観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

決着

「怖いよ、たしかに怖い。あんな体験、二度としたくない。メモリーを前にして感じた、あの恐怖。想像しただけで身体が凍りそう。それでもね」

 あたしがしたいこと。それは身を守ること? あの怪物から逃げて、襲われないようにすること? ううん、それもあるけど、本当は違うよね、アリス。

「あの子も、同じ思いをしてるのよ。それもずっと一人で。黒い世界に閉じ込められて、もう何年も一人っきりで、あの恐怖に耐えてるの。そんなの我慢できない」

 怖いと思う一方で、負けないくらいに助けたいと思う。あの子のことを。

「かわいそうだよ、そんなの!」

 このままずっと、誰に助けられることもなく、放って置かれるなんて。あんな怖い思いをずっとするなんて、そんなのは駄目。

「だから、お前が危険を顧みず助けると?」

「そうよ」

 私は顔を上げてホワイトの瞳を見る。鋭く青い、彼の双眸が私の覚悟の前に立ち塞がる。けれど、私も負けない。

「ホワイトには迷惑かける。また助けてもらうことになる。危険なのも分かる。それでも。これが私の思いなの。あの子を助けたいって、ずっと思ってた。それは今も変わらない。これが私の気持ち」

 真っ直ぐに。覚悟は瞳を鋼に変えて、ホワイトへと突き出した。

「文句ある、ホワイト?」

 少しの間、無言の空気が流れた。時間が止まった気さえする、重い雰囲気。けれど私の決意に支障はない。ひびどころか傷つくことなく、私は無言に力を込めていく。

 そして、最初に口を開いたのは、ホワイトの方だった。

「まったく」

 嫌そうに、けれど、どこか納得したような彼の声。ホワイトは姿勢を若干楽にして、ため息を吐くように口にした。

「あるに決まっている。だが、止める術もあるまい。厄介な小娘だよ、まったく」

「ごめんね、ホワイト」

 辟易とした彼にかけた言葉は嫌味に聞こえてしまっただろうか。けれどこれが正直な気持ちだから。決してあなたのことを蔑ろにしているわけじゃないの。ただ、どうしても譲れないだけ。

「ありがとう、ホワイト」

 だからせめて、私は彼にお礼を言っておく。

「…………」

 けれど、彼は瞳を閉じると黙り込んでしまった。それは怒っているとかではなくて、それこそ穏やかな印象すら受ける。彼はしばらくそうしていたが、ホワイトはそのまま、一言だけ口にした。

「…………いいさ」

 あれ、なんだろう。この違和感。嫌味や皮肉とか、そんなこと予想してたのに。彼はそう言う。なんで? 

 こんなにも我が強い人なのに、私を助けてくれて、心配してくれて、手伝ってもくれる。

 あたなはいったい何者なの? あなたが何故守ってくれるのか、あなたが何を考えているのか、今も何を思っているのか、私、分からないよ。

「では行くぞ」

「え?」

「助けに行くんだろう?」

 彼が席を立つ。私も続いて立ち上がった。私は彼への興味を一旦頭の隅に追いやり、今すべき目的を中央に置く。彼のことは気になるけれど、私がやるべきことはそれじゃない。

 そうだ、あの子を助けに行かないと。

 私たちは会計を済ませ、一時の安らぎを後にした。

 しまった! 苺のミルフィーユ、最後まで食べてない……。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く