クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

43話 危機

 俺は、ゆっくりと大勢の人を分けて前へ歩き出した。
 大丈夫、復讐に抱く憎悪を発動した時とは違って体が動かせる。
「竜斗?どうしたのよ?」
「柊君、どこに行くの?」
「柊さん、待ってください!」
 みんな俺の行動に戸惑い、とにかく止めようと思っているらしく声をかける。
 だが、今の俺にはそんな声も雑音でしかなかった。
 そして俺は、みんなの静止の声も聞かず貴族の前に出た。
 貴族についていた護衛の人は観客の人たちを抑えていて俺の方には来れていない。
「なんだね、君……ぐはっ!」
 俺は、この貴族が喋っている途中に軽く腹を殴った。
「ぐっ!な、…なに…を……がはっ!」
 貴族は、地に膝をつき口から血を流していた。
 俺は、そんな貴族の頭を踏みつけ頭も地につけされる。
「貴様!何をしているのか分かっているのか!?」
 護衛の人は今さっきまで何が起こったのか分からず呆然としていたがようやく気がついたらしく剣を抜き俺にそう言ってきた。
「黙れ。」
 俺は、一言そう言った。
 挑発したわけじゃない。ただうるさかったからそう言ったまでだ。
「こ、この野郎!お前ら、こいつを捕らえろ!別に殺しても構わない!俺が許す!」
 おいおい、貴族様は黙ってもらいたいね。
 俺は、今さっきよりも少し強く足に力を入れた。
 護衛の人たちは、いっせいに俺に切りかかってくる。
 俺は、その剣を避けようとせずそのまま剣の刃が俺に当たる。
 だが、傷がついたのは俺の体ではなく剣の方だった。いや、あれは傷じゃないな。完璧に壊れているな。
 俺がそう思った瞬間、パラパラと剣の刃が落ちていった。
「なっ!俺が今まで使っていた愛用の剣が!」
 護衛の人たちは、今の状況にすごい驚いていた。
「俺は、寛大な心を持ってるからな。お前らは、これで許してやるよ。」
 俺は、そう言って護衛全員の腕を風魔法で切り落とした。
 護衛の人たちは、自分が腕を失ったことに気づくと痛みで声を荒らげだした。
 あ〜、うるせぇな。
 俺は、風魔法で護衛の奴らをどっかに吹き飛ばした。
 すると今度は、周りの大勢の人たちが騒ぎ出した。
「あー、もう!うるせぇな!」
 俺は、嫌気がさして結界魔法で俺の周りを囲った。
 これで外部からの音が途絶えた。
「これで静かになったな。それじゃそろそろお前の相手をしてやるか。」
 俺は、地に伏せさせられている貴族を見る。
「おいおい、そろそろだったらどうなんだ?俺は、全然力を入れてないんだがな!」
 貴族は、さっきから頑張って立ち上がろうとしていた。
 俺は、そんな貴族の腹に蹴りをかまして結界の壁にたたきつける。
 壁に叩きつけられた貴族は、ボロボロになりながらもゆっくりと立ち上がった。
「良かったじゃないか!ようやく立てたな!はっはっは!!」
「く、くそ!貴様ァァァァァ!!!」
 貴族は、怒りをあらわにしていた。
「火の球よ!その者を焼き尽くせ!」
 貴族はそう言って火の球を俺に向かって放ってきた。
 俺は、そんな弱い攻撃を避けるわけもなくその場に立ちつくしていた。
「殺ったか!?」
 貴族は、お決まりのセリフを吐く。
「忠告しておくよ。そのセリフは、殺れていない時のセリフだからな。」
「くっ!だったらこれでどうだ!」
 そう言ってまた詠唱を始める。
 そして詠唱を終えると俺に魔法を放ってきた。
「へぇ、お前風魔法も使えるのか。」
 貴族が俺に放った魔法は、風の刃でとても速いスピードで俺に向かってきた。
 だが、それを速いと思えるのは一般人くらいだろう。
 俺にはスローモーションに見えるな。
 俺は、その刃を見切り全部躱して貴族に近づく。
「ひっ!…や、やめろ…いや、やめてください!お願いします!」
 貴族は、俺に土下座を披露した。
「もしあの奴隷たちがお前みたいにそんなに謝ってもお前は許すか?許さねぇよな?だから俺も許さねぇよ。はは、安心しろ。すぐには殺さない。俺の気が済むまで痛みつけてから殺してやる。」
 あれ?俺別にそんなこと思ってないんだけどな?口が勝手に動く。
 お、おかしい!体が勝手に動く。こ、これは復讐に抱く憎悪を発動した時と同じ?
 いや、少し違う。あの時は、意識はあったが今よりも明確じゃなかった。それに発動する時は、許可を求めるはずだ。あと姿も変わったはずだ。どういう事だ?
「柊さん!そこまでです!」
 そう言ってきたのはシェレールさんだった。
「ん?どういうことだ?結界を張っていたはずだけどな?」
「皆さんが協力して私だけ中に入れるようにしてくれたのです!柊さん、なにか様子がおかしいですよ!どうしてしまったんですか!?」
「安心しろ。別に俺はおかしくない。もとがこうだったまでだ。」
「嘘です!柊さんはもっと優しい方です!も、もしかして、あの時と同じ力を使ってしまったんですか!?」
「あの時の力?そんなものは知らないな。俺の遊びの邪魔をするな。早く失せろ。」
 く、くそ!体が思い通りに動かせねぇ!
「栄光なる光よ、その者を苦しめる邪悪な気を消したまえ!」
 シェレールさんは、あの時の力を消した聖霊魔法を使った。
「ふっ、なんだ?その魔法は?」
「き、効いてない。前は効いたのに。」
「邪魔をするならお前から殺すか。」
 そう言って俺は、シェレールさんに迫る。
 やめろ!やめろ!やめろぉぉぉぉぉぉ!!!
 俺は、精一杯自分の体を止めようとする。
 だが、止まらない。
 こ、このままじゃシェレールさんが!
 どうすればいいんだ!?

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • なあ

    白井推しなんですけど分かる人いますかね?......( ˙-˙ )

    1
  • 咲

    暴走するのも残念だけど
    暴走してそれを止められない
    のであれば1人になるべき

    2
  • ノベルバユーザー249591

    13個目のセリフの
    そろそろだったら→そろそろ立ったら
    だと思われます。
    続きが気になる

    4
コメントを書く