クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

50話 大切なもの

「それで柊さん、試したいことってなんなのですか?」
 俺は今、依頼を達成するためにシェレールさんと一緒に西の森にいるオーガを探している。
「まぁちょっとな。でも本当に上手くできるかわからないから危険だと思ったら直ぐに逃げるんだぞ。」
「それは分かっています。ですが、もしかしてその試したいことって柊さんの体をまた傷付けてしまうようなものなのですか?」
「………」
 シェレールさんの言っていることに俺は、返事ができない。
 その技は、まだどれくらい危険なのかも分からないからな。
 もしかしたら本当に俺の体がボロボロになるかもしれない。
「……まぁ、大丈夫だろ。」
「……柊さんがいつも私たちのために頑張ってくれているのはみんな知っています。私たちはそんな柊さんが大好きです。ですが、みんな柊さんが傷付くようなこと望んでいません。なので、そんな危険なことしないでください!」
 シェレールさんの思いが俺の心を揺らす。
「シェレールさんがいや、みんなが俺のことをこんなに思ってくれて本当に嬉しい。」
「っ!だったら……」
「だからこそ、俺が強くならなきゃいけない。それに今の俺より強い敵が現れた時、対処ができない。だからせめてみんなを守るくらいの力を付けとかないといけないのだ。」
「………」
 シェレールさんも俺の思いに心が揺れている。
「……私は……」
「?」
「……私は守られたくありません!」
「………は?」
「自分の体くらい自分で守ります!それに柊さんより強い敵が現れたって皆で協力すればいいじゃないですか!」
「………」
「………」
 二人ともその場で喋らなくなる。
 だが突然巨大な足音みたいなものが聞こえてきた。
「「っ!!」」
 多分俺たちが探していたオーガなのだろう。
 敵感知によるとすぐそこまで来ている。
「シェレールさん、まずは依頼を達成するぞ。」
「は、はい。ですが……」
「ああ、分かってるって。今日のところは、俺の試したいことはしないよ。」
「ホッ、ありがとうございます。」
「お礼はいいから。まずは、オーガを倒すぞ。」
「はい!」
 まぁ、俺の試したいことは夜にこっそりとやればいいか。
 俺がそう思っていると木々が倒されるような音やそれが踏みつけられるような音が近くから聞こえる。
 そして間もなくオーガが姿を現す。
 高さ5メートル程だろうか。
「大きいな。」
「大きいですね。」
 オーガは俺たちの世界では鬼のように扱われているけどまさにそれだった。
「シェレールさん、大丈夫?」
「はい、もちろん。柊さんに自分の身くらい自分で守れるって言ったんですからこれくらいで怖がってはだめですよ。」
 そうは言ってもやはり女の子だからな。少しは怖いだろう。
 オーガが1歩ずつ近づいてくる度に地面が揺れる。
「ぐあぁぁぁぁぁ!!!」
 そして突如叫びだし持っていた金棒みたいなものを振りあげた。
「っ!シェレールさん、危ない!」
 オーガが振り上げた金棒がシェレールさんに向かって振り下ろされる。
 俺は、咄嗟に守ろうとしたがこれじゃ追いつかない!
 俺は、間に合わないと思って目を瞑る。
 くそっ!俺がもっと強かったら助けられていたはずなのに!
 くそっ!くそっ!
 俺は、自分を責める。
 が、その必要がなかったことを俺は知る。
 目を開くとシェレールさんは、風魔法でその金棒を防いでいた。
「……あ、あれ?」
 俺は、何が起こったのか分からなかった。
 も、もしかしてシェレールさんって本当にオーガが怖くなかったの?
 それに詠唱した声も聞こえなかった。
「シェレールさん、大丈夫なの?」
「はい、もちろん大丈夫です。」
「オーガ本当に怖くなかったんだな。それに魔法も無詠唱だったし。」
「全く怖くないって言ったら嘘になりますけど先程も言ったようにこれくらい怖がっていたら自分の身なんか守れませんよ。それと無詠唱はなんとか頑張って習得しました。皆さんもたぶん何か新しい力を得ているのではないでしょうか。」
「そうなのか。」
「これも皆さん柊さんに傷ついて欲しくないって思っているからですよ。」
「…そうか。…ありがとう、シェレールさん。それにみんなにもお礼言っておかなくちゃな。」
「今はそれよりもオーガを倒さなくてはいけませんよ。」
 俺は、オーガのことをふと思い出し吹っ飛んだ方を見ると数メートル先に目を回しているオーガがいた。
「シェレールさんもだいぶ強くなったんだな。」
「あはは、やり過ぎたかも?」
 まぁ、早く終わるのに越したことないから別にいいんだけどね。
 俺は、オーガの首元に剣を刺し息の根を止めた。
 それから依頼達成の証拠に必要な鼻を切り落とし俺たちは、西の森を出た。
「なんか本当に俺が強くなる必要はなくなったみたいだな。」
「柊さん、私たちは柊さんが強くなることを嫌なのではありませんよ。柊さんが傷つくのが嫌なのです。」
「なんか、シェレールさん、俺よりも2歳も歳が下なのに俺よりも大人っぽいな。」
「これでも元王女ですからね。」
「悪かったな。俺、本当にみんなを守っていけるかすごい不安だったんだ。みんなを守るには力が必要だからどうしても力が欲しかったんだ。でも、そのせいで大事なものを見落としていたよ。みんなも俺を支えてくれているってことを。」
「柊さん……」
「でももう大丈夫だ!シェレールさんのおかげで俺も何が一番大事なのか分かったよ。これからはみんなで強くなっていこうな。」
「はい!」
 俺は、今まであった不安を取り除くことが出来た。
 今考えてみると何でこんなに不安に思っていたのか不思議に思うほどだ。
 大丈夫、今の俺にはみんながそばにいてくれるんだ。前の世界じゃどうやっても出来なかった仲間が。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カツ丼

    やっぱりシュレールさんメインヒロイン説
    体調崩さないように毎秒更新待ってます

    1
  • ノベルバユーザー249591

    シェレールさん、すごい!
    ヒロインの中で、相当飛び抜けてますね。
    誤字報告です。
    オーガは俺たちの世界では鬼のように扱わられているけどまさにそれだった。の、
    扱わられている→扱われている
    ですかね?
    これからも、頑張ってください!

    2
  • なあ

    シェレールさん本当は強い説( ˙-˙ )

    1
  • パパ6年生

    誤字報告、金棒を降りあげる? 振りあげる では?

    0
コメントを書く