クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

41話 ルーグ王国

 俺たちが王都を去ってから1週間。
 俺たちは、自動車で村や街に行っては冒険者ギルドで依頼をこなしていた。
 そして今日も無事街につくことが出来て依頼もこなしたところだ。
「ねぇ、竜斗。そろそろちゃんとした目的地を決めた方がいいと思うんだけど?」
 と、帰り際ユイがそう言ってきた。
「ちゃんとした目的地?」
「そう。私たちってずっと村や街を1泊だけして次に行っていたでしょ?でもそれじゃあまり観光とかもできないしゆっくりと休憩も取れないわ。だから当分の間身を休める場所が必要だと思うのよ。」
「ああ、そういうことか。確かにそうだな。シェレールさん、ここから1番大きい街ってどこにあるの?」
「そうですね、………あ、確かここから東にそう遠くないところにルーグ王国があったはずです。」
「王国か。そこならゆっくりと休めそうだな。ならそこまで行って当分体を休めるか。」
 俺たちは、次の目的地をルーグ王国と決め今日は、宿に帰り食事を摂り眠った。
 翌日。
「みんなおはよう。」
 俺は、着替えを済ませペケたちと集合場所に移動するともうみんな出かける準備を済ませて俺たちを待っていた。
「おはようございます、柊さん。」
「おはよう、柊君。」
「おはよう、竜斗。」
「「おはようございます、柊様。」」
 俺たちは、挨拶を交わし宿の女将に一言お礼を言って宿を出た。
 宿を出た俺たちは、街の外まで出て街から見えないところまで歩いていった。
「それじゃ、自動車を出すぞ。」
 俺は、そう言ってアイテムボックスから自動車をを取り出した。
 俺たちは、それに乗り込み目的地設定をして出発した。
「ルーグ王国って何が有名なんだ?」
 俺は、シェレールさんにそう尋ねてみた。だってせっかく長く居るんだから何が有名化は知っておかないとね。
「そうですね、食べ物が美味しいことで有名ですね。」
 食べ物が美味しいか。
「だったら今日は、各自自由行動にして自分がここが一番いいと思った場所を2日目からその場所をみんなに教えて食べに行こうぜ。」
「いいね、それ!面白そう!」
 白井はそう言って俺の意見に肯定してくれた。
 他のみんなも肯定の意思を表してくれている。
「それじゃ、決まりだな!あ、一応1人になるんだからこの前みんなにコピーした敵感知を常時発動しておいとけよ。」
 俺は、少し前にみんなに敵感知をコピーしておいた。
 そのおかげでだいぶみんなも戦闘の時に動きやすくなっていた。
 俺たちがそのあとの予定を色々と考えているうちにルーグ王国に着いた。
「さすがに王国だけあって大きいな。それにすごい賑やかだな。」
「ええ、そうですね。ルーグ王国は、私たちが居たガイシス王都よりも賑やかな国ですからね。」
「へぇ、そうなのか。そりゃ楽しみだな。」
 俺は、これから入る国に期待を膨らませていた。
 俺たちは、この国に入るための検査を無事済ませて宿を探していた。
 だが、王国だけあって宿も沢山あるから選びたい放題だ。
 その中から俺たちは、結構綺麗な宿を選びそこで2週間くらいの宿泊を取ると今さっき予定していた通り各自で良さそうな店を探した。
 あ、もちろんペケたちには宿でお留守番してもらっている。
 俺は、美味しそうな匂いがあちこちからする中どれがいいか探していると少し奥に多くの人が集まっていた。
 俺は、少し気になりそこに近寄ってみるとひとつの檻の中に耳の長い8歳くらいの女の子が首輪を付けられて見せ者にされていた。
 耳が長いってことはエルフなんだろうな。檻に入っているということは奴隷ということも分かるな。
 だが、今はまだ売られていないらしく奴隷商人と思わしき人がアピールしている。
 もう見るのはやめよう。
 なんかずっとこれを見ているとまたイライラしそうだ。
 俺が立ち去ろうとする瞬間、一人の男が手を挙げた。
「私がその奴隷を買おう。」
 そう言ったのはすごい着飾っている人だった。多分貴族なんだろうな。
 無事買われたみたいだし俺も早く去るか。
 俺は、すぐにその場を去った。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パトニキ・フォン・アインツベルン

    このあとの展開もおもしろそうだァ

    1
  • ペンギン

    奴隷の女の子なんか、嫌な予感がするから買って欲しかった...けど、お金が足りないかもなぁ〜...
    ピンチになったら...竜斗!絶対に助けて!

    1
  • なあ

    白井推しです(聞いてない)

    2
コメントを書く