クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

64話 ヒーロー?

 俺たちは、ほかの冒険者とともに今、ガルード王国より少し離れたところで戦いの準備をしている。
 冒険者たちの目は、鋭く顔が少しこわばっていて緊張している様子も見れた。
「魔物の大群が見えたぞーー!!!」
 1人の冒険者が大声でそう叫んだ。
「もう来てしまったのか!?勇者は、何をしてるんだ!」
 ここには、まだ斉藤たちの姿は、なかった。
 だが、魔物が斉藤たちを待つわけがなく一歩また一歩と近づいてきている。
「く、クソっ!こうなったら俺たちだけでやるしかねぇ!」
「「「おお!!!」」」
 冒険者たちは、まずは魔法使いが遠距離で攻撃を与える。
 だが、これで倒せたのは10もいないくらいだろう。
「行くぞーーーー!!!!」
 魔法があまり効かないのことが分かり近接戦闘の人たちが魔物の大群に突っ込んで行った。
「じゃあ俺たちも行ってくる。」
 俺、ギル、ジェース、ルカの4人で俺たちも魔物の大群に突っ込む。
「さすがに数が多いな。」
「そうだね。これは、骨が折れそうだなぁ。」
 魔物の数は、多い。だが、強さは、そんなに強くないので一撃の攻撃でどんどんと倒れていく。
「グアァッ!」
 冒険者の一人が魔物に殺られた。
 そして次、また次、どんどん殺られていく。
 数があまりにも違いすぎる。
 「は、早く来てくれ!勇者ーーー!!!」
 1人の冒険者がそう叫んだ。
 まぁ、あいつらが来たところで被害者を増やすだけなんだろうけどな。
「火よ、舞え!」
 その瞬間、詠唱が聞こえた。
 そして俺達が戦っているところに炎の竜巻が現れた。
「はっ!?」
 その魔法で何体かの魔物が死んだ。だが、その魔法に何人かの冒険者も巻き込まれた。
「はっはっはっ!冒険者の諸君!僕たちが来たからにはもう心配はない!さぁ!行くぞみんなー!!」
 クラスの代表的存在の斉藤が俺たちの後ろからそう言ってこちらにすごい勢いで走り出した。
 後衛陣は、俺達がまだ戦っているのにも関わらず魔法を打つ準備をしている。
「み、みんなー!!一旦離れるぞー!!」
 俺は、いまさっきみたいな被害者を出さないようにそう叫んだ。
 ったく!斉藤たち、もう少し考えて魔法打てよ!
 俺たちは、その場から一旦離れて勇者の後衛陣が魔法を打ち終わるまで待った。
「よし!今だ!突っ込むぞー!!」
 そして、斉藤の合図で勇者の前衛陣が魔物に突っ込んで行った。
「なぁ、リュウ。あいつらは、俺たちの足を引っ張りに来たのか?」
 ルカが俺にそう尋ねてきた。
「さぁ?アイツらなりに手伝いに来たんじゃないか?」
「あれが?リュウの言う通り本当にやばいんだな、勇者って。」
「まぁな。だからあまり期待せずに俺らで倒せそうぜ。」
「ああ、分かった。それじゃ戦いに戻るか!」
「おう!」
 俺たちは、再び魔物の大群に向かって走った。
 俺たちは、二人組になり互いに背中を守るようにして攻撃を始める。
 ちなみに俺のペアは、ギルだ。
「ギル、俺の背中お前に預けるからな。」
「うん、任せてくれ。その代わり僕の背中は、リュウに任せるからね。」
「おうよ!」
 ああ、こういう信頼出来る仲間っていいよな!
 俺は、後ろを何も気にすることなく近いに集中する。

 斉藤side

「おおっ!あそこの冒険者たち、凄いぞ!」
 僕たちが戦っている最中にそんな声が聞こえた。
 冒険者?勇者じゃなくて?
 僕は、チラッとその冒険者の方を見る。
 そこには、二人一組のペアが二つありそしてその周りの魔物が次々と倒されていく光景が広がっていた。
 なんだ、なんなんだあいつらは。
 勇者である僕より目立ってるじゃないか!
 せっかく、わざわざ遅れて来てピンチの時に現れるヒーローを演出したのに!
 クソっ!全てアイツらのせいで僕の計画がおじゃんじゃないか!
 仕方ない。こうなったら僕があの場所へ行き目立ってやる!
 僕は、あの冒険者のいる所へ走って向かった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    なんもかわってないねぇ〜...w
    殺られるまではいかなくても、なんか重症くらいまでいって欲しい...

    1
  • ノベルバユーザー272287

    魔物と間違えられて殺されちまえw

    1
  • ノベルバユーザー267627

    斎藤もついでに倒しちゃう?

    2
  • ノベルバユーザー248828

    相変わらずの下衆っぷり☠️

    1
  • いとーた

    斎藤の新たなスキルいつかな??
    ここら辺で出てくるのかな???

    0
コメントをもっと見る / 書く