チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜

solbird

記憶の断片

彼は静寂の中で白い息を吐いた。
周囲に漂う噎せ返るような血の香りが何故か懐かしい。
心の奥底から湧いてくる高揚感を押し込め、顔に飛んだ返り血を拭う。

「きったね」

真っ赤な血液の中に茶色い何かが混ざっている。内蔵なのか糞なのかは分からない。
だが、汚い事に変わりはない。

「…経験値稼ぎ、お疲れ様です師匠」
「お疲れ様です」
「くっさ…」
「同感だな」

振り返るとそこには死線を共に乗り越えた仲間達がいた。

「お疲れ」

今は冬だ。雪がさんさんと降り、死体の山にかかっては赤く染まって溶ける。
僧侶の仲間であるシビィが顔を青くさせながら口元を抑える。

「私達は…本当に正しい事をしているのでしょうか……敵とはいえ、この人達にだってこの人達の正義が…」
「シビィ、俺達は正義だ…俺達は俺達の正義を押し通したに過ぎない。そこに他の人間の正義を持ち込むのはお門違いだ」

この世には3つの善悪の定義がある。
1つは個人における善悪の定義、2つ目は世間における善悪の定義。



もう一つは…勝ったやつが正義だという、唯一世界で押し通せる正義だ。


「俺達は俺達の正義を貫くため、正義であり続けるため、勝たなければならない…それが、俺達勇者に示された道だ。人としての正しさなど求められてはいないんだよ」


正義だから勝つのではない。勝った奴が正義なのだ。


彼等は歩み続ける。一歩、また一歩と。
その後ろに続くのは血の跡だけだと知りながら。

「チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 真砂土

    ( º дº)<キエェェェエエェェェ

    1
  • solbird

    ノベルバユーザー184952さん

    ご指摘ありがとうございます
    個人的には"さんさん,,という表現は平仮名とカタカナで分けて使っています。
    ひらがなの"さんさん,,は太陽の光でも使えますが、雪でも使い、カタカナの"サンサン,,は太陽の光でのみ使うといった感じですね。
    ただ、参考になりました。
    改めてありがとうございます

    3
  • ノベルバユーザー184952

    雪は"さんさん"より、"しんしん"の方が合った表現ではと思います(さんさんだと太陽っぽい…

    2
  • solbird

    タイトルちょっと変えました

    3
コメントを書く