クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

58話 混合

 今日も俺たちは、冒険者ギルドへと訪れている。
 だけど、今日はシェレールさんと白井の3人で訪れた。
 何故かって?
 今日は、リルを街で遊ばせたいからユイとかに面倒を見てもらってるんだよ。
 そして今は、ギルたちと一緒に依頼を探しているところだ。
「柊さん、最初はすごい嫌がってたのに今じゃそんな素振りがありませんね。」
「そ、そうか?」
「ん〜、まぁそうかな。最初は、面倒なやつだと思っていたからな。」
「ねぇ、面倒なやつって僕のこと?」
「もちろん。」
「酷い!」
 俺たちのやり取りでみんなが笑う。
 俺とギルも一緒に笑う。
 俺は、こういうなんでもないけど楽しい時間というのがとても好きだ。
 前じゃこんなことは出来るはずがなかったからな。
「それで柊君、今日の依頼、何にする?」
 白井がそう俺に尋ねる。
「そうだな。今日は二グループに分かれて別々の依頼を受けてみるか。」
「分かれ方はどうする?せっかくだからよ俺たちのパーティとお前たちのパーティをまぜて二グループにしようぜ。」
 ルカにそう提案され俺は、あるひとつの箱を取り出した。
「じゃあ、くじ引きだな。この箱の中に赤と白の紙があるからその色同士でグループになるぞ。」
 それからみんな箱の中から紙を引いていった。
 そしてその結果
 赤
 俺、シェレールさん、ジェーク、ルビーというパーティ。
 白
 ギル、ルカ、コルン、白井というパーティになった。
「それじゃ今日は、このパーティで依頼を受けるぞ。」
 俺は、自分のパーティと話しつつ依頼を決めた。
 その依頼とは一応高難易度だがまだ簡単な方の依頼だ。
「よし、それじゃ出発しようぜ。」
 俺たちは、冒険者ギルドを出てそのモンスターノ出没する森へと向かった。
「結構霧が濃いいな。みんなはぐれないようにな。」
 みんなはぐれないように注意しつつゆっくりと奥に進んで行った。
「っ!みんなこの奥に俺たちの探している魔物がいるぞ。」
 俺がそう言うとみんなの顔に緊張が走る。
「俺とジェークで前衛を担当する。他のみんなは、俺たちの援護を頼む。」
「リュウ、俺はなるべく素早く動いてなるべく多くの部分に攻撃する。だが、攻撃事態はそんなに深くは入らないからな。」
「分かった。なら注意を引くのは俺に任せろ。」
「おお、頼むぜ。」
 俺たちは、戦闘態勢をとる。
「来るぞ!」
 俺がそう言った瞬間、大きな生き物が木を折りながらこっちへ突進してきた。
 今回の魔物は、ジァイアントベアーだ。
 一撃の攻撃が強いからそこに注意が必要だな。
「リュウ、避けるぞ!」
 ジェークは、その場から飛び退いた。
「おい!リュウ!危ないぞ!」
「リュウさん!?」
 ジェークとルビーがそう叫ぶ。
 だが、シェレールさんは俺なら大丈夫だと信じてただ見つめている。
 そして1秒も経たずにジァイアントベアーが俺の元へものすごいスピードで突進してきた。
「おらっ!」
 俺は、その突進が当たる瞬間にその場から少しジャンプして後退し、ジァイアントベアーの顔面へ蹴りを入れた。
 ジァイアントベアーは、数メートル先まで飛ばされ顔面を抑えていた。
「「………は?」」
 二人とも何が起こったのか分かっておらず混乱していた。
「ジェーク!ぼさっとするな!すぐに追撃するぞ!」
「……あ、お、おお!」
 ジェークは、切り替えて双剣を抜きジァイアントベアーに向かって斬りかかった。
 おお!攻撃はそこまで威力はないがしっかりと数多く攻撃が入ってる。
 だが、それじゃ有効打にはならないだろうな。
 まぁ、十分に追撃できたしそろそろトドメを指すか。
「ジェーク、離れろ!」
 ジェークは、俺の言葉にとっさに反応してその場から飛び退いた。
 俺は、ジェークが飛び退いたのを確認してジァイアントベアーの首を斬った。
「ふぅ、お疲れ。」
「ああ、そっちもな。」
 討伐が完了したことをシェレールさんたちにジェスチャーすると二人とも小走りでこっちへ来た。
「お疲れ様でした、柊さん、ジェークさん。」
「二人とも、お疲れ様です。」
「ああ。二人とも怪我は無かったか?」
「はい、大丈夫でしたよ。」
「私もありませんよ。」
「そっか、良かった。」
 俺は、二人の体を見て何も無いことを知り安堵の息を吐く。
「それにしてもリュウは、すげぇな。あのジァイアントベアーをたった一蹴りで数メートル先まで飛ばすとはな。」
「まぁ、あういうでかい奴にはあれが一番効くんだよ。」
「それでも俺じゃ足が会った瞬間に骨が砕けるだろうな。」
 まぁ、確かに普通の人なら骨が砕けてもおかしくないだろうな。
「まぁまぁ。さっさと討伐した証拠の部位を取って帰ろうぜ。」
 俺は、ジァイアントベアーの討伐証拠の部位を取り、それとジァイアントベアー本体をアイテムボックスに閉まった。
「それじゃ帰ろうか。」
 俺たちは、冒険者ギルドまで帰って行った。
 が、その途中に………

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー267627

    白井さんと依頼に行く回数が少ないように感じるのは僕だけですか?

    1
  • いとーた

    なんて言うか〜好きです!笑

    2
  • ノベルバユーザー249519

    面白いけど、誤字脱字と日本語が曖昧な部分が多々ありますね
      (いう)
    ゆう×言う   等々
    応援してます

    1
  • つかっちゃ

    最近読み始めたんですが毎日更新お疲れ様です(´ω`)
    最近は冷えてきているので体に気をつけてくださいね( ・ิ ิω・ิ)ิ

    3
  • 毒林檎✲*゚

    足が会った瞬間じゃなくて足が当たった瞬間じゃないですか?

    1
コメントをもっと見る / 書く