SF

更新日:

SCP版 エンジェル・オーバードーズ

連載中:74話

作者:奏せいや

  • お気に入り

    29

  • いいね

    11

  • コメント

    0

あらすじ

  高校生の白河守人は政府が秘密裏に開発していた次世代兵器を手に入れてしまう。それにより彼は各国の思惑やSCP財団の陰謀に巻き込まれていく。
  世界の裏側で進行する計画。
  新たな時代を創成する戦い。
  守人は次世代兵器、G4となって戦場を駆け巡る。
 
 ーー現実世界を空想で補完するSFヒーロー作品!
 
  アザゼル編
 
  日本の防衛省特異戦力対策室では銃の次なる武器となる次世代兵器の開発を行っていた。
 
  しかし、その試作品に聖遺物が使用されているという情報を得た聖法教会は先遣として鹿目麗華を向かわせる。
 
  しかし施設はすでにSCP財団と呼ばれる教会と同じく超常現象を扱う組織の襲撃を受けていた。
 
  麗華は奪われた次世代兵器を奪取しようとするが試作品は紛失してしまう。
 
  その頃、高校生の白河守人は幼なじみの瑞希と高校生活を送っていた。しかしその彼女がSCP財団の職員に襲われてしまう。
 
  守人は職員が持っていた次世代兵器を使い彼を倒すが、それにより特異戦力対策室と聖法教会からも狙われる逃亡者となってしまった。
 
  二つの組織に狙われながら、守人は彼を保護しようとする麗華とともに次世代兵器を使い戦っていく。
 
 
  ISIS編
 
  佐宝事件から四年後。白河守人は二十歳となり特異戦力対策室のG4として訓練と実験の日々を過ごしていた。
 
  そんな中東京駅で爆破テロが発生しテロ組織ISISの犯行だと判明する。特戦はG4の実践テストのため守人をイラクに派遣する。
 
  そこでテロ組織と戦う守人だったが、そこには自分だけでなく他国のG4、さらには危険なSCPまでも活動していた。
 
  なぜSCPが暴れているのか、他国から集まる何人ものG4たちはなんなのか。この地で行われる計画に守人は巻き込まれていく。そこには国家とSCP財団の陰謀があった。
 
 
 
 
  
 
 * 本作品はSCP  Foundation(http://www.scp-wiki.net/)を基にした二次作品です。
  SCP Foundation 非公式日本語訳wiki(http://scpjapan.wiki.fc2.com/)
  この作品はクリエイティブ・コモンズ表示―継承3.0ライセンスの下で利用可能です。
 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/deed.ja)。
 
 *本作はSCP  Foundationを知らなくても楽しめる内容となっています。

全文表示

エピソード一覧

「SCP版 エンジェル・オーバードーズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品