クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

35話 手伝い

「んー!久しぶりに体うごさすぜ!」
「もう体の方は大丈夫みたいですね。」
「ああ、1週間俺の面倒見てくれてありがとう、シェレールさん。」
「いいえ、元気になられたなら良かったです。」
 復讐に抱く憎悪を発動してから普通に体が動かせるようになったのは1週間必要だった。
 そして今は、一週間ぶりに体を動かしている。
「体、だいぶ訛ってるかな〜。」
「ふふっ、大丈夫ですよ。柊さんならすぐに元に戻りますから。」
「ま、まずは準備運動からだな。」
 俺は、20分くらいランニングをしてその後に柔軟などをしてから体を動かす。
「さて、まずは剣術からかな。」
 俺は、刀神ヘルメスを取り出す。
 それから俺は数十分間、刀を振り続ける。
「ふぅ、今日の剣術はこれくらいでいいかな。いきなりハードな動きは危ないから。」
「お疲れ様です。はい、タオルです。」
「ああ、ありがとう。」
 シェレールさんは、ずっと俺が刀を振り続けるところを見ていてそれが終わると俺にタオルを渡してくれる。
 本当に優しいな、シェレールさんは。
「次は、魔法の練習するから一緒にする?」
「あ、はい!喜んで!」
 まずは魔力を体の中で巡らせ馴染ませる。
 馴染んできたら的に向かって魔法を放つ。
 その際、前に作った制御のスキルを使って。
「やっぱりすごいですね、柊さんの魔法は。それにちゃんと制御も出てますし。」
「まぁ、制御出来てるのはスキルのおかげだけどな。それにシェレールさんの方が魔法の実力じゃ上だと思うけど。」
 確かに魔法の威力は俺の方が強いがやはり経験の差かシェレールさんの方が戦い方がうまいのだ。
 俺もシェレールさんを目標にしていつも魔法の練習をしてるからな。
 それから数十分間、魔法の練習をした。
「ふぅ、やっぱり体が訛ってるな。前みたいに上手く出来ないな。」
「大丈夫ですよ。すぐに戻りますから。それに今の状態でもすごいんですからね。」
「ははっ、そうだな。あ、そろそろ朝食の時間だから食堂に行くか。」
「あ、はいそうですね。」
 俺たちは、一通り片付けなどをして食堂へと向かった。
 そして向かう途中。
「あ、竜斗!」
「おお、久しぶりだな、二人とも。」
 ユイと白井が並んで歩いているところに遭遇した。
「大丈夫なの?1週間くらいずっと体調崩してたんでしょ?」
「ああ、大丈夫だよ。心配してくれてありがとう。」
「良かった。元気になってるみたいだね。」
「ああ、もうこの通りだ!」
 俺は、そう言って元気そうに振りまう。
 それから俺たちは、4人で食堂へと向かい、朝食を食べた。
「そういえば竜斗は今日から訓練に参加するの?」
「ああ、そうだよ。」
「そうなんだ。でもね、今はダンジョンが立ち入り禁止になってるから訓練場で自主練だけどね。」
「立ち入り禁止?なんで?」
「なんか少し前に地震みたいなことが起きてダンジョン自体が不安定になってるみたいなんだよね。」
 そ、それって。
 俺は、シェレールさんの方を向くとシェレールさんは、黙って頷いた。
 まじか!俺のせいなのか!
「そ、そうなのかぁ。あはは〜」
 俺は、苦笑しながらそう言った。
「それじゃみんな自主練をしてるんだな。どんなことしてんだ?」
「ん〜、私たちは主に魔法の練習かな。」
「ええ、そうね。正直武術とかはよく分からないもの。」
 白井とユイはそう答えた。
「そうなのか。じゃあ俺も今日からそっちに混ざってもいいか?」
「うん、もちろんいいよ!」
「ええ、竜斗と練習した方が力になるもの。」
「それでは、私もご一緒してもよろしいでしょうか?」
「別に大丈夫だよ。でも、みんな魔法上手いからなぁ。私だけなんか置いていかれそう。」
 白井はそう心配そうに言った。
「それならみんなで白井の練習を手伝おうぜ。」
「ええ、いいわよ。」
「はい、ビシバシ鍛えます!」
「みんな、ありがとう!」
 今日の訓練の自主練からみんなで白井を手助けするということが決まった。
 それから朝食を摂って少し休憩してから訓練の時間になったのでみんなで集まって早速白井に魔法の練習を手伝う。
「それじゃ、今、どれくらいの力なのかステータス見せて。」
「分かった。『ステータス』」

 白井 姫乃

 17歳

 人間族

 Lv92

 HP26000

 MP32000

 攻撃力9600

 防御力9800

 俊敏性13000

 知力41000

【称号】
 アステル神の加護を受けし者 大賢者

【魔法】
 火魔法 炎魔法
 水魔法 氷魔法 氷神魔法
 風魔法 
 光魔法 聖霊魔法 

【スキル】
 経験値増量Lv6 言語理解 鑑定Lv5 アイテムボックスLv4 詠唱短縮 MP自動回復Lv6 魔法強化Lv8

「白井さん、だいぶ強くなりましたね。」
「ああ、前に比べるとすごい成長だな。称号も賢者から大賢者になってるし、スキルもいくつか増えてるしな。」
「えへへ、結構頑張ったからね。でも、まだみんなには全然追いついてないや。もっと頑張らないと!」
「ああ、そうだな。魔力量も結構多い方だからまだまだ強くなれるだろう。」
「うん!頑張る!だからみんなもよろしくお願いします!」
 白井はそう言ってみんなに頭を下げた。
 そんなに強くなりたいんだな。
 俺らもちゃんとその姿勢に応えないとな。
「ああ、任せろ!」
「ええ、任せなさい!」
「はい、任せてください!」
 俺たちもやる気満々だ!
「本当にありがとうね。」
「よし、それじゃ、早速始めるか。」
 俺たちは、3人で見るよりも一体一で見た方がいいと思ったので交代で見るようにした。
 最初は、シェレールさんが教えることになりその間俺とユイは、一緒に練習することになった。
「そういえば竜斗と二人っきりになるのって1週間ぶりね。」
「ああ、そうだな。ずっと俺が体調崩していたからな。」
「本当はお見舞いに行こうと思ったんだけどシェレールに止められてね。」
「そうだったんだな。まぁ、そっちの方が良かったよ。風邪を移しちゃ悪かったからね。」
 たぶんシェレールさんが気を利かせて止めてくれたんだろう。
「それじゃ、俺たちも始めるか。」
「ええ、そうね。私ももっと強くなりたいもの。」
 俺たちも魔法の練習を始めた。
 だが、俺たちの練習は対人戦だ。
 俺たちはもう十分に基礎はできてるからな。
 練習を始めてから数十分。
「二人ともー、少し休憩しようーー!!」
 白井とシェレールさんが俺たちのところに来て一旦休憩を取ろうと言ってきたので俺たちも練習中断した。
「はぁ、やっぱり竜斗は強いわね。」
「ユイも前と比べたらだいぶ強くなってるよ。」
 俺とユイは今やっていた対人戦の反省会をしていた。
 そして白井とシェレールさんも今の練習の反省会をしていた。
 休憩を取ってから20分。
「よし!次は俺の番だな!白井、頑張ろうな!」
「うん!よろしくね!」
 次は、俺と白井の番だ。
 俺たちは、練習場まで戻り練習を再開した。
「まずは1発打ってみてくれ。」
「分かった。それじゃ、光の矢よ!」
 シェレールさんは、魔法で光の矢を出し的に向かって放った。
 その光の矢は、完璧に的の中心にあたった。
「うん、いいじゃないか。ちゃんと的に当たってるし。でも、一言言うならもう少し速く矢のスピードを上げれるといいね。」
 俺は、そう言って光の矢を出し的に当てた。
「こんなふうに。」
「は、速すぎるよ!」
「う〜ん、そうかなぁ?白井の魔力なら出来ると思うぞ。それに魔法強化のスキルもあるんだろ?それをうまく使えば今の俺のやつよりも速くなるよ。」
「そうなんだ。出来るならやらなくちゃね。」
「おう!その意気だ!俺もお前の悪いところがあれば注意していくからな。」
 それから白井は、ずっと魔法を打ち続けた。
 俺は、白井の悪いところがある度に止めそこを注意する。
 白井は、注意される度に改善していってどんどん良くなっていった。
 前から白井は、優秀だったからかな。ここでも自分の悪い所をしっかりと見つめて改善している。さすがだな。
「よし、今日はここまででいいだろう。というか今日訓練の時間終わってしまったからな。ははっ、よく頑張ったな。お疲れ様。」
「はぁ、はぁ、ありがとうね、柊くん。ずっと見ていてくれて。」
 白井は、ずっと魔法を打ち続けていたからもう息が上がってるな。
「いいよ、約束したんだからな。それよりも、はい、これタオル。」
「あ、ありがとう。」
 白井は、頬に垂れている汗を俺が渡したタオルで拭った。
「よし、それじゃみんなのところに戻るか。」
「うん!」
 そう言って俺と白井は、シェレールさんとユイのところに戻った。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー261525

    やばすぎ
    体うごさすぜって何?
    制御も出てますしって何?

    体動かすぜと
    制御も出来てますしです。
    1度客観的に見ましょう。

    0
  • ノベルバユーザー258248

    主人公のキャラの性格が変わってる気がする

    1
  • ノベルバユーザー224252

    勇者とか今どうなっているんですか?

    1
コメントを書く