チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜

solbird

ハンニバル

謁見室の床が爆ぜ、赤黒い雷が室内を蹂躙する。その中心には、袴を来たウサギのようなバケモノ。
そしてそのバケモノはダランと上半身の力を抜き、下半身をギチギチと鳴らす。
ヴェルスターは嫌な予感を感じ取り、魔剣を構える。
刹那────────

ドガァァッッッ!!!

ヴェルスターの視界に映っていたのは目の前の床を爆発させ、一瞬で距離を詰めてきたバケモノがその手に持ったトンファーでアッパーを決める瞬間であった。

ドパアアアアアアアァァァァン!!!!!!

ヴェルスターの肉体が中空を舞い、脳髄が周囲に撒き散らされる。
ヴェルスターの頭部を破壊しても尚満足しないハンニバルのアッパーの破壊力は触れてもいないヴェルスターの四肢をもぎ取り、内臓が零れる。

「グゾォッ!?ナニガッ……!!」
「GYAOOOOOOOO!!!!」

1秒とかからず五体満足まで再生したヴェルスターは先程まで自分のいた場所を見下ろすが…

「いない!?」

既にハンニバルの姿はそこには無く、上を見上げるとそこにはバケモノがトンファーを振りかぶった姿。

「GRRRRRRRRRRRRRAAAAAAA!!!」

空気が弾けたような音が謁見室に響き、ヴェルスターの下腹部がダルマ落としのようにズレる。

「何…が…」

何も難しい事はしていない。
トンファーを回転させたのだ。
遠心力の乗ったハンニバルのトンファーはヴェルスターの防御力をいとも容易く突破し、体の一部を抉り取った。

「VURRROOOOOOOO!!!!!」

ドパパパパパパ!と軽い音が響き、その度にヴェルスターの肉体が抉り取られる。

「カビュッ!ゴバッ!?待て…ゴブっ!?」

ハンニバルの攻撃はヴェルスターの静止を聞かずに空中でヴェルスターを打ち続ける。
そしてハンニバルはトドメだと言わんばかりに、再生中で骨が剥き出しなヴェルスターの顔面にトンファーを打ち付け、地面に叩き落とした。

パラパラと瓦礫が天井から落ちる。どうやら攻撃の余波で天井が崩れたらしく、謁見室の壁もボロボロになっていた。
土埃が舞う謁見室で辺りを見渡し、獲物を探す。

「調子に……乗るなぁ!!」

ヴェルスターが土埃の中から現れ、魔剣が振るわれるが…

ガキン!

ハンニバルのトンファーによってそれは止められた。

「ば、馬鹿な!この魔剣のステータスは今10000倍になってるんだぞ!?」
「GRRRRRRRRRRRRRUUUUUUAAAAAAAAAAAAA!!!!!」

ハンニバルは左手のトンファーを鎌のように扱い、ヴェルスターの首に引っ掛けて床に倒すと同時に赤黒い雷を纏わせた右手のトンファーをヴェルスターの頭蓋に叩き付けた。

ドガアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァン!!!

ヴェルスターの体はオリハルコン製の床に穴を空け、それでも尚止まらずまた下の階の床をぶち抜いた。
音から判断するに、ヴェルスターの体はバラバラに吹き飛んだお陰か1階で止まった様だが土埃でまた見えなくなってしまった。

「ツカサ様!!…ツカサ…様?」
「ツカサさん!」
「ツカサ!どうし…」

どうやら虫けらの声が聞こえるが、別にどうだっていい。人間だってそこらの石ころに興味を持つのは子供までだ。
ハンニバルはそれらを無視して1階まで穴を落ちる。

「GRRRRRRRRRRRRR…」

ハンニバルはまたもや土埃の中で赤いライトを輝かせ、周囲を探る。
すると、前方で息をする音が聞こえた。
探し物は見つかったようである。


「調子に乗りすぎだぞ……殺してやる…遊びは終わりだ…!」

その視界に映りこんだのは、低いダミ声のような怨嗟の声を上げる、剣と同化しバケモノのような姿になったヴェルスターの姿だった。

「《儀血血闘術:武具融合》」




〜tips〜

《儀血血闘術:武具融合》
幾つかある儀血血闘術のその1つ。
吸血魔神ヴェルスターに継承された力。
その身は魔剣となり、魔剣は自身となる。
ヴェルスターは魔剣を自らの肉体に融合させ、その力でステータスを底上げした。
未だかつて誰も到達した事の無い領域を求めて……

《無双魔道外骨格ハンニバル》

ゴリラとウサギを掛け合わせたような見た目と、トンファーを装備した外骨格。
その本質と在り方は歪んでいるが、神の槍グングニルとしての力も残されている。
装着者は精神や人格、魔力や肉体を侵食されるが、圧倒的な力を手に入れる。

「チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • solbird

    お久しぶりのtipsさんチーッス!(忘れてた)
    さて、思う所あって今後の展開を考え直しました。
    もしかするとNOKの活躍も早くなるかも!?
    今後もよろしくお願いします

    2
コメントを書く