クラス転移で俺だけずば抜けチート!?

白狼

6話 体術訓練

 異世界に来てから1週間経った。
 これまでの訓練は、シェレールさんと2人で魔法の訓練だった。だが、今日からはみんなと一緒に体術の訓練だ。
 正直とても憂鬱だ。
 あんな奴らと訓練するなんて本当に嫌なんだけど。てかもういっそ顔すら見たくないんだけど。
 これまでは、シェレールさんと二人っきりだったので全然苦じゃなかった。
 はぁ、今週は、ずっと体術の訓練らしいからずっとあいつらと一緒じゃないか。
 サボりたいな、ガチで。
 という思いを抱きながら俺は、朝の魔法の特訓をしていた。
 朝の魔法の特訓は、毎日行っている。
 俺は、こういう毎日の積み重ねがいつか報われるということを知っているから。
 自分がした事は必ず自分に返ってくる。それは、いいことも悪いこともだ。
「ふぅ、今日は、これくらいでいいかな。」
 俺は、一区切り着いたところで息を吐く。
「ふふ、今日もお疲れ様です。」
「ああ、シェレールさんか、今日も見ていたんですか?いつも飽きないですね。」
 シェレールさんは、毎日俺の朝の特訓を見ている。
「飽きませんよ。だって、柊さんが頑張っているところを見ると私も頑張ろうって思うんですから。本当は、私も一緒に特訓したいんですけど私の立場上簡単にそういうことは、出来ませんからね。」
「まぁ、王女ですもんね。今日からは体術の特訓になってシェレールさんとの特訓が無くなっちゃうからなおさら一緒に出来ませんね。」
「そうですね、あなたとの訓練は、毎日の楽しみでしたから残念です。」
「俺も楽しかったので残念です。」
「それに柊さんは、クラスメイトの人たちとは、あまり仲が良くないのですよね?」
「あまりと言うよりだいぶですね。」
「もし、辛いこととかあったらいつでも私に相談してくださいね。」
「ありがとうございます、本当に辛くなったら頼りますね。」
「ええ、頑張ってくださいね。」
「はい。」
 そう言って俺は、シェレールさんと別れ自室に戻った。
 それから朝食を食べて1時間ほど休憩してから体術の訓練をするためにとても広い広場に来た。
「よし!みんな揃ったな!俺がこれからお前らに体術を教えることになった騎士団長のゲイビスだ!よろしく頼むぞ!」
「「「よろしくお願いします!!」」」
「それじゃ早速お前らがどれくらいできるのか俺と組手を一人一人してもらう。お前ら、全力で来いよ!怪我しても知らんからな!」
「え!?いきなりゲイビスさんと戦うんですか?」
 そう質問するのは、クラスのリーダー斉藤だ。
「ああ、それが一番早くお前らの実力がわかるからな。もちろん俺は、手加減するぞ。」
「それじゃ、僕からいかせてもらいます!」
 斉藤が1歩前に出る。
「よし!来い!」
 それから斎藤は、全力で殴りにかかった。って、遅くね!?なんか、止まって見えるんだけど!?
 ははは、これもあの馬鹿げたステータスのせいなのかな?
 ゲイビスさんは、斉藤のパンチを全部軽く受け流し、最終的には斉藤の息が切れゲイビスさんは、終了の合図をだす。
「よし!斉藤の強さはだいたいわかった。さぁどんどん来い!」
 それからみんなゲイビスさんと1対1で戦った。
「最後はお前だ、柊!」
「はい。」
 俺は、ゲイビスさんの前に立つ。
 周りからは、馬鹿にしたような笑い声も聞こえる。
「柊君、頑張って!」
 白井からの応援。
 まぁ、嬉しいけど周りの目も気にしてほしいな。
「さぁ、どっからでもかかってこい!」
 本気で戦うと俺の異常なステータスがバレるかもしれないから少し手加減をする。
 でも、下手に手加減すると騎士団長だからバレるかもしれないな。上手くできるかな。
 そう思いながら俺は、6割くらいの力を出してゲイビスさんに詰め寄る。
「っ!」
 ゲイビスさんは、俺の速さに驚きを隠せないでいた。
 え!?6割なんだけど?
 俺は、そこからパンチや蹴りを繰り出す。
 ゲイビスさんは、それを受け続けるが、
「っく!ちっ!」
 今まで防御だけだったが俺に攻撃をしてしまった。
 俺は、その衝撃で数メートル先に飛ばされた。
 あれ?でも、全然痛くないぞ?
「わ、悪い!つい攻撃してしまった。大丈夫か?」
「え?ええ、大丈夫ですよ。」
「まじかよ、結構本気で殴ったんだけどな。」
 あれくらいの攻撃だったらいくら受けてもダメージにはならないだろ。
「それにしてもお前すごい強いな。このクラスで1番なんじゃないか?」
「あはは、そうですかね?」
「柊君!大丈夫!?」
 俺とゲイビスさんが話しているところに白井が俺を心配して駆け寄ってきてくれた。
「ああ、大丈夫だぞ。」
「良かった。それよりも凄かったよ!柊君の戦い!とってもかっこよかった!」
「あはは、そうかな?」
 俺は、照れるのを誤魔化すためにわざと作り笑いをする。
「よし!今日の特訓はここまでだ!明日も訓練はあるからしっかり休むように!」
 それで、今日の体術の訓練は終わった。

「クラス転移で俺だけずば抜けチート!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー147334

    ここまで読んで分かったことだが、他者からの描写が圧倒的に足りない。

    7
コメントを書く