観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

探索4

 そこで、私はようやく久遠の異変に気づいた。久遠の顔が私ではなく扉の奥に向いていたからかもしれない。横顔だけではよく分からなかったから。

 彼女の瞳は、なにも見ていなかった。前を向いているだけで焦点が合っていない。眩しいほどの笑顔はけれどメッキのように見えてきて、急に私の背筋が寒くなる。嫌な予感が、全身に充ちる。

「ねえ久遠、私の質問に答えて! 私を見て!」

「さ、こっちですわアリスさん」

 久遠は私の言うことに耳を貸さない。そればかりか、私の腕を掴み強引に玄関へと入り始めた。

「久遠、待って。痛い!」

 私の腕が締め付けられる。強いなんてものじゃない、痛い。久遠の力、ううん、女性とはとても思えない。

 私は久遠に引きずられるように玄関へと入った。大きな靴箱が並びそれぞれの上履きがしまわれている。玄関の先はT字になっていて、薄暗い玄関を廊下の窓が微かに照らしている。

「離して、久遠! お願いだから離して!」

「あ」

 玄関のちょうど真ん中で久遠は立ち止まり手を離してくれた。私は久遠から一端離れ、すぐに腕をさする。そこには久遠に握られた跡がくっきりと浮かんでいた。

「久遠、どうしちゃったの?」

 私の前、後ろ姿を向ける久遠の表情は分からない。なにを考えているのかも。

 久遠は立ったままじっとしていたが、しばらくしてから、ぽつりと呟いた。

「声を、聞きましたの。ここへ来るように、囁く声を……」

「声? でも、そんなの私には聞こえなかったけど」

 声どころかここに来るまで誰にも会っていない。影すら見なかった。辺りに耳を澄ましてみても声は聞こえない。

「ねえ久遠、さっきからどうしたの。なんか今の久遠ヘンだよ」

「……思い出しましたわ」

「え?」

 静かな声でいわれた言葉は聞き逃しそうだったが、私は確かに聞き取った。思い出した? え、久遠が?

「思い出したって、なにを? え、久遠も、もしかしてここの生徒だったとか?」

 そんなことを忘れているものなのか否定的な思いはあるけれど、久遠の言葉はそうとしか思えなくて。 

 私の質問に久遠は答えてくれない。私に振り向いてくれるが、しかしゆっくりと顔を横に振りながら後ろに下がっていく。まるで私を恐れるような、もしくは何かに怯えているような表情で。

「私は、そんな……、そんな……」

 とても怯えてる。細い体の震えが尋常じゃない。地面を見つめたまま体を抱きしめ、なにかを呟いてばかりだ。

「く、久遠? どうしたの? ねえ。どうして離れるのよ」

 後退していく久遠に近づくために私は足を出そうとする。

「来ては駄目ですわ!」

「!」

 しかし、久遠の強烈な言葉に出掛かった一歩が止まった。久遠は両腕で自分を抱きしたまま、体の震えに耐えている。

 そんな異常な状態で、久遠は私を見つめる。その際の表情が、絶望を知ったように青ざめている。

「アリスさん、私は……、知らなかったんです……」

「なにを? 教えて久遠、なにを知らなかったの? なにを思い出したの?」

「私は、本当に知らなかった。今まで、今の今まで。でも……」

 なに? なにがどうなってるの? なんでそんなに怯えてるの? なにを思い出したの? まるで分からない。急なことに、なにがなんだか。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く