クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

69話 傲慢VS憤怒

「こっから反撃開始だ!」
「調子に乗るな、クソガキがぁっ!」
 俺の数発の攻撃は、斉藤の結界によって止められるが今さっきと同じように一瞬の隙をついて攻撃する。
 その動作が何度か続くがどちらとも疲弊して今は、一旦距離を置き休みをはさんでいる。
「はぁはぁ、このクソガキィィィィ!!」
 斉藤は、手のひらをこちらに向け俺に黒いイナズマを放ってきた。
「3度も同じ技が効くと思ってんのかよ!」
 憤怒の本来の力は、斉藤が放つ黒いイナズマさえも見切ることが出来た。
「なっ!?ふ、ふざけるなぁぁぁぁぁぁ!!」
 斉藤は、怒りに身を任せあらゆる方向からあの黒いイナズマが放たれる。
「みんな、伏せろ!」
 あの野郎、あたり構わず攻撃をしてきた。
 俺たちとは、違う場所で大群の魔物と戦っていた冒険者たちと勇者もこの騒動に驚き、一旦避難している。
 魔物たちは、あの黒いイナズマに当たり塵となって消えていく。
 俺は、みんなを守れるくらいの大きさの結界を張るがいつ壊れてもおかしくないという状況だ。
「みんな、今は下がるぞ。」
「そうね。あれは、完全に暴走しているものね。」
 俺たちは、結界が壊されないうちに安全なところへと避難した。
「ここまで来れば安心だな。」
 俺たちは、何とか安全地帯まで来れることが出来た。
 だが、斉藤はまだ暴走している状態だ。
「ギル、もし、ここも危険になったらみんなを門の中まで避難させてくれ。」
「え?今、何を言ったんだ?まさかとは思うが、あそこに1人で行く気か!?」
「柊さん、ダメです!1人であんな所へ行くなんて危険すぎます!」
「シェレールさん、大丈夫だよ。俺は、死なない。絶対に戻ってくる。だから安心して。」
「で、ですが……」
「いっつも心配かけて悪いと思ってる。本当に。だけど、俺はみんなを守りたいんだ。」
「柊さん………」
 俺は、シェレールさんを優しく抱きしめるようにして頭を撫でる。
「シェレールさん、俺を信じてくれ。」
「………はい………」
 シェレールさんは、小さい声でそう言った。
「じゃ、行ってくる!」
 俺は、そう言ってみんなの所から離れ、斉藤の元へ向かった。
 その際、幾度も来るイナズマを憤怒の力で見切り、躱してきた。
 そしてとうとう斉藤の間合いに入った。
「オラッ!」
 俺は、斉藤の腹に思いっきり蹴りを入れイナズマを止めた。
「はぁはぁ、また、また、貴様かぁぁぁぁぁぁ!!!」
 斉藤は、完全に壊れてしまって身体中から血が吹き出している。
「もうやめろ!どうせ戦ったところでお前の負けは、決まってる。」
「うるさい!憤怒の罪の所持者!こうなったら貴様も道連れにしてやるわ!」
「残念だが、もうタイムリミットみたいだな。」
「がはっ!?」
 斉藤は、膝を地面につき口から血を吐き出した。
「じゃあな。」
「や、やめ、がはっ!や、やめて、やめてくれぇ〜。」
 傲慢の野郎、あいつ斉藤の中に引っ込みやがったな。
「ぼ、僕たち、と、友達、だろ?」
「悪いな、お前を友達なんて思ったこと1度だってありはしない。」
「そ、そんな」
「でも、俺は、優しいからな。」
「た、助けてくれるのか!?」
「いいや、一瞬で殺してやるよ。」
「そ、そんな……」
「じゃあな。」
 俺は、斉藤の首を切断した。
「最後は結構呆気ないものだったな。」
 俺は、みんなの元へ戻ろうとした瞬間。
 斉藤の体から黒い勾玉みたいなものが出てきた。
「まさか!?お前は!?」
「貴様の思ってる通り、傲慢だ。」
「おいおい、大罪スキルって保持者が死んでもお前たちは、生き残るんだな。」
「ふっ、それが我らなのだからな。」
「それで、わざわざ俺の前に現れたってことはなにか俺に用があるのか?」
「まぁな。貴様、我を取り込まぬか?」
「は?何言ってんの?お前なんか取り込みたくないし、俺には憤怒の大罪スキルがあるんだよ。憤怒を取り除いてお前を取り込むなんて俺は嫌だぞ。」
「まぁそう言うな。我は、保持者の心によって我自体も変わる。先程のやつは、心が醜かったからの。我もああなってしまったわけだ。それに別に大罪スキルを二つ所持したところでどうともならぬわ。」
「でも、そう簡単に大罪スキルって手に入れられるのか?俺、余り傲慢とは思ってないんだけど。」
「そうか?我には戦うときの貴様の姿は、まさに傲慢の塊みたいに見えたのだがな。」
「なっ!?失敬な!」
「貴様、自分は誰よりも強いと思ってるのではないか?」
「うっ!」
 確かに正直、今の俺は、誰にも負ける気がしないからな。
 だって、仕方ないじゃん!あんなイカれたステータス見せられたら。
「それを傲慢と言わずになんと言う?」
「そ、それは……」
「ほれ!なかろう?だから貴様は、我を、傲慢の大罪スキルを保持する資格があるのだよ。」
「分かったよ!お前を取り込めばいいんだろ?」
「その通りだ。さぁ!我に触れ!」
 俺は、言われた通り勾玉に触った。
 その瞬間、その勾玉から黒いものが出てきて俺の体の中に入ってきた。
「無事、取り込めたようだな。」
 はぁ、面倒事にならなきゃいいけど。
「さて、みんなのところへ戻りますか。」

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー284939

    今んとこ色欲は絶対取れないと思う

    0
  • ペンギン

    傲慢のやつ大丈夫かなぁ〜?
    ちょっと不安...暴れなきゃいいけど...

    0
  • ノベルバユーザー248828

    目指せコンプリ

    2
  • Chronus

    いいねー。これからあれかな?七大罪スキル回収の旅的な?楽しみだー。

    0
  • ノベルバユーザー141869

    続きお願いします

    0
コメントをもっと見る / 書く