観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

友達

 ホワイトは久遠を見下ろしたままだった。私には見向きもしない。

 だけど、今までビクともしなかった腕が、ゆっくりと下りていった。

「ホワイト?」

 私の質問に彼は答えることなく、銃を消すとそのまま踵を返し歩き出してしまった。

「ホワイト!」

 叫ぶけど、彼は去って行く。私は追いかけようとしたが、けれど久遠の手前、そんなことをしたら彼女を傷つけそうで一歩が出ない。

 迷っていた隙に風が吹き、私の髪が視界を遮る。すぐに元に戻すが、そこにホワイトの背中はいなかった。

「ホワイト……」

 小さな呟きが、人通りの喧騒に消えていく。

 目に映るのは「アリス消えろ」と書かれた張り紙。耳に入るのは「ウザい」という私への悪口。それを私は見てるだけ。なにも出来ない、無力な私。

「アリスさん?」

 背後から久遠が心配そうに声をかけてくれる。だけど、私は振り返ることが出来なかった。

 変わり果てた世界。変えられなかった悪夢。変わらない黒い世界。さらに、ホワイトまで去ってしまった。

「うッうっ!」

 もう、嫌だ。

 すべてが嫌だった。もうたくさん。なんでこんなことになるの? なんでいじめられるの? 私がなにをしたの? なんで? なんで!? なんでよ!?

 私は、泣いた。

「待ってください、アリスさん!」

 走った。呼び掛ける久遠の言葉を無視して。

 私を否定する世界も。私を笑う人々も。私を襲う怪物も。それに対して、なにも出来ない自分も!

『皆さん! 黒木アリスと話してはなりません! 話しかけられても無視しましょう!』

 街は、未だに私を嘲弄する。拒絶を見せつける。

『ねえ、なんか臭くない?』『アリスだアリス』

 人々の横を通る度、私を嘲笑う声が耳をかすめる。それを無視して、私は走る。

『アリスなんていなければいいのに』『よく生きてられるよね』

 私は一人、笑われる。まるで閉じ込められた、黒い世界の中で。私だけが――

『あはははははは!』

『くくくくくくく!』

『ははははははは!』

 世界が笑う。

 私は、泣く。

「うあああああああ!」

 私は家に辿り着くと扉を閉めて鍵をかける。そのままベッドに横になった。枕に顔を沈め、世界から逃げた。

 胸を締め付けられる苦しみに、私は堪らず涙した。

 いじめられていた時の記憶を思い出す。そう、これだ。周りから感じる忌避と好奇の眼差し。酷く冷たい笑い声。無関心な傍観者。

 小さな教室は、それだけで私にとっては黒い世界だった。一人っきりで、周りからのいじめに耐えるだけの、辛い場所。どんなに悔しくても、悲しくても、自分じゃどうしようも出来なくて。

 ずっと笑われて。こんなに辛いのに、誰も私を助けてくれなくて。教室のみんなが、世界が、私を拒絶してくるんだ。

 それに対して、私はなにも出来ない。

 どうしていじめって起こるの? 私がなにをしたの? なんでこんなことをされなくちゃいけないの? 

 どうして私は、何も出来ないの?

「うう!」

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く