観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)

奏せいや

覚醒5

 そして、その時は来た。

 気が付けば、私は黒い世界にいた。ここは広大で果てがない。天井もあるのか分からない。そして、無数に広がるいくつもの扉。聞こえてくる、少女の声。

「助け、て。タスケ、テ……」

 どこかから聞こえてくる少女の声に、私は力強く頷いた。

 大丈夫。今度こそ、見つけてあげるから。

 私は走った。黒い地面を蹴り、スカートの裾を翻す。そして、ここに少女の姿があると信じて、私は目につく扉を思いっきり開いた。

 開ける。駄目。

 開ける。違う。

 開ける。ここでもない。

 扉の先、そこには空白の世界が続く。

 私は諦めず走り続ける。扉を開け続ける。

 開ける。駄目。

 開ける。違う。

 開ける。ここでもない。

 なんで? 

 私の中でどんどん不安と焦燥が高まっていく。変化が見られない。兆しもない。

 もしかして、無駄なの? 今回も、助けられないの?

 私は走り続け、いくつもの扉を開けていく。大丈夫、今度こそ助けられると。この悪夢を終わらせると。

 けれど、駄目だった。

「はあ……、はあ……!」

 息が荒い。肺が破裂しそう。足が痛くて、立っているのも辛い。

 ついに私は立ち止まってしまい、息を整える。少女をのぞけば静かな黒い世界に、私の熱い呼気が溶けていく。

 駄目だ。このままでは駄目だ。今度こそ、彼女を救い出せると思ったのに。

 そう思うのに、疲れ果てた私の身体は動かない。動いてくれない。

 そして夢が終わることを告げるように、正面の扉の裏から、白うさぎの少年が現れた。タキシード姿に黒のシルクハット。いつもと同じ格好。いつもと同じ微笑。

 駄目、駄目。駄目なのに。助けてあげないと駄目なのに。なのに、けっきょく変わらなかった。何一つ。

 そんな私に、いつものように白うさぎがお辞儀をする。帽子が落ちないように片手を当てて。

「やあ、ご機嫌ようアリス。一緒にワンダーランドへと行こう。扉が――開いたよ」

「え?」

 今、なんて言ったの?

 私は顔を上げる。驚愕を表情に表して、目の前でお辞儀している白うさぎを見つめる。

 けれど、急に私の意識が遠のいていく。薄くなっていく。でも待って。変わらなかったはずの世界で、いつもと同じ夢の中で、あなたは今、なんて言ったの?

 今でも、少女の声が聞こえてくる。悲しくて、辛そうな声が暗闇に響く。私が助けると決めた、少女の声が。助けてあげると決めたの。だから待って。

 待って、待って、待って――

「待ってー!」

 バッ、と私は体を起こした。朝の空気に向かって片手を伸ばしながら。大声を出して。気づけば隣からビリリリと目覚ましのベルが鳴っていた。けれど私は呆然としていて、数秒してからようやくボタンを押した。そして、今日見た夢のことを振り返る。

「確かに、言った……」

 そう、言った。聞き間違いなんかじゃない。白うさぎは確かに、扉が開いたと言った。この数年で初めてのことだ。

「観測者と失われた記憶たち(メモリーズ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く