は、最後の1匹の魔物の首を切り落とした。
「ふぅ、終わったわね竜斗!」
「ああ、結構楽勝だったな。」
「そうね。竜斗が私の魔法を放ちやすいように動いてくれたからね。」
「いや、そっちもすごいいいタイミングで魔法を放つからすごいやりやすかったよ。」
「ふふっ、そう?」
「ああ!」
 俺たちは、それからまだ奥へと進んだ。
 その際、最初よりは少なかったが魔物に遭遇した。
 遭遇した際は、二人でしっかりと倒していた。
「結構奥に来たな。」
「そうだね。」
「そろそろ帰るか。」
「ちょ、ちょっと待って!もうちょっと奥まで行こ。」
「ま、まぁ別にいいけどどうかしたのか?」
「い、いや別に。」
 俺たちは、またさらに奥へと進んだ。
 もう洞窟に入ったから、何時間くらい経っただろうか。
「なぁ、そろそろ戻った方がいいと思うけど。」
「ま、まだ、あともう少しだけ。」
「この奥に何かあるのか?」
「………」
 な、何なんだ?さっきから?
 俺は、不思議に思いながらまたさらに奥へと進んだ。
 そして俺は、一つ気になったことがあった。
「なぁ、なんであそこ、光魔法の範囲外なのに光ってるんだ?」
「さ、さぁ?で、でも、行ってみようよ!」
「あ、ああ。」
 俺たちは、その光へと進んだ。
 そしてその光の所まで来た瞬間に………

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 珠NN夜

    からだや技術に使われるのは訛るではなく、鈍るです。
    訛る、の方は言葉や方言などに使われます。

    0
  • ノベルバユーザー317246

    白井さんが最近影薄くて寂しい(涙)

    1
  • ペンギン

    さすがの竜斗...w
    安定の鈍感っぷり...w

    1
  • ノベルバユーザー141869

    白井さん頑張って

    2
  • 豆腐

    みんな白井不足笑笑

    2
コメントをもっと見る / 書く