天才過ぎて世間から嫌われた男が、異世界にて無双するらしい。

暗喩

第197話 毒の使い手。


ーーーーーー

  トリヤマが『ロウディ』にいる事に驚いた俺は、緑色のオーラを放つ彼に向けてこんな問いかけをした。

「お前は、サナダやキリハラと同様に静止の『魔法』に掛けられていた筈じゃないのか?! 」

  俺がそう問い詰めると、トリヤマは相変わらず無機質な表情を浮かべたままの状態で、ゆっくりとそれに答える。

「だから、言ったはずだ。俺は、奴らとは違う。謀反者達が何か企んでいるのは良く分かっていたからな。まさか、『シャビン』の地にて、秘密裏に研究をしていた新しい『魔法』を使ってきたのは驚いたが、所詮は格下だ。ある程度の警戒をすれば、それを防ぐ事など容易い。」

  彼はそう呟くと、軽くため息をついた。

  俺はそんなトリヤマの言葉に対して、少しだけ不安を感じる。

「という事は、お前を狙っていた『異世界人』達は......? 」

  それを聞いたトリヤマは、一瞬だけニヤッと笑った後で、再び無表情に戻ってこう言った。

「それは、今、お前の想像している通りだよ。弱いというのは、罪。だが、俺は強さに過信をした事など、一度も無いんだ。気を抜けば足元を掬われる。再三、サナダやキリハラには注意してきた筈だったのだが......。まさか、お前の仲間のクソガキにやられる程、間抜けだったとは思わなかったよ。」

  彼が発言した言葉を聞くと、俺は、怒りと安心が乱立する。

  どうやら優花は無事で、サナダとキリハラに勝ったみたいだ。先程、背後で見たあの化け物を相手に勝利した事に安堵する。

  しかし、周辺都市の『シャビン』にて、トリヤマを押さえつけようとしていた『異世界人』達は、どうやら殺されてしまったようだ。

  どうやら彼は、自分の持つ力を信用していない。

  それが故、奴は隙を見せない。

  今だって、俺達から目をそらす事なく武器を構え続けている。

  周囲には彼を囲むように異様な色をした、恐らく毒を持つと思われる巨大な食虫植物が彼を守っているのだ......。

  それを加味しても、トリヤマから放たれる雰囲気は異常だ。

  彼からは、『魔法』の作用も感じられる。

  まさに、万全の状態で俺達との戦いに臨んでいる様にも思えた。


ーーだが、それにしても疑問がある。


  あまり考えたくは無いことではあるが、もし仮に『魔法』の作用をあっさり交わして、『サンドリウス』や『ペリュー』にて半日程足止めをされていた仲間を助ける事が出来たのでは無いか......?

  俺はそう思うと、トリヤマに向けてその事について質問をした。

「でも、よく分からないな。何故、すぐに反乱を阻止出来たにも関わらず、サナダやキリハラを助けに行かなかったんだ? お前達は仲間なんだろ? 」

  俺が疑問を口にすると、トリヤマは少しだけ首を横に振った後で、表情を変えずにこう呟いた。

「俺は昔から、他人に興味が無いんだよ。」

  それを聞くと、さらに疑問が湧く。

「では何故、イワイ・シュウスケと共に、この国を征服したんだ......? 」

  俺がそう問うと、彼は、衝撃的な事を口にする。

「まあ、一言で言うと、退屈しのぎかな......。俺は、たまたまイワイとこの世界に転移した。協力しているのも、暇つぶしの一環だ。ただ、それだけの話だ。」

  俺は、そんなトリヤマの理由を聞くと、沸々と怒りが込み上げた......。

  彼は、ゲーム感覚で人殺しをしているのだ。

  侵略や征服だって、全ては彼の暇つぶし。


ーーただひたすらに遊びとして殺しを繰り返す......。


  俺がそんな風に考えて憤りを感じていると、少し離れた背後で構えているキュアリスは、激しい怒りから震えていた。

「そんなの、絶対に許せないよ......。人の命は、おもちゃなんかじゃない。なのに、あの男は......。」

  彼女がそう呟いて怒りを露わにすると、俺は、それを代弁する様にしてトリヤマにこう宣言をした。

「お前の考えている事は、なんとなく分かったよ。どんなに強くても、隙を見せなくても、俺は絶対にお前を倒す。そして、この国を救うんだ!! 」

  そんな俺の宣言をすると、トリヤマはボソッとこんな事を口にした。

「感情的な奴は、気がつかないんだ。もう既に戦いが始まっている事に......。」

  彼がそう呟くと、先程、地面に刻まれた斬撃の跡からは、植物が大量に生い茂り、そこから何らかの粉の様な物が俺達の方へと流れて来た。

  それからトリヤマはそこ周辺に風の『異能』をまき散らした。

  俺はそれに対して慌てて光のバリアを張った。

  だが、突然の事であったので、傍のキュアリスと桜は、そこへの避難が遅れ、暴風と不思議な粉に巻き込まれてしまったのだ......。

  二人も慌ててそこから逃げようと抗ったが、彼女達は暴れれば暴れる程に動きが鈍くなって行った。

  俺はそれに対して駆け寄ると、纏っているバリアの中へと避難させたのだ。

  その中で倒れたキュアリスは、弱々しい口調で、こんな事を口にした。

「あの粉を吸った瞬間から、何だか、突然眠くなって来ちゃった......。」

  キュアリスがそう言うと、二人はその場に倒れて完全に眠りについてしまった。

  どうやらあの粉の作用は、強力な睡眠薬にも近い様だった。

  俺がそんな風に二人を心配していると、背後からは悍しいほどの殺気を感じた。

  俺はそれに気がつくと、慌てて振り返り、手元に作った光の刀をそこに向かって思い切り横振りしてみせた。

  すると、そこにはトリヤマが紫のオーラを纏いながら俺の刀を右手で簡単に押さえつけていたのだ。


ーーそのまま暫く、その状態が続く......。


  だが、その後ですぐにトリヤマの周りからは再び怪しい植物が生え出していた。

  俺はそれに気がつくと、刀をしまった後で、慌てて眠っているキュアリスと桜を小脇に抱えて光の速度で高層ビルの屋上へと逃げたのだった。

  あの男は、今まで戦って来た相手とは、桁が違う......。

  俺がまだ意識を取り戻さない二人をそっと屋上の床に置くと、息を荒くしてそんな風に焦りを覚えた。

  だが、そう思っている一瞬の間に、俺達のいるビルは一階から物凄い速度で紫色になって、腐食を始めた。


ーーそれと同時に、高く聳え立つビルはどんどんと傾いて行く......。


  俺はそれに焦ると、また二人を小脇に抱えた後で、空高くに逃げたのだった。

  今、この状況で二人を街の何処かに避難させても、多分、すぐに殺されてしまう......。

  この街に踏み込んだ時点で、敵が数多いるのは容易に想像出来るから......。

  しかし、叩いても揺すっても決して目を覚まさない二人がいては、俺は本気を出す事が出来ない......。


ーーならば、どうすれば......。


  俺は、地上から毒を放ち続けるトリヤマの攻撃を必死に避けながら、そう考えていた。

  そんな時、真横からトリヤマの方へ真っ青な球体状の巨大物体が放たれたのだった。

  俺はそれに気がつくと、慌ててそちらの方へ顔を向ける。


ーーすると、そこにはきっと戦いを終えたばかりであろう、優花が、真っ青な龍に乗っていた。


「お兄ちゃん、大丈夫?! 」

  彼女は俺にそう問いかけた。

  俺はそれに対して、苦笑いしながらキュアリスと桜を見つめる。

「少し隙を見せた時に、二人は眠らされてしまった......。」

  俺が弱気な口調で答えると、優花は真剣な表情でこう言った。

「そうだったんだ......。それなら、一旦、二人を私に預けて!! 私なら龍の背中の上に乗せて匿う事が出来るから!! もし、敵が来たら、私が対応できるし!! 」

  俺はそんな優花の提案を聞くと、感謝を述べた後、少し離れた彼女の方へ光の道筋を立てて、二人を送り込んだ。

  それをキャッチした優花は、地上で何かの準備を始めているトリヤマを見つめると、俺に向けて励ましにも似た一言を口にした。

「お兄ちゃん、この戦争、絶対に勝利で終わらせようね。」

  俺は、そんな優花の一言を聞くと、ニコッと笑った後で、こう返事をした。

「ああ、絶対に勝ってみせるよ。それにしてもお前、さっきの戦い以来、一瞬で頼もしくなったな。」

  それを聞いた優花は、一瞬だけ喜びの表情を見せた後で、何かを思い出した様に顔を真っ赤にすると、目を逸らした。

「ま、まあとにかく、頑張ってね! キュアリスと桜の事は任せて!! 」

  優花はそう言うと、急ぎ足でその場から離れていった。

  俺は何故、優花が恥ずかしがっていたのかの理由が分からなくて首を傾げた後、トリヤマのいる地上に向けて数千発の光のレーザーを放った。

  だが、トリヤマのバリアはかなり強力な様で、それが彼の体を貫く事は、決してなかった。

  そこで、俺は思った。


ーーこれは、苦戦するかもしれないと......。


  そんな時、トリヤマは何らかの準備の手を止めた後で、こんな事を口にした。

「準備完了......。」

  彼がそう呟くと、空に浮遊する俺の方を向いた。


ーーこれから何が始まるんだ......?


  俺はその何かの完了を告げた彼に対して、一瞬だけ恐怖を覚えながらも、気を抜くことは無かったのであった。

「天才過ぎて世間から嫌われた男が、異世界にて無双するらしい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く