クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

62話 再び

 この国中にその鐘の音は響いた。
「大変です!北の森から魔物の大群がこちらに向かってきていると知らせがありました!明日の昼頃にはこの国に着くと見られています!」
 受付嬢が真っ青な顔をしてそう言った。
「か、数はいくらくらいなんだ?」
 冒険者の一人が受付嬢に尋ねた。
「正確な数は出ていませんが最低でも5万は超えるかと。」
 5万か。ガイシス王国の時よりも多いな。
「ご、5万だって!?そんなのと戦えって!?無理に決まってるだろ!?」
 冒険者のみんなは、5万と聞いてもう既に諦めているようだ。
「ですが、安心してください!ガイシス王国から勇者様方がこちらに来られるそうです!それと王国騎士団の方々も!」
 それを聞いた瞬間、冒険者のみんなは希望を取り戻したのかやる気に満ち溢れた声が上がった。
 そして俺は、
「ま、マジか。」
 嫌悪感を感じていた。
 あんな奴らとまた顔を合わせたくない。
 逃げるか?
 いや、今までお世話になった国だ。ちゃんと恩返しはしなくちゃいけない。
 今は、姿を変えてるからあいつらにバレることはないと思う。
 俺自身があんな奴らと顔を合わせたくないんだよな。
 他のみんなは、どう思ってるんだろうか。
 俺は、みんなの方をちらっと見た。
 なんか、どよ〜んとした空気だった。
 だけど、リルとギルのパーティは、結構盛り上がってるようだ。
「すごいです!勇者様に会えるです!」
「おお!この目で勇者に会えるなんてな。」
「勇者がどれくらい強いのか僕、気になるな。」
「勇者様に会えるなんて……光栄です。」
 みんなそれぞれの感想を言っているがたぶん本当のアイツらを知った時ガッカリするんだろうな。
「柊さん、大丈夫ですか?」
 俺が嫌悪感を感じてるところにシェレールさんが心配して声をかけてくれる。
「ああ、大丈夫だよ。でも、あいつらの顔を見たらどうなるか分からないけど。」
「大丈夫です!私たちもいますから。それにあの時いなかった人たちがこんなに大勢います!」
「ああ、そうだな。何も心配なんかいらないよな。」
「はい!」
 シェレールさんは、ニコッと笑ってそう言った。
 俺にはニコッと笑ったシェレールさんがとても可愛く見えて仕方なかった。
「ありがとうな、シェレールさん。いつも俺の事を気にかけてくれて。」
「柊さんだっていつも私たちのことを見ていてくれているじゃないですか。」
 俺は、その言葉を聞いた瞬間思ったことがあった。
 俺たちは、一人一人が他人を気にかけている。自分のことばっかり気にしているようだなあいつらとは違いみんな他の人を優先的に考えてしまうお人好しな人なんだと。
 たぶん俺もそうなんだと思う。だからこそ俺は、ここにいるみんなが好きだ。他人のことを考えられるみんなが好きだ。
 大丈夫、俺にはこんなに信頼のできる仲間たちがいるんだ。
 あんな奴らに抱く感情なんて必要ない。
 俺は、みんなを守る。それだけ考えればいいんだ。
「なぁ、みんな聞いてくれないか。」
 俺は、ギルたちに本当のことを話そうと思った。
 だって、みんなも短い間だが一緒に過ごした仲間だからな。
 だから、伝えておきたいことがある。
 俺は、ギルたちに元々俺と白井が異世界から召喚された勇者のこと、勇者たちがどんなヤツらだったか、俺が召喚前にされていたことを話した。
「え〜!勇者ってそんなやつだったの!?」
 コルンが絶望したような声を上げた。
「勇者だからってどこがですごい正義感があるやつなんだと思っていたな。」
「はぁ〜、さすがに僕もそんな奴らに興味なんてわかないな。」
「柊お兄ちゃん、可哀想です。」
 みんな、勇者たちに対しての意見が変わっていく。
 俺の事を可哀想と言ってくれたリルには頭を撫でてあげている。
「悪いな、みんなの勇者に対する思いを壊してしまって。でも、俺はみんなにはあいつらに注意して欲しいからな。」
「リュウ、それは分かったがリュウたちがここにいたら生きているってことバレてしまうんじゃないのか?」
「ああ、その点は大丈夫だ。今は、姿を変えてあるからな。みんなもそうだぞ。」
「そ、そうだったのか?僕たちにその姿を見せてくれない……よな?」
「う〜ん、別にいいぞ。みんなは、信頼してるし大切な仲間だからな。」
「本当!?」
「ああ、それじゃ変えるぞ。」
 俺たちは、ギルたちに認識変換しないでいいように許可をした。
「おお!本当に変わった。ってか、女の子たち凄い可愛いな!」
 ギルの反応からに本当の俺たちが見えているのだろう。
 何故か一人、ルビーだけが絶望したような顔をしていた。
「ど、どうしたんだ、ルビー?」
「あ、あの、み、皆さんがとてもお美しい方々だと思って私じゃ到底勝てないなっと思ってしまって。」
「勝つって何を?」
「い、いえ!なんでもありません!」
「そうか?ならいいや。でも、ルビーも十分に可愛いと思うけどな。」
「そ、そう…です…か。」
「あ、悪い。俺なんかに可愛いって言われても嫌だったよな。」
「いえ!そんなことはありません!とても嬉しいです!ありがとうございます!」
「あ、ああ。それならよかった。」
 ルビーもいつもの表情に戻った。
「とにかく勇者たちには気をつけることだ。それだけはみんな分かっておいてくれ。それじゃ今日は、帰るか。魔物が来るのも明日の昼頃だし。」
「そうですね。」
 俺たちは、明日に備えて宿に帰って休むことにした。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー323490

    ココいない…

    1
  • ノベルバユーザー277450

    そういえばココたちどこいった?

    2
  • 夜行性

    イラストよろしくっ(*`・ω・)ゞ

    1
  • なあ

    白井の顔が見てみたいと思う今日この頃

    6
  • いとーた

    この主人公いいな〜
    羨ましいよ(;Д;)(;Д;)

    3
コメントを書く