クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

67話 再危機

(それは、傲慢の大罪スキルです。)
 傲慢か。
 そのスキルの効果とか分かるか?
(すいません、大罪スキルとは持ち主の人格や強さによって色々と変わるので知ることができません。)
 そうなのか、分かった。
 まだよく分からないスキルだけど戦ってみなくちゃ始まらないよな!
 俺は、警戒しながら斉藤に近づく。
 っ!
 俺は、斉藤から出される殺気を感じて一旦近づくのをやめる。
 恐怖心耐性スキルがあるのにそれでも少しびびってしまった。
 ははっ、久しぶりだな、この感じ。
 だけど、今の俺は前とは違う!
 怖くて足が震えても今の俺は前に進めるんだよ!
 俺は、恐怖心を取り除くために自分の頬を思いっきり叩いた。
「行くぞ!」
 俺は、覚悟を決めて斉藤に突進して行った。
「オラァァァァァァ!!」
 俺は、刀を思いっきり振り下ろした。
 普通は、ここで終わるはずなのだが。
「なっ!」
 斉藤は、右手を前に出して結界らしいもので俺の攻撃を止めた。
「我に攻撃など出来るはずがなかろう。」
 っ!
 斉藤、いや、もうこいつは、斉藤ではないな。
 こいつはもう大罪スキルに呑まれたんだろう。
 俺は、一旦下がり距離をとる。
(マスター、あの人の、傲慢のスキルの効果がひとつ分かりました。)
 マジか。なんなんだ?
(それは、あらゆる攻撃を止めることが出来る超絶結界と言うものです。)
 あらゆる攻撃を止める……か。
 なら、どうやって攻撃すればいいんだよ!?
(頑張ってください。)
 いきなり適当になったな。
 ナビ〜、対策くらい知ってるだろ〜。
(私ばかりに頼っても仕方ありませんよ、マスター。)
 うっ!ごもっともです。すいませんでした。
 さて、どうやって倒そうかな。
 とりあえず我武者羅に攻撃さてみるか。
 俺は、斉藤の方を向き魔法を放つ。
 なるべく周りに被害を出さなくて強い魔法を選んだ。
「ふっ、そんな攻撃など効かぬわ!」
 やっぱり通らなかったか。
 なら、近接戦でとにかく攻撃する!
 俺は、斉藤に突進してどんどん攻撃していく。
「うおぉぉぉぉおぉぉぉぉ!!!」
 俺は、とにかく攻撃した。
 が、その攻撃は、ひとつも斉藤に当たることはなかった。
 俺は、一旦下がり休憩を入れる。
「はぁ、はぁ、全然当たらねぇ。」
「もう終わりか?つまらないな。」
 斉藤は、本当につまらなそうな顔でため息を吐く。
「よし、休憩終わり!次行くぞ!」
「ほぉ、まだやるか。そうではなくてな!」
 俺は、ワンパターンな近接攻撃だけじゃなく、近接用の魔法も放つ。
「そんなチマチマした攻撃が効くわけが無いだろう!」
 っ!
「そこだ!」
「ぐっ!」
 俺は、何故か分からないがここなら攻撃が出来ると思って攻撃を繰り出してみると完全には当たらなかったが掠りはした。
「な、なんだ?」
 今、何かを感じたような気がした。
「ちっ!ちょっと遊びすぎたな。殺す。」
 斉藤からさっきよりも凄まじい勢いで殺気を向けてきた。
「おっと、少し傷がついたくらいでこんなに怒るなんてな。」
 俺は、ビビっていることを悟られないように強がってそう言う。
「はっ、小僧が!舐めるなよ。」
 斉藤が手のひらを俺に向けると同時に黒いイナズマが俺の頬を掠った。
 み、見えなかった。
「どうやら貴様、我の攻撃が見えなかったようだな。まぁ、それも当然よ。何せ、我より強いものなどいないのだからな。」
 なんて、傲慢発言なんだ。さすが傲慢の大罪スキル。
 って、感心してる暇はないな。
 さすがにあれを受けたらやばいだろ。
「次は、当てるぞ。」
 そう言ってまた手のひらを俺に向けた。
 俺は、避けられないよ思い、防御の体制に入る。
 その瞬間、俺の腕に激痛がはしる。
 俺は、腕を上げる力を無くし、今は腕をぶら下げている状態だ。
「くっ、うっ」
「今のを耐えるか。だが、次で終わりだな。」
 今度は防御すら出来ないぞ。
 ど、どうすればいいんだ?
「貴様との戦い、我の目覚めのいい運動になったわ。感謝として楽に殺してやろう。さらばだ。」
 そう言い終わるとまた手のひらを俺に向けた。
 そして、黒いイナズマが俺に放たれた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー306165

    くそつまらん展開

    0
  • ノベルバユーザー300868

    結界を……いや、全てを切れる刀作ればいいんじゃ?

    1
  • ペンギン

    竜斗も大罪スキル来ないかなぁ〜...

    0
  • Chronus

    いいネー傲慢かー。俺のものは俺のモノ、全世界の女の子は俺のモノ。みたいなwww

    0
  • 九夜空猫

    傲慢かぁ!!!
    すごい、戦いですね!
    齋藤?ここまでパワーアップするとは・・・・・・

    0
コメントをもっと見る / 書く