クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

81話 イチャイチャ

「ふぁ〜、おはよう、みんな。」
 俺は、あの後もエミーゼさんと話していて寝るのが少し遅くなり起きる時間もいつもより遅くなってしまった。
「あ、おはようございます、竜斗。」
「あれ?シェレール、一人?」
「いえ、エミーゼさんが今、お風呂に入っています。他のみんなは、もう出かけました。」
 シェレールは、1人だけでリビングのソファで紅茶を飲んでいた。
「悪いな、みんな出かけたのに俺が起きるの遅くなったせいでシェレールを残らせてしまって。」
「いえ、大丈夫ですよ。私も、その、一緒にいたいというか、なんというか………」
 シェレールは、途中から小さい声で何か言っているが何を言っているかは聞き取れなかった。
「お二人さん、悪いね、邪魔しちゃって。」
 と、そこに現れたのはエミーゼさんだった。
「邪魔ってなんのことですか?」
「………君、もしかして気づいてない?」
「気づいてないってどういうことですか?」
「………はぁ、シェレールさんも大変だね。」
「は、はい。」
 ん?なんなんだ?
「あ、竜斗、今から朝食作りますね。待っていてください。」
 シェレールは、そう言うとキッチンへ向かった。
「二人とも、新婚さんみたいだね。」
 エミーゼさんがそんなことを言った直後キッチンの方からガシャン、というお皿が割れた音がした。
「だ、大丈夫か!?シェレール!?」
 俺は、すぐにキッチンに向かいシェレールが怪我をしてないか確認する。
「は、はい、大丈夫です。ごめんなさい、お皿落としてしまって。」
「いや、別に気にしなくてもいいよ。私が変なことを言ったせいだよね。」
「はうぅ〜」
 シェレールは、真っ赤になった顔を手で覆って悶えていた。
「ここは、私が片付けるからリュウ君は、シェレールさんをあっちへ連れて行って。」
「は、はぁ、分かりました。」
 俺は、シェレールさんに手を差し伸べて移動させようとする。
「シェレール、いったんあっちへ行くよ。」
「あ、い、いえ、私が割ったんですから私が片付けます。」
「いいから、いいから。………あなたは、あっちで二人っきりの状況を楽しんできなさい((ボソッ」
「はぅ!」
 エミーゼさんが小さな声で何か言うとシェレールがまた顔を真っ赤にさせた。
「ほら、行くぞ。」
「は、はひ。」
 シェレールは、そう言って俺の手に自分の手を置いた。
 俺たちは、一旦リビングへ行き、もう一度シェレールが怪我をしてないか確認する。
「本当に怪我はしてないのか?もし、ここで言わずに後々怪我が見つかったら俺、怒るからな。」
「………少し左手の指を切っちゃいました。」
 シェレールは、そう言って左手の人差し指を見せる。
「それだけ?」
「あと、右足のところも切っちゃいました。」
 どちらとも大きな怪我ではなさそうだ。
「すぐに私の回復魔法で治しますので心配しなくても大丈夫ですよ。」
「いや、ちょっと待って。」
「え?」
 俺は、シェレールの怪我をしている左手の人差し指に回復魔法をかけた。
 その後、右足の怪我をしているところにも回復魔法をかけた。
「回復魔法ってのは、自分にかけると効果が薄れちゃうんだよ。だから、もし、お前が怪我をしたら俺に言ってくれ。俺が治してやる。」
 ん?待てよ。
「なぁ、シェレール、俺があげた髪飾りは、どうしたんだ?」
「あ、あの髪飾りですか。あれは、あまり汚したくないのでアイテムボックスで保管してるんです。」
「そ、そうなのか。」
 あれを付けてればどんな怪我だって治せるのにな。まぁ、いいか。
「二人とも、イチャイチャはそこまででいいかな?」
「い、イチャイチャなんてしてませんよ!なぁ、シェレール?」
「………」
「ん?シェレール?」
「は、はひぃ!ど、どうかしました?」
「え?あ、いや、イチャイチャなんかしてないよな?って聞いたんだけど。」
「そ、そうですね。」
「ふぅ〜ん、そうかい。あ、リュウ君、朝食作っおいたよ。」
「あ、ありがとうございます。」
「すいません。私が作る予定だったのに。」
「いや、謝らないのはこちらかな?せっかくの手料理を出す場面だったのにね。」
「も、もう!あまりからかわないでください!」
「ふふっ、君たちが初々しいものだから。ところでリュウ君、昨日のこと、覚えてる?」
「あ、はい。覚えてますよ。」
「それじゃ、朝食をとったら出発ってことでいいかな?」
「はい、大丈夫ですよ。」
「どこか、二人で行かれるのですか?」
「ああ、ちょっと気になってることがあってね。シェレールさんも来るかい?」
「は、はい!行きたいです!」
「分かった。それじゃ三人で行こうか。」
 そう決まり、俺は、急いで朝食をとり、出発の準備をした。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カツ丼

    シェレールぅ!このまま押しきってくれぇ!推しなんだぁ!

    1
  • ノベルバユーザー274561

    絵師はよ

    1
  • ノベルバユーザー264858

    今日も投稿してくれ本当にありがとうございますそしてお疲れ様です

    1
コメントを書く