クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

14話 召喚

「ここが聖堂です!」
 市場から10分ほど歩いた所に聖堂があった。
「へぇ、結構大きいな。」
「はい、ここは、この国1番の聖堂なのでとても大きいですよ。」
「確か、ここで悪魔か精霊の召喚できるんですよね?」
「はい、ですが1回だけで召喚出来ない場合もあるんですよ。」
「そうなんですね。」
 召喚出来ない場合もあるのか。
 俺としてはぜひ召喚したいんだけどな。
「そういえばシェレールさんは、召喚したんですが?」
「いえ、私は、まだ時間が無くて出来ていないんですよ。」
「それなら今日やりますか?」
「そうですね、このごろずっと暇が続いているので今のうちにしておきたいですね。」
「それなら早速入りましょうか。」
「はい、そうですね。」
 俺とシェレールさんは、聖堂の中に入っていった。
「あ、あそこの受け付けで召喚の儀式の受付ができるので行きましょう。」
「ああ、分かった。」
 俺は、シェレールさんに言われた通りの受付場所に行った。
「あの、すいません、召喚の儀式を受けたいんですが。」
「はい、それなら1人銅貨5枚で受けられますよ。」
「分かりました。」
 俺は、そう言い銅貨10枚渡した。
「あ、私の分くらいは私が払いますよ!」
「いいからいいから。それですぐに受けれますか?」
「はい、今の時間なら混んでいないのですぐに受けられますよ。」
「それなら今からお願いします。」
「それでは私についてきてください。」
 それから俺とシェレールさんは、受け付けの人について行った。
 そして着いたのは祭壇だった。
「ここで受けられます。」
「分かりました。シェレールさん、先に俺が受けていいかな?」
「もちろんいいですよ。」
「それでは説明致しますね。まずは、この魔方陣に向かって魔力を放出してください。魔力は多い方がより上級の悪魔か精霊が召喚されます。そして、召喚する際に適当でいいので詠唱してください。」
「分かりました。」
 俺は、説明を聞きその説明通り魔法陣に魔力を放出する。
「我の魔力に応じその姿を現せ!」
 俺は、適当に考えた詠唱を言った。
 思ったよりも恥ずかしいな。
 俺が詠唱を終えると魔法陣から煙が出てきた。
 そして、その煙が徐々に消え女の人のような姿が現れた。
「あなたが私を召喚したのですか?」
 その女の人は、少しキラキラしたとても美しい羽をはやしてこちらを見てきた。
 髪は、少し薄がかったクリーム色で青い目がとてもキラキラしていた。身長は、俺より少し低いくらいだな。
「ああ、そうだ。急に召喚して悪かったか?」
「いえ、別に構いませんよ。それよりもご主人様・・・・私に名前をつけてください。」
 ご、ご主人様!?
 確かに呼び出したのは俺だから俺が主になるわけか。
 でも、ご主人様ってのはちょっとな。
「なぁ、ご主人様ってのはって呼び方ちょっとやめて欲しいな。」
「そうですか?なら、なんと呼べばいいのですか?」
「俺の名前は、柊 竜斗だ。みんな柊だから柊って呼んでくれ。」
「分かりました、柊様。」
 やっぱり様付けなのね。
 まぁ、仕方ないか。
「確か名前をつけないといけないんだったか?」
「はい、そうです。」
 う~ん、なんにしようかな?
「………ココってのはどうかな?」
「ココですか?…ココ…ココ、はい!気に入りました!」
 はぁ~良かった~。
 名前とか付けたことないからほとんど適当だけど喜んでもらえたみたいで良かったよ。
「それよりもココは、やっぱり精霊なのか?」
「はい、そうですよ。精霊族の最上位にあたる神級精霊です。」
「「神級精霊!?」」
 え!?なに!?
 シェレールさんと受け付けの人は、ココの位が分かった途端すごい驚き出した。
「どうしたの?」
 俺は、シェレールさんに尋ねてみた。
「神級精霊とは、世界に1人しかいないのです。そんなすごい人を見ているのに平然としてはいられませんよ!」
 へぇ、そうなんだな。
「まぁ、いいじゃないか。強い見方が付いたんだからな。」
「そ、そうですね。」
「ココ、これからよろしくな。」
「はい、こちらこそよろしくお願いします、柊様。」
「それじゃ次は、シェレールさんの番ね。」
「はい、分かりました。」
 シェレールさんは、そう言うと魔法陣に手を伸ばして魔力を放出する。
「我の力に相応しい者よ、我の前に現れたまへ!」
 う~ん、やっぱり恥ずかしいな。
 聞いてるだけでもなんかすごい恥ずかしい。
 でも、シェレールさんとか周りの人は、平然としているしこういう感性を持つのはやはり前の世界だけなんだろうな。
 シェレールさんの詠唱が終わり今さっきのように煙が出た。
 そしてすぐに消えた。
 今回は、人の姿ではないようだ。
「ミャー」
 シェレールさんが召喚したのは、小さな猫のようだった。
 それからシェレールさんは、その猫をミーシャと名付けた。
「これからよろしくね、ミーシャ!」
「ミャー!」
 俺とシェレールさんは、共に精霊族を召喚することに成功した。
 ちなみにミーシャは、上級精霊だった。
 おっとみんなに位の説明をしておこう!
 位がの順序は、上から神級>帝級>超級>上級>下級の順序だ。
「あ、結構長くいちゃったね。そろそろお城に戻ろう。」
 シェレールさんにそう言われ外を見るともう日が傾いていた。
「ああ、そうだな。それじゃ帰るか。」
「「はい!」」
「ミャー!」
 俺たちは、みんなで城に帰って行った。








 中間テストまで1週間を切ったのでそろそろ本格的に勉強したいと思いますので投稿ができない日もありますがご了承ください。
 それと、日刊ランキングで1位!週間ランキングで1位になっていました!!
 これもこの作品を読んでくださる皆様のおかげです!
 本当にありがとうございます!
 これからも頑張りますのでコメントやいいねしてくれるとうれしいです!

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パトニキ・フォン・アインツベルン

    テストも頑張って!!次回も楽しみにしてるズェ...

    4
  • 凛

    味方が見方になってますよ

    0
  • ラノベ大好きサムライ

    テスト頑張ってください!

    1
  • ノベルバユーザー179677

    何故色に帰るのですか?

    0
コメントを書く