クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

65話 邪魔

 俺たちは、次々と魔物を倒していく。
「殺って、1万ってところか。」
「うん、そうだね。」
 俺は、少し休憩するために魔物から距離をとりギルと背中を合わせ話している。
 そして今倒せた数は、約1万程度ってところだ。
「僕らも少し休ませてもらうよ。」
 ジェースとルカがそう言って俺たちのところまできた。
「お前らは、何体くらい殺れた?」
「俺らは、だいたい5千程だ。」
 てことは、俺たちでだいたい1万5千程魔物を倒したのか。
「よし、それじゃ俺は、戦いに戻ってくる。」
「はっ?もうか?」
「ああ、もう大丈夫だからな。ギルは、まだ休んでいていいぞ。」
 俺は、そう言って再び魔物の群れへ飛び込んだ。
 俺が魔物を倒そうと刀を振り上げた瞬間、目の前に人影が現れた。
 俺は、咄嗟に体制を崩しそいつに刀が当たらないようにした。
 だが、そこには魔物がいて俺の肩に噛み付いてきた。
「ぐっ!」
 俺は、その攻撃を躱すことが出来ず方を負傷してしまう。
 俺は、その魔物に刀で息の根を止めて肩から魔物を外す。
「冒険者よ、もう大丈夫だ。勇者である僕が来たからなにはな!」
 そう言ったのは、俺の頭から忘れようとしても忘れることが出来なかった1人の声。そう、斉藤だ。
「ここは、僕に任せて君は、あっちで休んでいてくれ!」
 斉藤は、そう言って魔物に斬りかかった。
 俺は、呆れながらみんなの元に戻った。
「大丈夫か!?リュウ!」
「ああ、少し噛まれただけだ。」
 とその時
「柊さん!!」
 シェレールさんがすごい心配した様子でこっちまで来た。
 後ろには、他のみんなもいる。
「シェ、シェレールさん!?それにみんなも!?ここは、危険だ!早く逃げろ!」
「嫌です!柊さんが怪我をしていると分かれば治してあげる。そう約束したではありませんか!」
 シェレールさんは、随分昔にした約束を持ち出し、俺の肩に手を当てた。
「回復魔法をかけますね。」
 シェレールさんは、そう言うと手のひらから暖かい光が現れ、俺の傷を治していく。
「わ、私も手伝います!」
 そこにルビーも加わりさらに回復の速度が上がる。
「もう大丈夫だよ。ありがとう、二人とも。」
 俺は、治った肩をグルグルと回しもう大丈夫だよ、とジェスチャーもする。
「良かったです。」
「本当に良かったです。……それにしてもあの方は、確か斉藤という人でしたっけ?」
 二人ともホッとした様子で胸をなでおろした。
 そしてシェレールさんが斉藤に少し殺気のある目を向けている。
「おいおい、リュウ。あいつ、本当に頭大丈夫なのか?」
 ルカが斉藤についてそう尋ねてくる。
「さぁな。でも、あいつは、自分を優先的にするやつなんだよ。」
 俺は、そう言って何しても仕方ないと説得する。
「そんなことで許されるわけがありません!」
 そんな中、シェレールさんがそう叫んだ。
「柊さんに怪我を負わしてそれが自分のためとか…許せるわけがありません!」
 シェレールさんは、自分の怒りを顕にしている。
 こんなに怒ってるシェレールさんを見るのは初めてだな。
「シェレールさん、ありがとう。俺のためにそんなに怒ってくれて。」
「だって、だって」
 シェレールさんの瞳に少し涙が溜まる。
「だから俺が教えてやるよ。俺は、お前より強いってことを。」
 俺は、そう言ってまた魔物の群れへ、いや、斉藤のいる所へ向かった。
 斉藤が倒そうとした魔物に近づき俺がトドメをさした。
「邪魔させてもらうぜ〜。勇者様。」
 俺が笑顔でそう言うと斉藤の顔が歪んだ。
「き、貴様!?ぼ、僕の邪魔をするか!」
「先に邪魔をしたのはあんただろ。だからこれでチャラだろ?」
「ふ、ふざけるな!僕は、勇者なんだぞ!」
「だから?」
「な、なに!?」
「勇者だからなんだよって聞いてんの。」
「勇者である僕は、お前らなんかより強いんだよ!」
「だれがお前より弱いって?あんまり調子にのんなよ。」
 俺は、声を低くしてそう言う。
「俺は、自分に驕りのあるやつなんかより弱くない!俺は、お前より何倍も何十倍も何百倍も強い!」
「い、言わせておけば……調子にのんな!たかが冒険者であるお前なんかより勇者である僕の方が強いに決まってるんだよ!」
「おしゃべりは、もうここまでだ。見せてやるよ。俺がお前より強いってところをな。」
 俺は、戦闘態勢をとり、魔物の群れに突っ込んだ。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー319057

    上から19行目(肩)という漢字の一つが(方)となっていますよ‼

    0
  • ノベルバユーザー272287

    次回、齋藤死す!の巻

    1
  • 九夜空猫

    齋藤覚醒したら、どんだけ、強くなるんだか・・・・・・まあ、負けると思うが

    3
  • ハ√

    一日で「邪魔」まで読み上げてしまいました!とても面白いです!
    ただ本当に少し気になることなのですが、誤字、脱字には気を付けたみるといいと思います。書き上げて最後に一読するといいと思います!上から目線ですみませんm(_ _)m
    これからも続き楽しみにしてます!
    頑張ってください!

    5
  • ユーノ

    そのまま回避せずに切り殺しちゃえばよかったのにw

    0
コメントをもっと見る / 書く