クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

13話 街巡り

 今日は、訓練が休みの日。
 久しぶりの休日だ!!
「あー、何しよっかなぁ?」
 まだ街に出たことないし街に出てみるか?
 それとも森に行ってレベル上げでもするか?
 いや~、何もせずごろごろしようかな?
 う~ん、やりたいことがいっぱいあるな!
 でもせっかくだし街に出てみようかな。
 俺は、そう思いすぐに部屋着から着替えて部屋を出る。
「あ、柊さん、今日は訓練が休みですけどどこかに行かれるのですか?」
 俺が部屋から出り少し歩いているとちょうどシェレールさんがいた。
「うん、ちょっと街まで行ってみようかなって。まだ街には行ったことないですからね。」
「そ、そうなんですね。」
 ん?なんだろう。
 シェレールさんが少しモジモジしている。
「あ、あのですね、柊さんさえ良ければ私が案内してもよろしいでしょうか?」
「え!いいの!助かるよ!」
「ついて行ってもいいのですか?」
「ああ、もちろん!!」
 俺がそう言うとシェレールさんは、満面の笑みを見せた。
「なら、すぐに着替えますので待っていてください!」
「ああ、わかった。いつもの場所で待ってるよ。」
「はい!分かりました!!」
 シェレールさんはそこまで言うと小走りで自室まで戻って行った。
 さて、いつもの場所まで行きますかね。
 俺は、ゆっくりと歩いていった。
 俺がいつもの場所に着いてから30分後。
「ご、ごめんなさい!待たせてしまって!!」
 シェレールさんは、少し息を切らせながら走ってきた。
「だ、大丈夫だよ。別にそんなに気にしてないから。」
「ほ、本当にごめんなさい!」
「だからいいって。それよりもその服すごい似合ってるよ!」
「ほ、本当ですか!?……時間をかけて選んだかいがありました((ボソッ」
「ん?何か言った?」
 最後の方に何か言っていたみたいだけど声が小さくてよく聞き取れなかったな。
「な、なんでもありません!それよりも早く行きましょう!!」
「ああ、分かったよ。それじゃ行こうか。」
「はい!」
 俺とシェレールさんは、二人並んで歩いていく。
「それじゃまずはどこに案内してくれるんだ?っと言うよりも今更だけど護衛なしでいいの?」
「はい、何回か1人で出歩いたこともありますから大丈夫ですよ。」
「そ、そうなんだ。」
 それってこっそりと抜け出した感じなのかな?
「別に抜け出したわけじゃありませんよ。ちゃんと許可を取ってました。」
「心読まれた!?」
「ふふふ、なんかそんなこと思っているのかなぁって思って。」
「なんかあれだな、心が通じあってるみたいだな。」
「っ!!」
 俺がそう言うとシェレールさんの顔が一気に赤くなった。
「は、はうぅ~。」
 どうしたんだろうか。俺があんなこと言って怒ったのかな?
「シェレールさんいきなりあんなこと言ってごめんな、許してくれ!」
 俺は、そう言って頭を下げた。
「へぇ?ち、違いますよ!怒ってなんかいません!」
「そ、そうなのか?」
「はい、怒っていません。それよりも最初に案内するところは、1番活気が盛んな市場です!」
「へぇ、市場か。どんなとこだろう?」
「行ってみればわかりますよ。」
「よし、それじゃ早速行こうぜ!」
 それから俺とシェレールさんは、10分ほど歩き市場と思わしき場所についた。
「ここがさっき言っていた市場です。」
 市場は、とても広い場所にいくつもの出店で出来ていた。
「へぇ、確かにすごい賑わっているな。」
「はい、ここが1番王都で活気があるところなんです!」
 シェレールさんは、少し誇らしげに言う。
「じゃあ少し見て回るか?」
「はい!」
 そこから俺たちは出店を見て回る。
「お、いい匂いがするな。」
「多分それは、あのビックボアーの串焼きですね。とても美味しいですよ。」
「へぇ、そうなのか。買ってみようかな。」
 俺は、その出店に行き串焼きを2つ頼んだ。
 そして、出来上がった串焼きを受け取り1つをシェレールさんに渡す。
「はい、これ。」
「え!?別にいいですよ!」
「あ、もしかしてお腹すいてない?」
「いや、まぁ少しはすいているんですけど、奢ってもらうなんて。」
「いいからいいから。街案内のお礼ってことで。」
「そ、そういうことなら、ありがとうございます。」
 シェレールさんは、そう言って渋々串焼きを受け取った。
 それでは1口。
「ん!?美味い!これ、すごい美味いよ!!」
「そうですね、すごい美味しいですね。」
 この串焼き、噛むたんびに肉汁が溢れ出てきてすっごい美味い!
「はぁ、美味しかった。」
 その串焼は、あまりの美味しさに一瞬で食べ終わってしまった。
「それじゃそろそろ次の場所に行きましょうか。」
「ああ、そうだな、頼むよ。」
「はい!」
「次は、聖堂に行ってみましょうか。」
「聖堂?」
「はい、そこでは1回だけ悪魔か精霊の召喚ができるんですよ。」
「そうなのか。」
 へぇ、悪魔か精霊の召喚か。
 楽しみだな。
「それじゃ行きましょうか。」
「うん!」
 それから俺とシェレールさんは、聖堂に向かって歩き出した。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー271091

    ほんと最高です笑
    まだ13話までしか読んでないですけど、僕の好きな内容でとても読みやすいです!

    1
  • 味噌ラーメン

    面白い!どんどん読み進めたくなります!

    1
  • ユーノ

    聖堂で精霊のはともかく悪魔召喚を認めてるって・・・
    自分の思い描いている聖堂の役割とこの作品での役割は違うのかな???
    それなら納得

    0
  • けん玉マスター

    日間1位おめでとうございます。
    どちらの小説も楽しく読ませてもらってます!

    3
コメントを書く