観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

クトゥルー3

 いじめられていた時、私はなにもしなかった。でも、出来なかったんじゃない。なにも、自分からしようと思わなかっただけだ。

 諦めていたんだ、私は。たった一人で怯えて、黒い世界に、閉じこもっていただけだったんだ!

 でも、今は違う。私は違う。昔と変わらず無力なままでも。

 それでも、私は!

「私は、諦めない!」 

 なにも出来ないからこそ、私は諦めない。逃げることと諦めないこと。それだけが、私に出来ることなんだから。

「捕まえてみなさい! 私はお前なんかに掴まったりしない。私は、諦めたりなんか、しないんだからね!」

 私は、行動した。

 走った。身体を反転させ廊下に足を叩き付ける。動けないと思っていた体は動いてる。恐怖に体も心も屈していない。

 腕を振って、スカートの裾を翻して、私は逃れるために、廊下を全力で走り出した。

 背後にはメモリーの気配を感じる。だけど、怖くない、怖くない。私は怖くない。

 足が震えても、奥歯ががちがちと震えても、気づけば頬を涙が伝っていても。

「うっ、うう、うっ」

 怖くない、怖くない、怖くない。怖くなんか。

「私は、怖くなんか、ないものッ……!」

 嗚咽に震える声で、私は叫んだ。

「オオオオオン」

 メモリーの絶叫とも言える大声が恐怖を刺激する。ドドド、と地鳴りを鳴らし猛然と駆け寄ってくる。すぐに追いつかれる。

 私はすぐに階段に駆け込んだ。あの巨体ではそうそう上り下りは出来ないはず。

 私は階段前まで走り、下を目指して地面を蹴った。身体が宙を浮いて前に出る。同時に、メモリーの触手が私の頭上をかすめた。

 あぶない。ひやりと心を撫でるがなんとか踊り場に着地して、すぐに走り出した。メモリーはゆっくりながらも降りてきている、急がないと!

 一階を目指して私は走る。校舎の中では逃げ場が限られてる。まずは校舎の外に出よう。そう考え階段を降りていく。螺旋の半分を走り抜け、私は階段を下り終えた。

「え?」

 しかし、階段を下り終えたそこは、二階だった。まだ階段には続きがある。あれ。もしかしたら私がいたのは二階じゃなくて三階だった?

 考えていても仕方がない。私は階段を下りる。急げ急げと自分を急かして。そして階段を下り終えた、が。

「え!?」 

 そこは、二階のままだった。私はまだまだ続く階段を降りていく。なにこれ、なにこれ、なにこれ、なにこれ、どうして終わりがないの!?

 いくら階段を下りてもいっこうに一階に辿り着けない。私は一度立ち止まり廊下から窓を見てみた。ここはいったい何階なのか。

 しかし、そこから見えたのは二階と同じ景色だった。階段を下りているはずなのに、変わってない。

「どうなってるのよ!?」

 あり得ない現象に戸惑うが、私は階段を下りるのを諦めた。こうなったら廊下を走るしかない。そう意を決め廊下に出る。が、

「うそ!」

 目の前の廊下は、百メートルほども続いていた。遠近法で一番奥の教室がかすみ小さく見える。当然だがこの学校はこんなにも大きくない。三つのクラスが並ぶだけのはずなのに。

 空間が歪んでいる。けれどそれもそのはずだ、ここは黒い世界。夢と同じく、この場所は異界なんだ。常識は通じない。

 私は走った。もたもたしていられない。今もメモリーが追ってきている!

 廊下を半分ほど走る。足の裏から伝わる確かな感触。走っているという実感がある。けれどトリックアートのような道に本当に近づいているのか不安になってくる。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く