クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

15話 帰宅

「そういえばココ、その羽って見えなくさせることとか出来ないのか?」
 俺たちは、聖堂を出て城へ帰っている途中ずっと気になっていたココの羽について聞いてみた。
「はい、出来ますよ。」
「なら、やってもらえるか。周りから見られてるからな。」
「分かりました。」
 ココは、すぐに了承して羽を見えなくした。
「これって見えなくしただけで羽は、あるのか?」
「はい。ですが、周りのものや人などは、透き通るようになっていますよ。」
「そうなのか。」
 それは良かった。もし、当たるのなら少し注意する必要があるからな。
「あ、シェレールさん。いきなり人が増えても大丈夫ですか?」
「ええ、大丈夫ですよ。それにたぶん今日に召喚した勇者様は、他にもいますでしょうから。」
「そうなんですね、良かった。あ、でも部屋の準備とかいきなり出来ませんよね。」
「私は、柊様とのお部屋でよろしいですよ。」
「そうか、なら……」
「ダメです!!」
「え?」
 みんなの視線が一斉にシェレールさんに向く。
「あ、えっと、その、だ、男女が同じ部屋なんて認められません!!」
「でも、急に部屋の準備とか出来ないよね?一日だけでもいいんじゃないか?」
「だ、ダメです。お部屋ならいつでも住めるようにしているから大丈夫です!!それに……柊さんと一緒の部屋とかずるい((ボソッ」
「ん?最後らへんなんて言ったんだ?」
「い、いえなんでもありません!」
「まぁ、いいか。それよりもすぐに部屋に入れるのか?」
「はい、王城ではいつ誰が来るかわかりませんからいつでも対処できるようにしてあるんです。」
「そうか、なら良かった。」
 本当に良かったよ。正直よく考えてみたら女の子と一緒の部屋とか無理!絶対変な気を起こしそうだ。
「なのでココさん、今日は、用意した部屋で寝てくださいね。」
「はい、分かりました。」
 それから歩くこと10分。
 俺たちは、王城についた。
「ここが柊様とシェレールさんの住んでいるところですか。」
「そうですよ、そして、これからあなたも、住むところですよ。」
 シェレールさんは、そう言いながらミーシャの頭を撫でた。
「それじゃ早速ココさんのお部屋を案内しますね。」
「よろしくお願いします。」
「あ、柊さんは、だめですよ。」
「え?なんで?」
「ココさんは、女性なので女性フロアに行ってもらいます。そこに男性である柊君さんが来るのはだめですよ。」
「確かにそうですね、分かりました。じゃあ俺は、部屋に戻るよ。今日は、楽しかったよ、シェレールさん。案内してくれてありがとう。」
「私も楽しかったですよ。それでは夕食の時に。」
「柊様、お気をつけて。」
 お気をつけてって部屋までなんだけどな。
 それから俺は、みんなと別れ部屋に行った。
 部屋についた俺は、早速ベットにダイブした。
「いや~、今日の疲れが取れるなぁ。まぁ、全然疲れてないけど。」
 今日は、疲れたというよりも楽しかった。こんな楽しいと思ったのいつぶりだろう?
「ははは、ってか女の子とどっか出かけたのもこれが初めてだな。」
 なんか考えてみると俺って異世界に来てからだいぶ変わったな。
 まぁ、悪くなったわけじゃないからいいか。
「でも本当にクラスの奴らに対する恐怖心ってのがどっかいったな。」
 そういえば神崎や斉藤は、このごろ俺に何もしてこなくなったな。
 ちょっとやりすぎたか?
 いや、そんなことないな。今までの仕返しだ。
 今までの仕返し……まだ全然足りない。
 もっとアイツらには、苦しい目にあってもらうぜ。
 ふふふ。
「そのためにも力をつけないとなって思ったけど今どれらい強くなったかな?このごろステータス見てないからわからねぇや。見てみるか。『ステータス』」

 柊 竜斗

 17歳

 人間族

 Lv588

 HP7800000

 MP6700000

 攻撃力7200000

 防御力5400000

 俊敏性6600000

 知力18000000

【称号】
 アステル神の加護を受けし者 人間の域を超えたもの 神々からの祝福 最高神からの恩恵 復讐に抱く憎悪

【魔法】
 火魔法 火炎魔法 炎神魔法
 水魔法 氷魔法 氷神魔法
 風魔法 風神魔法
 闇魔法 黒魔法 暗黒魔法
 光魔法 聖霊魔法 

【スキル】
 身体強化Lv10 無詠唱 HP自動回復Lv10 MP自動回復Lv10 飛行 魔法無効 物理攻撃無効 経験値増量Lv10 言語理解 鑑定Lv10 アイテムボックスLv10 殺気Lv10 武器創造 恐怖心耐性Lv10 転移 夜目 気配察知Lv10 蘇生 未来予知 透明化 気配消息Lv10 隠密

 うん、もう驚かない。
 はぁ、こんなことなら見なけりゃよかったな。
 でも、自分の今の状況を把握するのも大切か。
 たぶんクラスの奴らに対する恐怖心が無くなったのってこの 恐怖心耐性Lv10 のおかげだよな。
 それに称号がひとつ増えてるな。スキルは、めちゃくちゃ増えてくけど。
 称号の効果は、確認しておくか。
 別にスキルを見るのがめんどいって訳じゃないよ?本当だよ?

 復讐に抱く憎悪・・・相手に一定以上の憎悪を抱くと発動する。発動時は、その時のステータスが10倍になる。それと相手の力やスキルを半分奪うことが出来る。(スキルは、ランダム)発動後は、急激な痛みにおわれる。

 うわぁ、怖いわぁ。
 これ、神崎や斉藤にうっかり使わないように注意だな。
「おっとそろそろ夕食の時間だな。」
 俺は、自分のステータスに少し呆れつつ食堂へ向かう。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く