クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

44話 奴隷

 どうしよう?このままじゃシェレールさんに危害が及んでしまう!
 それだけは絶対に阻止しないと!
 でも、体がゆうこと聞かないんだよな。
「こうなったらあれを使うしかありません!」
 シェレールさんが何か言い始めた。
 あれ?もしかしてなにか奥の手があるのか?
「私の聖女の力!」
 そういえばシェレールさんって聖女って、称号あったな。
「それではいきます、柊さん!」
 そう言ってシェレールさんは、俺に近づいてきた。
「ふっ、どんな力を使ったところで俺には勝てない。分かっているだろう?」
「はい、分かっています。私はべつに柊さんを倒すわけではありません。元に戻ってもらうんです!」
 そう言って柊さんは、俺の方に手を回してきた。
 何をする気なんだ?
「こ、この力を使うのは柊さんが初めてです。そ、そして今から行う行為も柊さんが初めてです。それではいきます!」
 そう言ってシェレールさんは、自分の顔を俺の顔に近づけ俺の唇とシェレールさんの唇が、ぶつかった。
「んっ!?」
 な、何が起こってるんだ!?も、もしかしてこれってキス!?
「ん!ちゅっ、ん、ちゅっ、……」
 シェレールさんは俺が離れようとしても逃がさないと言ったように腕に力を強めてキスを続ける。
 ん?待てよ。
「ぷはぁ!しぇ、シェレールさん!もう大丈夫だから!」
 俺は、無理やりシェレールさんを離すと元に戻ったと伝える。
「ほ、本当に戻ったのですか?」
「ああ、大丈夫だ。ちゃんと自分の意思で体が動かせる。」
「よ、良かったです。」
「悪いな、またこんな嫌な思いさせて。」
「本当です!本当に心配しました!」
 シェレールさんは、今にも泣きそうな顔だ。
「本当にごめんな。そ、それにき、キスまでしてもらって。」
 俺がキスという単語を出すとシェレールさんは、顔を真っ赤にさせた。
「ご、ごめんなさい!聖女の力を出すにはキスをすることが必要だと書かれていたので!」
「そ、そうか。………」
「………」
 俺たちは、何を喋っていいか分からず沈黙が訪れた。
「そ、そうだ。その聖女の力ってどんなものなんだ?」
「は、はい!え、えっとどんな状態異常や怪我でも全て治してしまうという力です。」
「それはすごいな。………あ、そういえばあの貴族はどうなったんだ?」
「それならあそこで気絶していますよ。」
 俺は、シェレールさんが指をさした方を見ると確かに気絶していた。
「ど、どうする?」
「どうするも何もまずは絶対に身を隠した方がいいでしょう。」
「ま、まぁ、そうだよな。まずはこの国から離れるか。と、その前にやっておかないといけないことがあるな。」
 俺は、結界を解き奴隷たちのもとに向かう。
 奴隷たちは、どうやら鎖で繋がれて逃げられなかったようだ。
 俺は、その奴隷たちの首輪を外した。
「悪かった。怖い思いをさせて。本当にごめんなさい!」
 俺は、怖がらせたことを深く謝罪した。
「いえいえ、こちかこそあの貴族様から救っていただきありがとうございました。」
 ほかの人たちよりも少し背が高い女の人が俺にお礼を言ってきた。
「あの、皆さんは帰るところがあるのですか?」
 俺は、みんなが帰る場所があるのか聞いてみた。
「はい、私たちは元住んでいたところから拉致されて奴隷にされたので帰る場所ならあります。」
「良かった。それじゃ、これくらいあればみんな帰れるかな?」
 俺は、今所持しているお金の半分を渡した。
「こ、こんなにも!?よろしいのですか?」
「ああ、もちろんだ。それとシェレールさん。」
「はい、なんですか?」
「みんなに女性用の服を買ってあげて。このままじゃ帰るにも帰れないだろ?」
「あ、そうですね。わかりました。」
「ふ、服までもですか!?」
「ああ、そのままじゃ帰れないだろ?」
「あ、あぅ、は、はい。」
 その女性は、少し体を手で覆うようにして隠す。
「あ、あの、本当にありがとうございます!」
 みんな、深く俺に謝罪してくれた。
「あ、でも、この子は……」
「この子?」
「昨日買われたばかりのエルフの子です。」
 ああ、あの子か。
 俺は、そのエルフのところへ行き帰れるか聞いてみた。
「ねぇ、君は帰る場所あるの?」
 俺は、なるべく怖がらせないように尋ねてみた。
「あ、あるです。」
「なら、そこに帰れる?」
「………帰り方分からないです。」
「そうか。………なら、俺たちと一緒に君の帰る場所を探そうか。」
「い、いいのです?」
「ああ、もちろんだ!その代わりすぐにこの場を出ないといけないけどな。すぐに出れるか?」
「は、はいです!荷物はないです!」
「君、名前は?」
「リルです!」
「よし、すぐにこの場所を去るぞ!みんなの服も移動先で買うからな。大丈夫、すぐ着くよ。」
 白井たちはすぐ側に来ていてすぐに転移ができる状態だ。
 あ、俺たちの荷物は全部アイテムボックスに入れてあるよ。
「よし、みんな手を繋いで!」
 俺は、みんなが手を繋いだことを確認して転移スキルを使った。
 転移した場所は、俺達が旅に出て一番最初に着いた村だ。
 あそこならバレないはずだ。
 スキル 転移
 俺たちは、全員その場から消えた。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー249591

    2本も投稿をありがとうございます

    0
  • ノベルバユーザー141869

    更新有り難うございます

    1
  • カツ丼

    2本投稿とはやりますねぇ

    0
  • 卵の黄身

    あ、ありがてぇぇぇ

    2
  • なあ

    2本投稿ありがたし( ˙-˙ )

    2
コメントをもっと見る / 書く