クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

51話 休暇

 俺は今、白井とリルと一緒に出掛けている。
 何故かと言うとシェレールさんとユイとココとルルで討伐依頼をしてくるそうだ。あとペケたちもそっちに同行している。
 もちろん俺も行くと言ったがたまには休んでいいと言われ白井はその見張りらしい。
 休みなのに見張りがいるとは。
「それでどこか行きたい場所でもあるか?」
 俺は、白井とリルにそう尋ねる。
「柊お兄ちゃん、私お花が咲いているところに行きたいです!」
「花が咲いているとこ?…俺あまりここら辺の地理に詳しくないからな。」
「それならこの前私たちが行ったところでいいんじゃない?」
「ああ、そう言えば俺とシェレールさん以外はみんなで薬草探しに行っていたんだよな。」
「うん、その時にお花がいっぱい咲いてる場所があっんだ。」
「ならそこに行くか。」
 俺たちは、白井の言うその場所まで歩いて行った。
 そこまで行くのに街から30分程度ほどかかった。
 その場所はまるで天国かと思うようなそれほど綺麗な場所だった。まさにお花畑だ。
「リル疲れてないか?」
「大丈夫です!」
 リルは、元気そうに笑顔でそう言う。
「それじゃ、リル、遊んできていいぞ。」
「わぁーい!白井お姉ちゃん行くです!」
「うん、柊君はどうする?」
「俺は、ここで見てるだけでいいよ。」
「そう?分かった、それじゃ行こっかリルちゃん!」
 2人は、走ってお花畑まで行った。
 2人ともとっても楽しそうだな。
「転けないように気をつけろよー。」
「「はーい(です)!」」
 2人は、お花畑に行き色々な花を見たりそれを取って王冠みたいにしたりしている。
 ここで俺は、1つ気になっていたことについて調べることにした。

【大罪スキル】
 憤怒イラ

 この大罪スキルって多分七つの大罪から来てるよな。
 確か七つの大罪は、傲慢、憤怒、嫉妬、強欲、怠惰、暴食、色欲の七つだったよな。
 ということはこのスキルは、あと六つあるってことか。
 それともこの大罪スキルってそんなに珍しいものじゃなく多くの人が持っていたりするのか?
 俺だけじゃ答えが出ないな。
 こういう時に異世界用のナビ見たいのが欲しいな。
 あ、そうか。作ればいいのか。
 スキル 完全創造
 作るのはこの世界の理を知っている全知全能のサポーター。
 オリジナルスキル ナビゲーターを取得。
 俺は、ナビゲーターを随時発動に設定する。
「あー、聞こえるか?」
(はい、聞こえますよマスター。)
 よし、これでOKだな。
(マスター、私はマスターの中にいますの私に声をかける時は声に出さなくてもよろしいですよ。)
 ああ、そうなのか。分かった。
 それで早速質問なのだが大罪スキルって多くの人が持っているのか?
(いえ、そんなことはありません。大罪スキルとはマスターの予想通り七つの大罪をから来ています。なので大罪スキルも七つだけ存在します。ですが、大罪スキルは今のところ所持されているのはマスターの憤怒イラ、それと怠惰アワリティアだけなのです。)
 そうなのか。じゃあ残りの五つはどうなっているんだ?
(その大罪にふさわしい人物が現れるまで眠っています。)
 うん、だいたい分かったよ。ありがとう。
(いえ、マスターが望むのであればいつでもお呼びください。)
 あ、それじゃ最後に一ついいか?
(はい、なんでしょう。)
 俺の大罪スキル、憤怒はコントロール出来るのか?
(はい、可能ですよ。)
 どうやったら出来るんだ?
(簡単です。感情をコントロールすればいいのです。)
 感情をコントロールってそんなに簡単にできないだろ?
(はい、普通の人なら感情をコントロールするには数十年くらいかかるでしょう。ですが、マスターなら簡単にできますよ。)
 そうなのか?
(マスターが所持している完全創造を使用して感情をコントロールすることが出来るスキルを作るのです。)
 ああ、そういうことか。
 まぁ、それなら簡単だな。
 スキル 完全創造
 作るのは喜怒哀楽をコントロール出来るスキル。
(スキル感情操作を獲得しました。)
 おお、そんなことも言ってくれるのか。
(マスターが望むのであれば続けます。)
 ああ、そうしてくれ。
(分かりました。)
 それじゃ、早速試すかな。
 と、思ったがリルと白井が俺の方まで走ってきている。
「柊お兄ちゃん!」
「ん?どうした?」
「これ!柊お兄ちゃんにプレゼントです!」
 そう言って出したのは花の冠。
「おお!ありがとうな。上手に出来てるな。」
「えへへ、頑張って白井お姉ちゃんと作ったです!」
「そうか、ありがとう。白井もありがとう。」
「大事にしてね!」
「ああ、もちろんだ。」
 リルは、その冠を俺の頭に乗せる。
「似合ってるか?」
「とっても似合ってますです!」
「うん、可愛いよ。」
 自分から降っていてなんだが、さすがにそんなに褒められるとて照れてしまう。
「あ、柊お兄ちゃん顔が赤くなってるです。」
「そうだね。赤いね。」
「〜〜!あまり俺をからかうなっ!」
「あはは、柊お兄ちゃん怒ったです!」
「ふふっ、逃げろ〜。」
「あ、おいこら待て〜!」
 ま、スキルを試すのはいつでも出来るか。
 今は、せっかくみんなが作ってくれた休みだ。
 思う存分満喫しなくちゃな。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 見習いにゅーびー

    主人公、これで仙人になったな
    喜怒哀楽を操れる→興奮を抑えれる→賢者モードになれる→たたない→inポ
    QED
    証明終了

    0
  • なあ

    白井の登場回キタ━(゚∀゚)━!

    1
  • ノベルバユーザー249591

    齋藤が七つの大罪のどれになるのか、今から楽しみにしてます。複数持ちとかあるのかな?

    誤字脱字報告です。
    「転けないように気をつけろよー。」の、
    転けない→転げない?転ばない?

    いえ、そんなことはありません。大罪スキルとはマスターの予想通り七つの大罪をから来ています の
    をから来ています→から来ています

    自分から降っていてなんだが、さすがにそんなに褒められるとて照れてしまう。の、
    降っていて→振っておいて?言って おいて?
    て照れてしまう→照れてしまう

    これからも、投稿頑張ってください!楽しみに待っております。

    2
コメントを書く