観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

クトゥルー2

 この恐怖に耐える術など人にあるはずがない。だからこれは運。正気を保っていられるか、それは運命によって決められると言っても過言ではない。

 私が正気を保っていられるか。今、運命がサイコロを投げる。

 私は、

 私は、

 私は、

 私は、

 私は、

 ――私は、駄目。私はこれに、耐えられない。

「いやああああああ!」

 絶叫した。あれほど喉を通らなかった声が出る。けれどそれは悲鳴だった。感情が剥き出しの、声とも音とも区別しがたいそれ。

 恐怖が全身に充ちる。喉元まで来ていたのがついに頭まで沈め口を塞ぐ。息ができない、溺れる! 私は暴れた、もがいた。水中から出るために。ここから出るために。でも出れない。

 私は両手に力を入れた。思いっきり締め付け離さない。なに? 私はいまなにを締め付けてるの? 

 分からない。ただ息が苦しい。私はこの苦しみから逃れる一心で両手に力を入れていく。

 早く、早く、もっともっと力を。なのに、ますます苦しみが増えていく。それがさらに私を追い込み混乱を加速させていく。パニックだった。

 意識が、霞む。身体が前に傾く。重力に引かれて、私はそのまま、――倒れる。

『必ず助けに行く。それまで走れ! 俺が助けに来るのを信じて、今は逃げろ!』

 瞬間だった。もう恐怖を感じることもない、廃人のような私の頭に浮かんだ言葉があった。地面がみるみると私に近づく、刹那。脳裏を過る、彼の声。

「あ」

 私の目に、光が灯る。半壊された精神に辛うじて残されていた意思が、私の意識を繋ぎ止める。

 そうだ、私はホワイトに言われたんだ。逃げろと。信じろと。なら私は彼を信じて逃げなくてはならない。必ず助けに来ると、彼は言ってくれたのだから。

 すぐ近くには未だメモリー、私に恐怖を与える怪物がいる。これには絶対に勝てない。メタテレパシーは根源的な恐怖を与えてくる。私は恐怖に呑まれて死ぬだけだ。

 でも、そんなことは許されない。

 ここで私の精神が削られて死ぬことが、さながらTRPGのように決められていたとしても。それがルールで、運命だとしても。

 私はまだやれる。私の精神が尽きようと。

 そんなことは、許されない。なら――
 
 やり直しだ。

 運命なんて、

 覆してやる!

 この恐怖に耐える術など人にあるはずがない。だからこれは運。正気を保っていられるか、それは運命によって決められると言っても過言ではない。

 私が正気を保っていられるか。今、運命がサイコロを投げる。

 私は、

 私は、

 私は、

 私は、

 私は、

 ――私は、大丈夫。まだ大丈夫。

 私は一歩を踏み出し、倒れかける体を支えた。そして、眼前にいるメモリーを見上げる。

 いじめられていた時、私はなにも出来なかった。それは今もそう。私は戦えない、そんな力はない。一人では、なにも出来ないままだ。

「こ、怖くなんかない! お前なんか、こ、こ、怖いもんか!」

 体は震えていた。声も上手く出せない。

「そうよ! 私は無力な小娘よ。お前を倒すことなんか出来ない」

 今にも気を失いそうなほど、胸が締め付けられる。

「だけど、だけど、私にだって出来ることがあるわ!」

 たとえ無力でも。敵を倒せないとしても。

 いじめられていた記憶の敵に、私は言う。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く