観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

友達3

 一人だと思っていた私の心を、久遠は励ましてくれる。それが、どうしても嬉しくて。

 恐怖が、久遠の優しさに触れて溶けていく。ひび割れた隙間から光が差し込むように、私に勇気をくれる。

 私はゆっくりと手を伸ばし、鍵を開けていた。黒い世界にある無数の扉に比べれば、こんなにも分かり易い出口に手を伸ばす。

 ワンルームという私の小さな世界に穴を開け、私は自ら、この世界の扉を開く。

 そこには、私の友達が待っていた。

「久遠は、いいの? 私、なんかの、ために」

 泣き声に震える唇をなんとか動かして言葉を作り出していく。頬を流れる涙を拭いて。

「はい! 当然ではありませんか。わたくしはアリスさんのお友達です。困っている友達がいれば、助けてこそのお友達ですわ」

 久遠はそう言ってくれた。私を助けてくれると迷いもなく言ってくれる彼女。友達だからと。浮かべる彼女の笑顔は、眩しいほどに輝いていた。

「久遠!」

 私は、久遠に抱き付いた。一人だった。孤独だった。でも今は一人じゃない。それだけで嬉しかった。友達がいる。それが、どれだけ心強くて、いじめられていた私にとって幸せか。

 一人じゃないんだ、私は。

「大丈夫です、大丈夫ですよ、アリスさん」

 泣きじゃくる私を、久遠は優しく受け止め頭を撫でてくれた。彼女の温かい体は、私の凍える心を包んでくれるようだった。

 それから久遠を部屋に入れ、私たちはベッドに腰掛けた。

「へえ~、ここがアリスさんのお部屋なのですねぇ」

「ま、まあね」

 久遠が私の部屋に来るのは初めてだ。珍しいもの好きな久遠は人の部屋を楽しそうに見渡している。とはいっても、私の部屋は簡素だと思うけど。

「アリスさん、もう具合は大丈夫ですか?」

「うん、ありがとうね。だいぶ落ち着いた」

 久遠がしっかりと私を受け止めてくれたおかげで、なんとか気持ちは落ち着いてくれた。私はいつものように久遠に返事をする。

 それで、久遠もニコッと笑ってくれた。けれど雰囲気をすこし変えて、私に話しかけてきた。

「わたくし、思ったんです。こんな事態ですもの。アリスさんが嫌なら、わたくし、部屋から出なくてもいいのではって。だって、あんな」

 久遠の表情は暗い。きっと外の様子を思い出しているのだろう。私だってそう。悪い夢だ。町の人すべてが、私をいじめてくるなんて。

 外に出ても嫌な思いをするだけで、どうしようもない。このまま部屋にいるという久遠の提案は、もっともだ。

「うん、ありがと」

 そんな彼女の優しさが嬉しかった。久遠は私の代わりに買い物までしてくれると言う。そんなの大変なはずなのに。久遠は友達だからといって笑顔で言いのける。

 本当に、優しい子。

 だけど。

「気持ちは嬉しい。でも、それじゃ駄目だよ」

「え?」

 私はベッドから立ち上がった。隣では驚いたように久遠が私を見上げている。

「私、決めたんだ。もう逃げないって。久遠に抱き締められた時にね。私は一人じゃないって実感した。そう思えただけで、勇気をもらえたんだ。だからもう逃げない。隠れない。今度こそ、正面から立ち向かおうって」

 私は逃げ出した。この世界から。その行動を、そして、その辛さを久遠は分かってくれている。だからこそ、私の選択に驚いている。

 でも、私は決めたんだ。かつてなにも出来なかった私でも、今度こそは、自分の力で立ち向かおうって。

 これは、私の問題だ。私が解決する。

「そう思った。あなたのおけげよ、久遠」

「アリスさん……」

 見上げる彼女、今度は私が力強く見つめる。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く