恋愛

更新日:

この美少女達俺の妻らしいけど記憶に無いんだが⋯⋯

連載中:8話

作者:プチパン

  • お気に入り

    154

  • いいね

    53

  • コメント

    0

あらすじ

 「師匠! エルと結婚してください!」
 「湊君⋯⋯わ、わわ私を! つつ妻にしてくれない⋯⋯か?」
 「湊⋯⋯私は貴方が好き。私と結婚してください」
  入学して二週間、高等部一年C組己龍 湊は三人の少女から強烈なアプローチを受けていた。
 
  左の少女は、シルクのような滑らかな黒髪を背中の真ん中ほどまで下げ、前髪を眉毛の上辺りで切り揃えた幼さの残る無邪気そうな顔、つぶらな瞳をこちらに向けている。
 
  右の少女は、水面に少しの紫を垂らしたかのように淡く儚い淡藤色の髪を肩程の長さに揃え、普段はあまり変化のない整った顔も他の二人の様に真っ赤に染まっている。
 
 真ん中の少女は、太陽の光で煌めく黄金色の髪には全体的に緩やかなウェーブがかかり幻想的で、キリッとした表情も今は何処と無く不安げで可愛らしい。
 
  そんな世の中の男性諸君が聞いたら飛んで庭駆け回るであろう程に幸せな筈なのだが──。
 (なんでこんな事になってんだよ⋯⋯)
 湊は高鳴ってしまう胸を押さえ、選ぶ事の出来ない難問にため息を一つつくのであった。
 
  十年前、世界各地に突如現れた神からの挑戦状、浮遊塔の攻略、それを目標に創立された第二空中塔アムラト育成機関、シャガルト学園。
 
 塔を攻略するには、結婚する事での様々な能力の解放、強化が基本である。
 そんな学園に高等部から入学した湊はどんな生活を送っていくのか。
 強力な異能に、少し残念なデメリットを兼ね備えた選ばれたアムラト達、そんな彼らはアムラトの、いや人類の目標とも言える塔攻略を目指す。
 一癖も二癖もある美少女達に振り回されっぱなしの主人公の物語。
 

全文表示

「この美少女達俺の妻らしいけど記憶に無いんだが⋯⋯」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品