クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

8話 馬鹿げたレベルアップ!?

 柊 竜斗

 17歳

 人間族

 Lv37

 HP32000

 MP84500

 攻撃力44000

 防御力38000

 俊敏性52000

 知力100000

【称号】
 アステル神の加護を受けし者 人間の域を超えたもの 神々からの祝福 最高神からの恩恵

【魔法】
 火魔法 火炎魔法 炎神魔法
 水魔法 氷魔法 氷神魔法
 風魔法 風神魔法
 闇魔法 黒魔法 暗黒魔法
 光魔法 聖霊魔法 

【スキル】
 身体強化Lv10 無詠唱 HP自動回復Lv10 MP自動回復Lv10 飛行 魔法無効 物理攻撃無効 経験値増量Lv10 言語理解 鑑定Lv10 アイテムボックスLv10 殺気Lv10 武器創造 

 れ、レベルが37も増えてる!?
 今日倒した魔物って2、3匹程度だよな。
 しかも超弱い雑魚魔物。
 なんで、こんなに上がってるの!?
 あ!そうか。経験値増量Lv10と最高神からの恩恵でのレベルアップ時に必要な経験値が100分の1になるの効果か!ん?待てよ、アステル神の加護を受けている者の効果で10分の1もあるからえ~と、ん?1000分の1!?やばくね!?
 それに多分こんなにステータスが上がってるのって神々からの祝福でステータス補正がかかってるからだよな。
 う~ん、これはやばいな。
 ますます力の制御に苦難しそうだ。
 スキルの数も増えてるし。

 殺気・・・相手を硬直させる。ステータス差によっては、死に貶める場合もある。

 うわ!これ危険だわ!俺のステータスだったら大抵の人は死にそうだわ。気をつけよう。
 次は、

 武器創造・・・自分の思い描いた武器がなんの制限もなく作り出される。

 なんの制限もなくってやばくね!武器作りたい放題じゃん!
 でも、この力もバレたら面倒だよな。
 ん~、どうしよか。
 まぁ、どうにかなるよな!
 俺は、そう思いながら風呂から上がり部屋のベットでゴロゴロしようと思ったが無駄に時間を過ごすのは悪いから部屋から出て散歩をすることにした。
 このごろクラスメイトのヤツらに結構怯えなくなったな。みんなよりも強い力を持ったからかな?まぁいいか。
 俺は、ゆっくり歩く。
 そして俺は、無意識でいつも、シェレールさんとお茶をしているところに来ていた。
 目の前には数多くの花が咲いてあり、そして、紅茶のいい匂いが俺の鼻に入ってくる。
「あ!」
 匂いの方を見るとそこにはやはりシェレールさんがいた。
「柊さん、帰ってたんですね!良かったぁ!」
「あれ?結構前に帰ってきたんですけど聞いてませんでしたか?」
「あ、はい。それが、あの、柊さんの帰りを城の中で待っていたんですが、ずっと心の中がモヤモヤしていたのでここでずっと紅茶を飲んで心を落ち着かせていたんです。」
「心配してくださってありがとうございました。みんな無事に帰ってきましたよ。」
「良かったです!お帰りなさい!」
「ただいま!一緒にお茶してもいい?」
「はい、もちろん!今用意しますね!」
 それから俺は、シェレールさんと一緒にお茶をした。
 うん!いつ飲んでも美味しいな!
 それから1時間ほど話してから俺たちは、別れた。
 よし、散歩を続けようかな、と思ったがそろそろ夕食の時間なので食堂へと向かった。
 だが、行く途中に神崎たちに呼び止められた。
「おい、待てよ。」
 はぁ、めんどくせぇな。
「なんだよ。」
「お前、このごろ調子乗ってないか?前まであんなに臆病だったのによ。」
「そうだぞ!調子乗った罰としてちょっと殴らせろ。」
 うわ!来た理不尽!
「やだよ、なんでお前らなんかに殴られなきゃいけないんだよ。」
「こ、この野郎!」
 神崎は、俺の胸ぐらを掴んできた。
「やめろよ、服が伸びるだろ。」
 俺は、胸ぐらを掴んでいる神崎の腕をとり、無理やり服を離させ神崎ごと放り投げた。
「がはっ!」
 神崎は、目を回していた。
「おい!大丈夫か!?」
「てめぇ、何しやがるんだ!」
「暴力なんて最低だぞ!」
 こ、こいつらは何を言っているんだ?先にしかけたのはお前らだしいつも俺に暴力を振っていたのもお前らじゃないか。
 俺は、こんなバカな奴らにいつもいつも怯えていたのか。
 はぁ、前の俺が恥ずかしい。
 俺は、馬鹿どもを無視して食堂へ向かう。
「おい!どこに行ってんだよ!」
 だが、何人かが俺の前に立ちふさがる。
「じゃまだ、退け。」
 俺は、もうめんどくさくなり殺気のスキルを使った。もちろんLv1くらいの強さでね。
「ひぃ!」
「っ!」
 立ちふざがる奴らは、みんな硬直して動けなくなった。
 俺は、そんな奴らの横を通り過ぎて食堂へと向かった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • TEN

    イキリト

    0
  • りんふー

    スカッ…て感じもするけどイキって来てなi((ナンデモナイデス

    0
  • ノベルバユーザー217491

    イキリトみたいに見えてきた私は穢れているのだろうか(五時はホモ)

    0
  • 真砂土

    かっこえええ「邪魔だ退け」これかっこいいイイ

    3
  • ノベルバユーザー239382

    面白い

    3
コメントをもっと見る / 書く