クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

53話 ガルード王国

「おお〜!やっぱり近くで見るとさらに大きく見えるな。」
「はいです!とっても大きいです!」
 俺たちは、ガルード王国の少し手前で自動車から降りてガルード王国に向かっていた。
 その際、王国を囲っている壁の大きさにまた驚く。
 俺たちは、門まで行くと門番の検査を受ける。
 本当は冒険者カードを出したらすぐに入れるのだが俺たちは今、認識を変えているからそれを使うことが出来ない。
 まぁ、検査と言っても名前とかここに来た目的やどこから来たのかを言うだけなんだけどな。あ、あと犯罪をしていないかチェックするために水晶で確かめることもしたな。あの貴族をボコしたのは犯罪を犯したとは認めなかった。これでもし犯罪者呼ばわりなんかされたらどうしようかと思ったよ。
 あ、それと今の俺たちの偽名はこうだ。

 柊 竜斗→リュウ

 白井姫乃→ハク

 シェレール・ガイシス→シェル

 ユイ→ユイカ

 リル→ルリ

 その他略。
 まぁこんなところだ。
 まぁ、街を出歩いているときは気をつけないとな。
 俺たちは、無事検査を受け終えてガルード王国に入ることが出来た。
 それから俺たちは、宿を見つけて荷物を置き街の観光へと向かった。
「柊お兄ちゃん!大きい人たちでいっぱいです!」
 この街は、冒険者が多いと言うだけあってどこかしらに絶対冒険者がいる。しかも全員鍛え抜かれた冒険者たちだ。
「ああ、そうだな。みんな大きくてカッコイイな。」
「う〜ん、柊お兄ちゃんの方がカッコイイです!」
「そ、そうか?あ、ありがとう。」
 なんか照れくさいな。
「柊さん、最初はどこに行きます?」
「ああ、最初は冒険者ギルドに行って冒険者カードを作ってもらおうと思ってる。」
「確かに門番さんにも早めに身分を証明できるものを作っておけって言われたもんね。」
「ああ、それにここの冒険者ギルドにどんな依頼があるか興味があるからな。」
「それじゃ、行きましょうか。」
 俺たちは、冒険者ギルドに向かった。
 そして冒険者ギルドを見ての一言目は
「お、大きい。」
「とっても大きいです!」
「さすが冒険者が多くいる国ですね。」
 冒険者ギルドの建物は大きさが約20メートルほどある。
 しかもとても綺麗にされている。
 それだけでこの国の冒険者の腕を語っているようだ。
「早速入ってみるか。」
 俺たちは、その冒険者ギルドに入るといつもは酒臭く薄汚れている建物の中が今回のギルドではとても綺麗に整えられていた。
「ようこそ、ガルード王国の冒険者ギルドへ。依頼を受けるならあちらのボードへ行きあちらの受付へ。飲食ならこの建物の二階へどうぞ。」
 俺たちが入ってきたところを見た係員みたいな人が丁寧に教えてくれる。
「どうもご丁寧にありがとうございます。」
「いえいえ、それでは何か困ったら言ってくださいね。」
 係員の人は、そう言って仕事に戻った。
「さて、まずは受付に行って冒険者カードを作ってもらおう。」
 俺たちは、そのまま直接受付へ行った。
「あの、いいですか?」
「はい、なんでしょうか?」
「冒険者カードを作ってもらいたいんですが。」
「分かりました。何名様が作られますか?」
「えっと、5人でお願いします。」
「分かりました。ではこの紙の要項通りに書いてください。」
「分かりました。」
 俺は、その紙をもらいみんなに配り要項通りに書いていった。
 俺と白井は、この世界の字を完璧にマスターしたので自分で書いている。
 あ、一応説明しておくとこの世界の字は、世界共通で別の種族もこの字を使っているらしい。
 まぁ、覚えやすいからすっごい助かるな。
 俺たちは、数分でそれを書き終わり受付嬢に出した。
「はい、確かに受け取りました。冒険者カードを作るのでその間少し待っていてください。」
「分かりました。あ、あそこに貼ってある依頼を見てきてもいいですか?」
「はい、もちろんいいですよ。」
 そう言って受付嬢は、建物の奥に入っていった。
「じゃあ俺たちは、依頼でも見てくるか。」
 俺たちは、ボードへと向かい色々ある中で面白そうなものやお金になるものを探していった。
「すごいな、ドラゴン退治や、リヴァイアサン退治まであるぞ。」
「さすがガルード王国ですね。高難易度の依頼が多数存在していますね。」
「俺たちがいる間に全部の高難易度の依頼をクリアしたいな。」
 俺達がそんな会話をしていると後ろから声をかけられた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • なあ

    多分チンピラに絡まれんだろうな(ボソッ)( ˙-˙ )

    1
  • ペンギン

    あ〜...この後がなんかスゴく気になる...

    0
コメントを書く