観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

友達2

 悔しくて、濡れたぞうきんを絞ったように涙を流す。もう出ないと思っていた涙は、後からいくらでも落ちてきた。

 それに、なんとかしようにも、頼りのホワイトも消えてしまった。私にはもう、本当にどうしようも出来なくて。

 ただ、耐えているだけだ。ずっと、このまま。

「うっ、うっ、うぅ」

 それから、どれだけ経っただろう。かなり長い時間を私はこうしていた気がする。窓から見る景色はすでに暗くなっていた。

 するとインターホンの無機質な音が部屋に広がった。

「アリスさん、中にいらっしゃるのでしょう!?」

 それは久遠の声だった。私のことが心配で来てくれたらしい。

「お話があるんです! ですのでここを開けて下さい!」

 扉越しに彼女の大きな声が聞こえてくる。私のことを本気で心配してくれて、必死に声を張り上げる久遠の姿が想像できる。だけど、今の私はすぐに会おうという気にはなれなかった。

「お願いしますアリスさん! 辛いのは分かります。ですけれど一緒に頑張りましょう!」

「…………」

 逡巡する。私は体を起こし、ゆっくりと扉に近づいた。

「久遠」

「アリスさん! 良かった。大丈夫ですか?」

「…………」

 扉越しのためくぐもった声が聞こえてくる。けれどその声音は穏やかなものだった。こんな私にも、久遠は温かな声で返事をしてくれる。

 本当に優しい人。だけど、私は鍵を開けることは出来なかった。扉のすぐ近くに顔を寄せて、顔を俯ける。

「久遠、気持ちは嬉しい。でも、無理だよ。私……」

 どうしようも出来ない。黒い世界は終わらなかった。記憶を思い出したのに。それどころか、私がいる世界までも大きく変わってしまった。

「これは、私の問題なの……。それに、私は無理よ」

 小学生のころ、いじめられていた私は何も出来なかった。周りからの迫害と嘲笑を受けるだけで。

「何も、出来ないよぉ……!」

 声は、震えていた。

 私にはなにも出来ない。ただ怖くて震えてるだけ。ましてや今度は世界そのものが私をいじめてきている。

 そんなの、どうすればいいの? どんなに辛くても、どんなに嫌でも、私は耐えることしか出来ないじゃない……。

「一人で抱え込まないでください! アリスさんは一人ではありません!」

「久遠……」

 私の諦めていた声に、久遠の強い言葉が重なる。その力強さに私は顔を上げていた。扉の向こうにいる、友人の顔を見るように。

「いじめに、たった一人で立ち向かえる人なんていませんわ」

 久遠の声は、怒っているようだった。けれどそれは私にじゃない。いじめという、現象に対してだ。

「アリスさんがいじめられていた時、たしかにアリスさんの傍には誰もいなかったかもしれません。ですけれど、今ならわたくしがいます。わたくしがアリスさんの力になりますわ。だって」

 扉一枚隔てた向こう側から、彼女の声が聞こえてくる。まるで黒い世界に閉じ込められた私を救い出すように。

「わたくし達、友達ではないですか!」

「久遠……」

 彼女の声が胸に届く。なにも出来ないと、もう駄目だと私は諦めているのに。

「一人では不安でも、わたくしがいます。一人では怖くても、傍にいます。一人では出来ないことでも、二人なら出来るかもしれません」

「私、でも」

「諦めないでください!」

 久遠が、大声で私に呼びかける。こんな私に。なにも出来なかった私に。

「わたくしがいます。だから、ね?」

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く