クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

17話 騒動

 今日は、2泊3日のお出かけを終えたシェレールさんと一緒に久しぶりのお茶をしている。
「やっぱりこの時間は落ち着くな。お茶もお菓子も美味しいし。」
「ふふ、私もこの時間が一番好きですよ。柊さんとおしゃべりするのはとても楽しいので。」
 俺とシェレールさんは、この時間を満喫していた。
「あーでもそろそろ時間だな。」
 お茶をしてから1時間が経過していた。
「むー、もうですか。楽しい時間はあっという間ですね。」
 シェレールさんは、少し頬を膨らませていた。
「ああ、全くだな。俺ももうちょっとこのお茶とシェレールさんが作ったこのお菓子を堪能したかったな。」
「私も柊さんともう少しお話かったです。」
「まぁ、でも時間が来たのは仕方ないな。時間を戻せる訳でもないからな。それじゃ今日は、この辺で終わるか。」
「はい、そうですね。」
 そう言って俺とシェレールさんは、お茶のセットとかを片付ける。
「柊さん、明日も楽しみにしてますね。」
「ああ、俺もだ。」
「それでは私はこれで。」
「んじゃな。」
 そう言って俺たちは、別れようとした時。
「誰かぁぁぁぁ!!!たすけてくれぇぇぇぇ!!!」
 どこまでにも響きそうなくらいの大声が耳に届く。
「なんだ!?」
「あっちの方から聞こえました!!」
 スキル 気配察知
 何が起きているだ?
 ん!?
「やばい!ここに魔物がいるぞ!それももの凄い数だ!」
「ど、どうして!?」
「分からねぇ!まずは、行ってみる!シェレールさんは、ここにいてくれ!」
「嫌です!私も行きます!私だってこの国の王女!この国で起きた問題は私の問題と言ってもいいのです!!」
「っ!わかった、だけど危険だと思ったら俺が優先的にお前の身を守るからな!」
「はい!!」
 俺たちは、急いで魔物が多数いる気配の方へと向かった。
 そして、そこに着くと多数の魔物や色々な死体が転がっていた。もちろん人間の死体も数多くある。
「こ、これは。」
「状況確認はあとだ!まずは、この魔物たちをどうにかするぞ!」
「は、はい!」
 俺たちは、急いで魔物たちの対処に取り掛かる。
「ひ、姫様!?なぜこんな所におられるのですか!?」
 俺たちより早く来ていた騎士団の人たちがシェレールさんがここにいることにすごい驚いてシェレールさんを避難させようと声をかける。
「私のことはいいですから黙って今は魔物の対処に専念しなさい!」
「は、はっ!」
 だが、シェレールさんはたった一言で騎士団の人たちを黙らせた。
 さすが王女様だな。
 俺たちが駆けつけて10分。
 だいたい片付いたな。
 スキル 気配察知
 周りに魔物は………いないな。
「ふぅ、終わったぞ!」
「やりましたね、柊さん!」
「ああ、そうだな。」
 俺たちは、この場を収めることが出来たがあまり喜びの感情は湧かなかった。
「俺がもう少し早く気づいていたらもう少し人は、助かっていたのかな?」
「柊さん、あまり自分を責めてはいけませんよ。」
 俺は、目の前に広がる死体の数々を見渡す。
「悪かったな、もう少し早く気づいてさえいれば。」
「柊さん………」
「おーい!助けに来たぞぉ!」
 俺が声のする方にむくとそこにはクラスの奴らが装備を揃えて来ていた。
「なんだ、もう終わったのか。つまらねぇな、せっかく勇者様が駆けつけなってのによ!」
「そうだな、ただの無駄足だったな。」
 な、なんなんだ、こいつら?
 人がいっぱい死んでるってのに……!
「おい!待てよ!」
 俺は、もう帰ろうとするクラスの奴らに声をかける。
「せめて怪我をしている人を運んでくれよ。」
 俺がそう言うとクラスの奴らは、顔を見合わせくすくすと笑っていた。
「嫌だよ、そんなの。だって僕たちこんなに重たい装備をつけているんだよ?」
「そうだよ、こんなもの付けてるのに人なんか運べるわけねぇだろ?考えろよ!だからゴミは、使えねぇんだ。」
 神崎や、その周りにいる人たちが俺にそう言ってくる。
「ひ、柊君、私は、手伝うよ。」
 その中、白井が恐る恐る前に出て来てくれる。
「ああ、ありがとう。でも、白井は、運ぶより手当してあげてくれないか?シェレールさんも。」
「うん、分かった。」
「はい、分かりました。」
 白井とシェレールさんは、そう言ってけが人たちの手当てに行ってくれる。
「んじゃ俺たちは帰るな。」
「なっ!」
 まじかよこいつら。
 本当に何もしないんだな。
 あ、やべぇ。なんか凄いイライラしてきた。
「おい!待てよ!!」
「はぁ、なんだよ、まだなんかあんの?ってかお前ちょっと調子乗りすぎ。」
 クラスの奴らが口を揃えて俺に文句を言ってくる。
「お、お前らなんか、お前らなんか、勇者でもなんでもねぇ!」
「はぁ?何言ってんのこいつ?頭いかれちゃったんじゃないか?」
「僕たちは、ちゃんとここに勇者として呼ばれた勇者だよ、柊。」
 斉藤は、少し前に出て俺にそう告げる。
 斉藤がそう言うとクラスの奴らが「そうだそうだ!」と口を揃えて言う。
「何が勇者だよ!お前らの目的ってんだよ!?」
「魔王を倒してこの世界の人たちを救うことだよ?」
「なら、なんでここで怪我をしている人たちを助けないんだよ?」
「だって魔王にやられたわけじゃないだろ?」
 こ、こいつら!!
「魔王が関係なかったらお前らは、誰も助けないのかよ!人を1人も助けられないお前らが世界を救うなんて無理に決まってるだろ!!!」
「こ、こいつ言わせておけば!」
 斉藤は、我慢の限界が来たらしく件を鞘から抜いて俺に切りかかる。
 俺は、それを自分の剣で弾いて斉藤の首元に剣を当てる。
「なっ!?」
「この前も痛い目見ただろ?そろそろお前と俺の力の差に気づけよ。」
「な、何事ですか!?」
 この場に駆けつけてそう言ったのは、この国の妃、ルーシさんだ。
「何があったんですか!?」
 ルーシさんは、まだ状況整理が出来ていないらしく慌てている。
 そして次に口を開いたのは、斉藤だった。
「た、助けてください!柊が急に襲ってきました!!多分この騒動の統率者は、柊です!!!」
 ………は!?

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 弥生 凛

    魔王と戦う前に全滅しそうな奴らだな

    6
  • しん

    とりあえず齊藤・神崎はポックリ逝かせましょう。
    柊カッコいいです。
    これから頑張って下さい!

    1
  • 40007582

    クラスメイトは大和魂が一切無いのか…

    4
  • ノベルバユーザー201082

    おもしろいです!!いつも楽しみにしてます。

    4
  • ノベルバユーザー187498

    復讐からの憎悪だっけ?発動かな

    0
コメントをもっと見る / 書く