クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

42話 怒り

 俺は、昨日のエルフのことが少し気になりつつも、みんなと予定通り朝は冒険者ギルドに行って依頼をこなし、昼からまずはユイの気に入った店に訪れていた。
「うん!この蒸したジャガイモ美味いな!特に味付けがいいな!」
 ユイが紹介したお店は、蒸かしたジャガイモに異世界の特殊な調味料を使っての料理だった。
 調理としては目立ったことは無いがその分、早く出来上がるというとても良いものだった。
 俺たちが料理を頼んでから3分もせずに料理が運ばれてきた。カップラーメンよりも早かった。
「柊さん、私のは少し味が違うんですが私のも食べてみませんか?」
「いいのか?なら、貰うよ。その代わり俺のやつも分けるからな。」
 そう言って俺とシェレールさんは、自分のジャガイモを1口分くらいの大きさに分けて差し出した。
 俺は、シェレールさんから貰ったジャガイモを口に入れると先程の味とはまた違った味付けがこれまた美味しいのである。
 俺が最初に食べたジャガイモはとても濃厚な味付けで、シェレールさんから貰ったジャガイモはさっきとは逆のあっさりとした味付けだった。
「うん、こっちもあっさりしていて美味しな。シェレールさんはどう?」
「はい、こちらの濃厚な味付けもとても美味しいと思いました。ですが、私にはこちらのあっさりとした方が好きですね。」
「まぁ、そうだよな。女の子だもんな。」
 俺とシェレールさんがそんな会話をしていると向かいの席に座っているユイと白井がこっちをじっと見つめているのに気がついた。
「どうしたんだ、2人とも?」
「あなたたち2人ってすっごい仲がいいわね。」
「そうだよね、すごい仲がいいよね。」
 うん?どうしたんだ2人とも?なんか目が少し怖いぞ?
「そうか?2人にもこんな感じだと思うけど?」
「全然違うわよ。私、2人が笑いながら話しているのよく見るもの。」
「うん、私も見るよ。とっても楽しそう。そうだよね、シェレールさん?」
「え!?あ、あの、は、はい。柊さんといる時はとても楽しいですよ。」
「は、ははっ、ありがとうシェレールさん。俺もシェレールさんといる時はすごい楽しいよ。」
「ほら、また2人だけの空間ができたわ。」
「そうだね、また私たち空気にされてるね。」
 こらこら、2人とも?目が死んでるよ?大丈夫かな?
 それから数分後。
「そろそろ出るぞ。みんな食べ終わっただろ?」
 俺は、みんなの皿に何も乗っていないのを確認する。
 俺たちは、店主にお礼を言って店を出て行った。
 もちろんお金は払ったよ。
 それから俺たちは、なんの目的もなくただぶらぶらと街を歩いていた。
 そこでまた昨日と同じように人が集まっている場所があった。
 なんか嫌な予感がするな。
「ねぇ、竜斗。あれ、なんだろう?」
「さぁ?分からないな。」
「なら、行ってみようよ、柊君。」
「あ、ああ、そうだな。行ってみるか。」
 俺は、あまり行きたくはなかったが、みんなも行きたそうなので仕方なくその場所まで行った。
 俺たちがその場所まで近づいていくにつれてある一人の男の声が聞こえた。
 それは、昨日一言だが聞いたことのある声。
 俺たちは、その声の主を視認できるほど近づいた。
 やっぱり昨日の貴族だった。
「さぁさぁご覧あれ!只今から私の飼っている奴隷を披露していきましょう!」
 貴族がそう言うと一人の女の人がビリビリに破れた服を着せられて首輪についている鎖を引っ張られながら現れた。
 貴族は、その奴隷を舞台の真ん中に立たせて説明をし始めた。
「なんなのよ、あれ。最低ね。」
「そうだよね。人をなんだと思ってるんだろう。」
 ユイと白井は、これを見て怒りをあらわにしていた。
 そしてシェレールさんは、
「私、止めてきます!」
 そう言って無理やり前へ出ようとする。
 俺は、シェレールさんの手を引っ張りそれを止めた。
「何をするのですか、柊さん?王族である私が言えば何とかなるはずです!」
「ああ、そうだな。王族のお前ならな。だが、今のお前は周りからは、ただの一般人なんだぞ。ただの一般人がもし貴族の邪魔なんかしたらただ事じゃ済まないぞ。」
「うっ、それは。ですが、このままでは!」
「ああ、分かっている。」
 俺は、自分の怒りを抑えるのに精一杯だった。
 こんな所で暴れたら絶対に被害者を出すからな。
 だけど、俺にはこのまま黙って見すごすってことが出来なさそうだ。
 あの貴族が喋ったり奴隷がどんどん引きずられているのを見ると怒りが増していく。怒りどころか憎しみまで感じ始めた。
 あの奴隷たちが見世物にされているのは前の世界の俺みたいに感じ始めたからだ。
「今日最後の奴隷です!」
 そう言って現れたのは昨日買われた8歳くらいのエルフの子だった。
 エルフは昨日とは違っていくつも縄で叩かれたようなキズがいくつもあった。
 俺は、そのエルフを見た瞬間、心の何かが割れる音がしたような気がした。
 多分割れたのは怒りを抑えるための入れ物。
 俺は、冷静さを失った。もう周りなんか見えていない。あるのはあの貴族を殺すだけ。
 ………ただ、それだけ。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    殺そ

    2
  • ノベルバユーザー246456

    じゃがいも以外の料理が気になる

    0
  • なあ

    なんとなく今後の展開が予想できるんだが............( ˙-˙ )

    2
  • ペンギン

    あ〜そうなったか〜...貴族さん乙です...。
    竜斗はもし殺したら大丈夫なのかな...?
    問題がなければ、そのまま奴隷達を助けて欲しい...!

    0
  • ノベルバユーザー249591

    前半 じゃがいも美味しそう。
    中盤 この貴族いらつく!(エルフちゃ ん可哀想)
    後半 ここでまさかの、あれ・・・・・・
    死人が出るな・・・・・・

    3
コメントを書く