クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

20話 少女

 そこには、鎖で拘束されていた少女がいた。
 俺は、その少女の元まで駆けつけて声をかける。
「大丈夫か!?助けに来たぞ!!」
 反応はなかった。
 でも、気配を察知できたってことは、生きてるってことだから、死んではいないだろう。
 俺は、鎖を取ろうと触る。
 ビリっ!!
「痛!!」
 鎖に触ると唐突な電撃が走った。
「ガウ!!」
 魔物は、俺のことを気にしてか不安げに俺の顔を覗く。
「大丈夫、大丈夫。」
 俺のステータスで痛いと感じるんだ。普通の人ならどうなっていたんだろうか。
「だけど鎖を外せないとなるとどうすりゃいいんだ?」
「ガウゥ?」
 魔物も分からないようだ。
 あ!そうだ。
 鑑定Lv10を使ってみようか。
 スキル 鑑定Lv10

 封印の鎖・・・この封印を解くには一定以上の魔力を注がなければならない。

 一定以上の魔力か。
 まぁ俺の魔力なら大丈夫だろ。
 でも、魔力を注ぐとなるとこの鎖に触らないといけない。
 仕方ない!やってやる!!
 俺は、鎖を思いっきり掴んで魔力を注ぐ。
「痛てぇ!!痛てぇ!!!痛てぇ!!!」
 この鎖、時間が経つ度に電撃の強さが増してるぞ!
「クソッタレェェェェェェェ!!!!」
 俺は、全力で魔力を注ぐ。
 パキン!
「はぁはぁはぁ。と、解けた……のか?」
 鎖は、その少女から外れ光の粒子となって消えていった。
 魔力、半分以上取られたな。
「ガウゥ?」
 魔物も不安な様子でその少女に近寄る。
「……ん、……うむぅ……ん!」
 その少女は、目覚めたらしく勢いよく起き上がる。
「大丈夫か?」
 俺は、右手に残る痛みに我慢しながら声をかける。
「あ、あなたが私を助けてくださったのですか?」
「ま、まぁな。」
「っ!!」
 その少女は、いきなり俺に抱きついてきて泣き出す。
「うぅぅ、ありがとうごじゃいましゅ!!!」
 少女は、泣きながら俺にお礼を言ってくる。
「ああ、まずは落ち着いてくれ。」
 俺は、そう言って持っていたハンカチで少女の涙で濡れた顔を拭う。
「うぅ、あ、ありがとうございます。」
「いえいえ、それで話を聞いてもいいかな?」
「あ、はい。その前にもう一度、助けていただき本当にありがとうございます!!」
「別に気にすんなよ。それで、なんでお前は、ここに封印されてたんだ?」
「えっと、ですね。」
 ん?なんか躊躇ってるけどどうかしたのかな?
「どうしたんだ?」
「ふ、封印された理由ですけど……からです。」
「ん?なんだ声が小さくて聞えたかった。」
「……ろんだからです」
「ん?」
「……!!転んでしまって封印の鎖を作動させてしまったからです!!」
「………」
 え?
 転んだ?
「ど、どういうこと!?なんか、人とかにかけられた封印じゃないの?」
「……はい。この部屋に置いてあった封印の鎖の近くで転んでしまってそれで………うぅ。」
 ……あ、あはは。
 結構ドジっ子なんだな。
「あれ?それじゃあの手紙ってどうやって書いたの?」
「あ、あれは、封印が発動してからすぐに分身を作る魔法を使って書いたのです。発動してからすぐは、封印の効果が弱かったので。」
「そうなのか。あ、それじゃこの魔物は?」
「あ、それは私の従魔です。名前は、ペケって言うとの。」
 ペケかぁー。なんかどこにでもいそうだな。
「あ!そういえば自己紹介してなかったね。私は、ユイって名前なの!よろしくね!」
「俺は、柊 竜斗だ。よろしく。」
「なんか、珍しい名前だね。」
「まぁ、異世界から召喚されたからな。」
「異世界から召喚!?それって勇者召喚のこと!?す、すごい!!」
「まぁその話は置いといて。これからどうするんだお前?」
「お前じゃないです!ユイです!」
「あ~はいはい。で、これからどうするんだユイ?」
「ん~、まだ決めてない。私が封印されてから何日だったかさえ分からないからね。」
「そうか。」
 王城に連れて行っても大丈夫だろうか?
 なんか、ユイがすごいキラキラした目で俺を見てくるんだが。
 仕方ない。帰ってシェレールさんに聞いてみるか。
 もしダメなら俺が宿を取ってあげればいいし。
「それじゃ俺に付いてくるか?」
「いいの!?」
「ああ。でも、俺も王城で居候の身だからOK貰えるかわからないけどな。もし貰えなかったら俺が宿を取ってあげるよ。」
「わーい!!ありがとう!竜斗!!」
「っ!」
「ん?どうしたの?」
「いや、名前で呼ばれるのって本当に久しぶりでな。」
 名前で呼ばれたことなんて本当に俺が幼稚園くらいの時くらいだ。
「それじゃ行こうか。」
「うん!」
 だいぶ地下に来たし歩いて帰るのもめんどくさいな。
 よし、あのスキルを試してみるか。
「おい、ユイ、ペケ!」
「ん?なに?」
「ガウ?」
「スキルを使って一気に上にあがるぞ。」
「へぇ、なんのスキル?」
「転移だ。」
「え!?」
「それじゃ使うぞ!」
 スキル 転移
 俺とユイとペケは、一瞬でダンジョンの上の方まで来た。
 さすがに集合場所まで一気に転移するのは気が引けたのでその少し前まで来た。
「ほ、本当に転移しちゃった。」
「ガウゥ」
「ほら、行くぞ。」
「あ、うん!」
「ガウ!!」
 俺たちは、2分くらいで集合場所に着いた。
「お!柊、ようやく来た……か?って誰だ!?その少女!?」
「あーちょっとありましてね。」
「それにその魔物は、フェンリルじゃないか!?柊、危険だ!!」
「へぇ、フェンリルだったんだ。」
「ふふ、すごいでしょ!」
「ガウ!!」
「大丈夫ですよ、このフェンリルはこの少女の従魔ですから。」
「じゅ、従魔だって?フェンリルをか!?」
「はい、そうなんだよな?」
「うん!ペケは、私の従魔だよ!」
「ガウ!!」
「な、何がなんやら。まぁ、詳しいことは馬車で聞くか。みんな今日の訓練は終了だ!帰るぞ!」
 ゲイビスさんの合図でみんなは返事をしてダンジョンから出ていく。
「ひ、柊君?その子はだ、誰なの?」
 みんなが帰っていく中白井は、俺の方へ近づいてきてユイのことを聞いてくる。
「こいつはユイって言うんだ。それとユイの従魔のペケ。ユイ、ペケ、こっちは白井姫乃って名前で俺と一緒の勇者召喚された人だ。」
「そうなんだ。私は、ユイ。よろしく。」
「ガウ」
 ん?なんか、俺の時とは違って冷たいな。
「私は、白井 姫乃。こちらこそよろしく。」
 なんか白井もおかしいな。
「ど、どうしたんだ、みんな?いつもみたいな明るさがないぞ。まぁ、ユイとペケは、いつもって表現はおかしいけどな。」
「竜斗!早く行こうよ!」
 ユイは、そう言って俺の腕を引っ張る。
「りゅ、竜斗!?……私もまだ名前で呼んだことないのに(((ボソ」
「ほらほら行こ!」
「あ、待って!」
 俺は、ユイに引っ張られながらダンジョンを出た。
 白井も俺たちについてくる。
 俺たちは、ゲイビスさんも含めて4人で馬車に乗った。
 ペケは、大きすぎて馬車に入らないので走って俺たちについてくるそうだ。
「………」
「………」
「………」
「………」
 なんかすごい空気が重い。
 そしてこの空気が重い中一番最初に口を開いたのはゲイビスさんだった。
「そ、それでその少女は、どうしたんだ?」
「ああ、えっと、100階層の結構奥に行ったところの部屋でユイが封印の鎖で封印されていたところを俺が助けたんです。」
「は?封印の鎖?あ、あの封印の鎖か!?」
「あの封印の鎖がなんなのか分かりませんが鑑定で調べたところ封印の鎖でした。」
「おいおい、まじかよ。それでその鎖を柊は、解いたのか?」
「はい、魔力を半分くらい取られましたがね。」
「は、半分!?柊、お前あの封印の鎖を魔力半分で解いたのか?」
「えっと、はい。あの、普通はどれくらいで解けるのでしょうか?」
「詳しいことは分からないが俺の聞いた話によると数十人の犠牲を払ってようやく解ける物らしいぞ。」
 ま、まじかよ。
「ま、まぁ、解けたんだしその話は置いておきましょう。それよりも俺は、ユイとペケを王城に住まわせてほしいのですがダメでしょうか?」
「そこは、俺にも分からない。その話は帰ってから聞かないとな。」
「そうですね。」
 ゲイビスさんは、もう聞きたいことはないらしくまた馬車の中を沈黙が襲う。
 そしてそれから10分。
 あれから一言も喋ることなく王城に着いた。
「それじゃ今から俺は、その子をこの城に住まわせてもらえるか聞いてくる。」
「あ、お願いします。俺たちは、ここで待っているので。」
「分かった。」
 ゲイビスさんは、そう返事をすると王城の中に向かった。
 待つこと20分。
「許可が降りたぞ!今からこのメイドにその部屋を案内させる。」
「分かりました。それじゃユイとペケは、このメイドさんについて行って。」
「分かった!」
「ガウ!!」
 1人と1匹は、メイドさんについて行った。
「それじゃ柊君、私はこれで。」
「ああ、白井もお疲れ様!」
 白井も自分の部屋に帰っていった。
 なんだかんだ白井もあの二人が住めるかどうか聞くまでここで待ってくれてたんだよな。
 おっと、それじゃ俺もあそこに行かなくちゃな。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー272287

    ぐっど

    0
  • 毒林檎✲*゚

    ユイさん…一目惚れですかぁ?にしし♪

    あと、転移した直後の会話、会話に入る前に話しかけてきた人の名前出した方がわかりやすいかもですね

    0
  • ペンギン

    チート過ぎて面白いです!w

    1
  • ノベルバユーザー248643

    主人公の魔力半分と犠牲者2、3人で釣り合うものか…?

    1
  • ノベルバユーザー248592

    ちょっとチートにし過ぎなのでは?

    2
コメントを書く