観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

登場

 混乱する私を見つめ、久遠の瞳に涙が浮かび始める。薄暗い中で光る一滴が、久遠の頬を流れ落ちた。

「ごめんなさい……」

「久遠!?」

「あ、あああああ!」

 途端、久遠の悲鳴が玄関に広がった。身を捻らせ激痛にもがいている。私は急いで駆け寄ろうとするが、さらに異変が起こった。

 玄関の扉が独りでにバタンと閉まる。さらには窓から差し込む日差しがなくなり、空が暗黒に包まれる。校庭も影に覆われ漆黒と化した。そして、

『助け、て。ザッ、ザー……、タス――ザッ――ケ、テ……』

「そんな!」

 久遠の悲鳴に混じって小女の声が聞こえ始める。黒い世界の出現。よりにもよってこのタイミングで?

「久遠!」

 久遠は今も苦しんでいる。私は止まっていた足を動かし久遠に近づく。しかし、そんな私を強い目つきで久遠が見てきた。

「近づいては駄目です!」

「でも!」

 制止を求める久遠の叫び声。その瞬間、久遠の悲鳴が一段と高くなった。

 久遠が体を丸める。リボンが解け白い髪を振り乱し、体を抱きしめて、

「ああああああああああ!」

 最も大きな久遠の悲鳴を最後に、一瞬で、体が、――潰れた。

「えっ」

 全身がビー玉ほどの大きさにまで縮まり空間に浮遊している。私はあまりの驚愕に声がひきつり、何も言えなかった。

 すると縮んだ久遠の体、そこから腕と足が生え出した。みるみると体を作り、膨らんでいく。最後に顔が現れ、廊下に立った。

「そんな……」

 そこに現れた人物。それを目にした瞬間、驚愕は衝撃となって私を襲った。

 何故なら。それは、それは、その正体は。

「やあ、ご機嫌ようアリス。ワンダーランドの入り口へようこそ」

「白、うさぎ……!」

 そこにいたのは、悪夢の最後に必ず現れる、あの白うさぎだった。外見は小学生ほどの男の子。黒のタキシードにシルクハットを被り、うさぎの耳と足をしている。

 帽子に片手を当ててお辞儀をした後、笑顔と共に両手を広げた。

「いやー、こうして会うのは初めてだねアリス。ようやく会えた。いつも夢の中でしか会えなかったのは寂しかったよ。そしてこうして会えたことに、僕は今興奮を禁じ得ない。観測者、黒木アリス。世界を観測し創造する存在。君に出会えて光栄だよ、アリス」

「どうして、ここに……」

 衝撃が頭を貫く。白うさぎの登場に酩酊感すら覚える。どうしてここにいるのか。目眩に体がふらつきそう。

「ああ、不思議だろう? でも簡単な話さ。ここは黒い世界。メモリーの影響により生まれた、表層世界と深層世界が融合した特異点。だからこうして僕はここにいられるんだ、深層世界の住人でありながらね」

 白うさぎは得意気に語る。浮かべる微笑は夢の時と変わらない。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く