クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

39話 依頼

 俺たちは、今この村の冒険者ギルドの前にいた。
 俺は、冒険者ギルドの扉を開くとそこは王都の冒険者ギルドとは違い人があまりいなかった。
 まぁ、この前みたいなことがないからいいか。
 俺たちは、受付まで行き受付嬢にまずシェレールさんとココ、ルルの分の冒険者カードを作るようお願いした。
 そして前みたいに紙をもらい3人に書いてもらう。
「あの柊さん、私って偽名の方がよろしいですよね?」
「あ、ああ、そうだな。さすがに本名は名乗れないからな。」
「では、シェルでいいですか?」
「ああ、いいんじゃないか。いい名前だぞ。」
「では、シェルで登録しますね。皆さんも名前を呼ぶ時は注意してください。」
 シェレールさんは、シェルという偽名で冒険者カードを作った。
 ココやルルも作り終えたようだ。
「それじゃ、早速依頼を受けてみようかな。」
 俺たちは、依頼の貼られているところに行き今日中に終わりそうな依頼を探す。
「あ、柊さん、これって。」
「ん?なんだ?」
 シェレールさんが1枚の紙を指さす。
 え〜と、
 少し前にこの近くのダンジョンが不思議な現象でダンジョンが不安定になりました。その不思議な現象の調査を依頼します。
 と、書かれていた。
 これって前のやつか。
 ははっ、俺ってやばいことしたんじゃね?
 というよりしたよな、確実に。
 俺は、その以来から目を背けほかの依頼を探すことにする。
「あ、竜斗これなんてどう?この場所だったらすぐ近くだから早く終わるわよ。」
「ん?どんなだ?」
 俺は、ユイが指した依頼を見る。

 討伐以来・・・東の森に住んでいるゴブリンを討伐してほしい。最低でも10匹程度。
 報酬・・・銀貨5枚と銅貨6枚

「うん、結構いいな。これにしようか。みんなもそれでいい?」
 みんな縦に首を振る。
 俺は、その依頼を受付嬢のところまで持っていき俺たちは、東の森までいった。
 俺が東の森に着いてからスキル、敵感知を使用したところここからそう離れていないところに30匹ほどの群れがあった。
 30匹か。結構多いな。
 ゴブリンは、1匹の力は弱いけど群れを成すととても厄介だ。
「みんな、近くにゴブリンが30匹ほどの群れがあるから気をつけていくぞ。」
 みんな、俺がゴブリンが30匹の群れと言うと一瞬で顔が強ばった。
 ゴブリンは前の世界で言うゴキブリのようなものらしい。
 ちゃんと俺が守らないとな。
 俺は、そう覚悟を持ってゴブリンがいるほうに歩き出した。
 そしてその場所につくと一見は何も無いごく普通の森だった。
 だが、敵感知を使っている俺からすると隠れているのがバレバレだった。
 だけどみんなは、そのスキルを持っていないのですごい慎重に進んでいた。
 こんど敵感知もみんなにコピーしないとな。
「みんな、止まって。」
 俺がそう言うとみんなピタリと止まった。
「ゴブリンたちはもうあちらこちらに身を潜めているからね。だからここに結界を張るよ。みんなは、この結界の中から魔法でゴブリンたちを倒していって。俺やペケたちで近接戦をするから。」
「分かりました。柊さん、気をつけてくださいね。」
「ああ、分かってるよ。それじゃ、行ってくる。」
 俺は、そう言ってペケやソラ、ミーシャたちと一緒に結界の外に出て身を潜めているゴブリンたちに攻撃した。
 ゴブリンたちは、見つかっていなかったと思っていたらしく急な攻撃にすごい驚いていた。
 だがすぐに切れ変えて俺たちを襲ってきた。
 俺たちは、近接戦でゴブリンたちを倒していく。
 シェレールさんたちは、魔法でゴブリンたちを倒していく。
 戦いを始めて数分後、無傷で俺たちは立っていた。
「結構簡単だったな。」
「私たちも、柊さんが作ってくれたこの結界のおかげでなんの心配もなく戦えたので簡単でした。」
「それね、これがなかったらもう少し動きが硬かったでしょうね。」
「でも、いつかはちゃんと結界なしでも戦えるようにしなくちゃね。」
 みんな、それぞれ今日の戦いの感想を言い合っていた。
 正直みんななら結界なんか必要ないと思ったんだけどな。
「ペケたちもありがとう。みんなのおかげで俺も結構楽になったよ。」
「ガウッ!」
「ワン!」
「ニャー!」
「それじゃこのゴブリンたちをアイテムボックスに入れて帰るか。」
 俺たちは、30匹のゴブリンを各自持っているアイテムボックスに入れた。
 あ、倒したという証拠として鼻は切っておかないといけないらしいから鼻は、切ってアイテムボックスに入れた。
 なんで鼻以外も持って帰るかと言うとその魔物の素材は持ち帰ったら売れるらしいからだ。お金になるなら持って帰らなくちゃね。アイテムボックスって本当に便利だな。
 俺たちは、村に着くと冒険者ギルドへ行きまず受付嬢に報告と証拠の鼻を渡した。
 そして、受付の横にある魔物の素材を売れるところに行きゴブリン30匹を出した。
 さすがにこれは、すごい驚かれたな。
 その分のお金は、銀貨30枚ほどだった。
 たがら今日稼いだお金は、銀貨35枚と銅貨6枚だ。
 結構稼いだな。
 俺は、そのお金をシェレールさんに渡した。
 なんでシェレールさんに渡したかって?
 もちろん俺だとお金の管理が出来ないからだ。その点、シェレールさんはそういうことにとても上手いらしい。
 そういう理由でお金の管理は、シェレールさんに任している。
 まぁ、一応お小遣い程度のお金は、貰ってるけどね。
 俺たちは、もう日が暮れていたのですぐに宿に帰った。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー267627

    ゴブリンの耳を剥ぎ取るのがどの作品でもあるけど、この作品では鼻なんですね!
    剥ぎ取りにくそうなところですね!

    0
  • ペンギン

    毎日ありがとうございます!
    なんか、もうこの更新が毎日の楽しみになってます!w
    これからも、頑張ってください!応援しています!

    1
コメントを書く