観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

ありがとう

 ホワイト。見上げる彼はいつも無愛想で冷たくて。何を考えているのか分からない。なのに彼は私を守ってくれる、本当は優しい人。

「どうして、助けに来てくれたの?」

 私は彼になにもしていない。それどころか、私は彼にひどいことを言ってしまった。せっかく助けに来てくれたのに、彼のことを考えず。そんなの誰だって嫌なはずなのに。なのに。

「助けに来てくれたあなたに、私はひどいこと言ったのに。なのに……」

 私は嫌な人間だ。それが自分でも分かる。彼を傷つけるなんて、私にそんな資格ないのに。

「なんで? どうして? どうしてあなたは私を助けてくれるの?」

 私は彼に嫌われても仕方がない。そんな私を、けれど助けてくれるあなたのあり方に、私は泣きそうだった。

 彼に泣いてる顔なんて見られたくなくて、私はホワイトの服を掴んで額を当てた。

「答えてよ、どうして私を助けてくれるのか。そりゃ、……私は可愛いけど、でもあなたになにもしてない。助けてもらう理由なんて、なんにもない! 私は……」

 あなたに助けてもらうばかりで、何も出来なくて、ひどいこともして。なのに私は、

「あなたに、何も、してあげられない……」

 服を掴む両手に力が入る。

「知りたいか」

 そこで、彼が口を開いた。

「当然よ」

「……何故だ」

「だって」

 私は言う。彼に聞きたいこと、それを。ずっとずっと、胸にあったもやもやを。

「私はあなたに感謝したいのよ! でも理由が分からないんじゃ、素直に出来ないじゃない。あなたに本当の気持ちで言えない。こんなにも、あなたは私を助けてくれるのに、私は、あなたのことを知らないのよ? 何ひとつッ」

 それが悔しくて、私の瞼の裏から涙が落ちる。我慢しようとしても、目の端から零れてしまう。

「アリス」

「え」

 すると、ホワイトの両腕が優しく私の背中に回された。そしてそっと抱き寄せられて、私とホワイトは触れ合った。

 廊下に伸びる二人の影が重なる。私は彼の胸に顔を覆われ何も見えない。でも、彼を一番近くで感じていた。

「泣くな、お前が泣くところは見たくない。ワンダーランドに雨が降る」

 彼の声は温かった。声だけじゃない、私を抱き締める両腕も。

「俺はな、アリス。お前が生まれるのと同時に生まれたんだ。守るために」

「同時に?」

「ああ」

 彼は独白のように語る。彼の告白はどこか儚くて、触れたら消えてしまう粉雪のよう。けれど私の胸に舞い降り積もっていく、そこに込められている、あなたの気持ちをちゃんと感じてる。

 彼が、話してくれた。あんなに聞いても答えてくれなかったのに。

「俺は――」

 どうして私を守ってくれるのか。その問いに、ようやくあなたは答えてくれた。

「お前の、防衛本能だ」

 その時の、ホワイトの顔を見ることは出来なかった。いったいどんな気持ちで私に告げているのか、今何を考えているのかは、やはり分からない。

 でも、声からはちゃんと伝わってくる。

「知識でもない。心でもない。本能、無意識世界の住人だ。お前を守るために、俺は生まれてきたんだ」

 そこに込められた、あなたの決意。私の胸に届いてる。

 失われた記憶が怪物となって実体化する意識世界なら、他のものが実体化してもおかしくない。
  
 知識も、心も、本能も。そして彼は知識でも心でもなかった。防衛本能が実体化した人。

 だから私を守ってくれる。彼は、私を守ろうとする本能そのものだったんだ。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く