クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

23話 ワイバーン

 ボス部屋の中にいたのは
「グォォォォォォォ!!」
 竜だった。
「うわっ!すっげ!俺、初めて竜を見たよ!かっけぇ!!」
 俺は、初めて見た竜に感動を隠せずにいた。
「この竜は、ワイバーンね!下級竜ではあるけど油断しちゃダメよ。」
「ああ、分かってるよ!」
 俺は、そう言って先制攻撃に出る。
 まずは、剣で戦ってみる。
 だが、俺の剣はあっさりと弾かれてしまった。
「こいつ硬!ワイバーンの体に傷一つはいるどころか俺の剣に傷が入ったよ!?」
「竜は、硬い鱗で覆われてるからそれ相応の武器を使わないと攻撃を与えられないわよ!」
 まじかよ。俺が持ってる武器っていえばこれだけなんだけど。
 ・・・いや、待てよ。
 あるじゃなか!いいスキルが!
 スキル 武器創造
 俺の思い描くのはどんなものにでも攻撃を与えられる刀。
 俺がそう思うと俺の前に淡い光があらわれそれが消えるととても刃が鋭くとても綺麗な刀が現れた。
 スキル 鑑定Lv10
 刀神ヘルメス
 この刀で切断できないものは無い。
 神力を纏っている。
 傷もつかないし壊れることもない。
 あれ?これって神器とか言うやつじゃない?
 だってこれ、神力を纏ってるって書いてあるもん。
 と、その前にあのワイバーンをどうにかしないとな。
 今の間は、ユイが耐えてくれていたらしいな。
「ユイ、お疲れ様。」
「あ!やっと終わったの?結構大変だったんだけど?」
「そうか?なんか全然余裕そうだけど?」
「いいから、早く倒すわよ!」
「分かったよ!よし!行くか!」
 俺は、またワイバーンに近づく。
 ユイは、俺が近づく間に何発か攻撃を与える。
「おりゃあ!」
 俺は、刀神ヘルメスの刃で竜の腕を切断する。
 今さっきとは違ってあっさり切れたな。
「ギャァァァァァァ」
 ワイバーンは、腕を切られた痛みに耐えるかのように叫ぶ。
 そしてワイバーンは、怒り狂ったようで俺に突進してくる。
「竜斗!飛んで!」
 俺は、ユイの指示を頭で理解するより先に体がユイの指示通り動いた。
 そして俺が飛ぶと同時にワイバーンに魔法が当たる。
 魔法が当たってワイバーンが怯んでるところを俺はワイバーンの首に切りかかる。
 そしてこれまた簡単にワイバーンの首が切れた。
 ワイバーンは、声ひとつ出すことなく砂となって消えていった。
「ふぅ、倒したな。」
「そうね。」
 俺は、周りを見渡す。
「お!あそこに宝箱があるぞ!」
 俺は、宝箱のある方に駆けていく。
 ユイも俺について来ているようだ。
「前よりデカイな。」
 前のボス戦、ホワイトウルフを倒した時より大きな宝箱だった。
「何が入ってるんだろ?」
 俺は、宝箱を開けてみる。
 その中には
「ん?色々入ってるけど……これはこんなところに入れて大丈夫なのか!?」
 俺は、それを手に取ってみる。
 それは、とても綺麗な赤色で重量感のある肉だ。
「生肉をここに置くって大丈夫なのか?これ、食えるのかな?」
「竜斗それ!ワイバーンのお肉じゃない!すごい!!」
「美味いのか?」
「もちろんよ!ダンジョンで落ちるのはとってもレアなのよ!」
「でも、この宝箱の中に入ってたんだぞ?食えるのか?」
「大丈夫よ。そのお肉は、腐ったりしないように魔法がかかってるの。だから安心して食べられるのよ。」
「へぇ、じゃあここで食べるか?」
「いいけどでもどうやって?」
 俺は、アイテムボックスからテーブルと椅子を取り出す。
「ねぇ、竜斗。あなたせっかくのアイテムボックスにこんなもの入れてるの?」
「まぁね。正直必要ないかもとか思ったけどほら、こういうところで役立つから。」
「まぁ竜斗がそれでいいんならいいけど。」
「それよりも考えてみたらここってボス部屋だろ?魔物とか湧かないのか?」
「その点は大丈夫よ。ボス部屋は、ボスを倒してからはその倒した本人がこの部屋を出ないと魔物が発生しないようになってるの。」
「へぇ、便利だな。よし!それじゃあ調理するか!と言ってもただ焼いて塩コショウをかけるだけだけどね。あ、俺、まだ魔法の制御できないからユイ頼めるか?」
「ったく、仕方ないわね。はい。」
 ユイは、自分の手のひらから小さな炎を出して肉を焼く。
「もういいかしらね。」
「ああ、そうだな。それじゃあユイは、椅子に座って待っていてくれ。」
「分かったわ。」
 俺は、この大きさじゃ2人では食べきれないと思ったので半分に切った。
 そしてその半分は、アイテムボックスに。もう半分は、俺たちが食べるように切った。
 そして切ったお肉をユイの前に出す。
「はい、どうぞ。」
「わぁ!美味しそう!さぁ、竜斗も一緒に食べよ!」
「ああ、分かってるよ。それじゃあいただきます。」
「いただきます。」
 さて、1口。
「っ!!う、美味い!!すっげぇ!!なんだこれ!?めちゃくちゃ美味いじゃん!ただ塩コショウかけただけなのに!」
「本当に美味しい!私、こんな美味しい物食べたの生まれて初めて!!」
 俺たちは、ワイバーンの肉に感動しながらそれを食べ尽くした。
「はぁ、美味かった。」
「本当にね。最高だったわ。」
 俺たちは、ワイバーンの肉を食べたあとゆっくりとしていた。
 あ、それよりも俺が創ったこの刀。刀神ヘルメスだったな。
「ねぇ、竜斗。その剣、普通のとは違うけどどんなものなの?」
「ああ、これは刀って言ってな前の俺たちの国で使われていた剣みたいなものだ。」
「でもなんかその刀?からただならぬオーラみたいなものを感じるんだけど?」
「ああ、どうにもこれ神器っぽいんだよな。」
「神器!?それ、本当!?」
「ああ、名前も刀神ヘルメスって言うんだ。」
「そ、それって神話に出てくるあの刀神ヘルメス?」
「その神話が何かわからないがまぁとにかく刀神ヘルメスだ。」
「すごい!そんなものどこで手に入れたの!?」
「いや、これ手に入れたんじゃなくて創ったんだ。」
「は!?つ、創ったの!?神器を!?」
「ああ、俺のスキルに武器創造ってのがあるからな。」
「な、何よそのすごそうなスキルは。」
 ユイは、なんかもう疲れ果てた感じだった。
「ははは、まぁいいじゃないか。それよりも下にって言いたいところだがゆっくりし過ぎたな。そろそろ帰るか。」
「あ、ちょっと待って!今ここで転移したらまたここに来た時にボスの魔物と戦わないといけなくなっちゃうから下に降りて転移しよ!」
「ああ、そうだな、分かった。じゃあ降りるか。」
 俺は、出していたテーブルと椅子をアイテムボックスに閉まってユイと一緒に101階層に降りた。
「それじゃあ帰るぞ。」
「うん!」
 スキル 転移
 俺たちは、集合場所まで転移した。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー272287

    コメ欄でちょっと笑った

    1
  • 帆楼

    またつまらぬものを斬ってしまった…。

    2
  • ノベルバユーザー252836

    もう魔王とやら今の段階で倒せそうだけどʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    1
  • 弥生 凛

    なんでも斬れる刀…こんにゃくも斬れるのか…

    2
  • かちまる

    面白い!更新楽しみにしてます!

    2
コメントを書く