クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

48話 魔法ギルド

 俺たちは、街に来て宿をとるとさっそくみんなでこの街を観光している。
「ふぁ〜!す、すごいです!人がいっぱいいるです!」
「おーい、あんまりはしゃぎすぎると危ないぞ。」
 リルは、ぐるぐると回りながら周りを見渡している。
 リルは、本当に楽しそうだ。
「柊お兄ちゃん、あの建物すごい大きいです!」
 リルは、高さ20メートルくらいありそうな建物を指さしてそう尋ねた。
「さぁ?なんだろうな?」
 俺もこの世界に対してそんなに詳しくはないから答えることが出来なかった。
「あれは魔法ギルドですね。」
 この世界について1番詳しそうなシェレールさんが答えてくれる。
「魔法ギルド?それって魔法を専門とした職業のこと?」
「はい、魔法ギルドは魔法の得意な方が集まって色々研究したり、魔法で人助けをしたりするギルドです。こちらは、冒険者より危険が少ないので魔法使いの方が冒険者からこちらのギルドに移動することもあるんですよ。」
「へぇ、そうなんだな。さすが王女様は詳しいな。」
「いえ、そんなことありませんよ。それに私はもう王女じゃありませんよ。ただの一般人です。」
「ああ、そうだったな。」
「ねぇ、柊君、ここ入ってみない?私、魔法が得意だから少し興味があるんだけど。」
「ああ、別にいいぞ。リル、入ってみようか。」
「はいです!」
 俺たちは、揃って魔法ギルドまで入った。
 魔法ギルドの中に入ると冒険者ギルドと違ってみんなローブみたいのを着ていてそれぞれ複数の人たちや1人の人たちもいるがみんなが魔法の研究をしている。。
「ねぇ、柊君!あれ見てみよう!」
 白井は、色々な魔法を研究している人たちに興味津々だ。
 さっきからユイもソワソワとしている。
 ユイは、魔法一筋って言っていたから気になるのだろう。
「みんなそれぞれ見て回ろうぜ。あ、りるは俺と一緒にな。はぐれると危ないからな。」
「はいです!」
「それじゃ一時間後にまたここに集合な。」
 俺たちは、そう言って別れて行った。
「柊お兄ちゃん!私、あれ綺麗です!」
 リルが指さした方を見るとそこだけキラキラとした星のようなものが浮かんでいた。
「なんだろう、あれ?行ってみるか。」
「はいです!楽しみです!」
 リルは、ウキウキしたような足取りでその研究をしている人たちのところへ行った。
「あの、何をしているのか教えて貰ってもいいですか?」
 俺は、5人グループのうち1人の男の人に声をかけた。
「ええ、もちろんいいですよ。」
「ありがとうございます。」
「ありがとうございますです!」
 俺たちは、ペコッと頭を下げた。
「これは、光魔法を応用した魔法なんです。」
「へぇ、そうなんですか。」
「まずは簡単に光の小さな玉を出してその上からさらに光魔法で様々な色に加工をしていくんです。」
「結構簡単そうに見えますね。」
「そうでしょう。ですが、これな結構難しいんですよ。加工する時に集中が少しでも途切れるとすぐに失敗してしまうんです。これを習得するのに僕は、2週間かかったんですよ。」
「そうなんですか。俺も少し試してみようかな。」
 俺は、手のひらに小さな光の玉を出してさらにその上から加工していく。
 集中が切れないように注意して魔法をコントロールする。
「あ、出来た。」
「な!?ま、まさか!」
 俺は、5人グループの人たちに見えるように光の玉を出した。
「う、嘘だろ?ほ、本当に出来ている。それにこの光の玉、僕たちのものよりもずっといいものだ。」
「柊お兄ちゃんのやつ、とっても綺麗です!」
 リルは、俺の光の玉を見て目をキラキラと輝かせていた。
「き、君!魔法ギルドに入って僕たちの研究を手伝ってくれないか!?楽しいよ!」
 突如男の人が俺を勧誘しだした。
「あ、いえ、俺は、冒険者をやっておりますので大丈夫です。」
「そ、そうか。なら、気が向いたら声をかけてくれ。」
 良かった。ここで断っても誘い続けられていたら面倒だったところだ。
「あ、それじゃ俺たちはこれで。」
 俺とリルは、その場を離れていった。
 そのあと俺たちは、いろいろと面白そうな魔法を研究している人たちのところへ行き話を聞いて回った。
 さすがにもう勧誘されるのは面倒なのでその魔法を試すことはしなかった。
 俺たちは、約束の時間の5分くらい前に集合場所に着いた。
 そこにはまだシェレールさんしかいなかった。
「お待たせ。まだシェレールさんだけ?」
「はい、そうです。」
「そうか。白井たち結構楽しんでいたからな。」
 白井たちを何回か見かけたけどすごい楽しんで研究の話を聞いていた。
 あ、そうだ。楽しんだといえば
「リル、今日は楽しかったか?」
「はいです!とっても楽しかったです!」
「それは良かったです。リルさん、たぶんこれからもずっと楽しいことが待ってますよ。ですよね?柊さん。」
「ああ、もちろんだ。まだまだ旅は始まったばっかりなんだからな。」
「楽しみです!柊お兄ちゃんたちと一緒に旅ができて本当に嬉しいです!」
 リルは、満面の笑みでそう言った。
 それから数分後。
「ごめんなさ〜い!ちょっと遅れちゃった。」
 白井とユイが戻ってきた。
「いや、別にいいよ。それよりも楽しかったか?」
「はい、とっても楽しかったよ!」
「ええ、とてもいい時間を過ごせたわ。」
 2人は、本当に満足したような顔でそう言った。
「そうか、それは良かった。それじゃ、そろそろ帰ろうか。」
 俺たちは、魔法ギルドを出て宿に戻った。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パパ6年生

    誤字報告 度は始まったばかり? 『旅は』の間違いでは?

    0
  • TAKUMI

    最後の方白井とリルが戻ってきたって書いてあるけど白井とユイでいいんだよな?

    0
  • なあ

    魔法ギルド行ってみたいなー( ˙-˙ )

    1
コメントを書く