チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜

solbird

幕間1

「へぇ…妾の友達はすごい経歴持ってるんじゃの…初めて会った時にはそんな雰囲気無かったんじゃがな〜…」

少女は想像を絶するほど巨大な大樹の中で玉座に座り、紙の束を眺める。

「ツカサ…のぅ…」

紙に貼られた写真には彼女の友人が写っている。どうやって用意したのかと言われれば、スキルで作ったとしか言いようがない。

「ふむ…記憶が無くなっておるのかの?ま、二度と掘り起こされん方が良い記憶じゃな」

彼女は写真だけ紙から剥がし、紙を放り投げると、紙は中空を舞いながら枯れてバラバラになって消えた。

「…さて、そろそろ会いに行けそうかの…ここまで出てこれたしの〜♪」

よくよく見ると、少女の体は玉座と一体になっており、まるで玉座から生えているようだ。

「どんな過去があろうと彼奴は彼奴。会いに行くからの♪」

彼と彼女の再会は近い。

「チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 落合  葱

    称号の効力がここに来て…

    1
  • 真砂土

    世界蛇?

    1
  • solbird

    次章、あのお方登場!…まだです。

    6
コメントを書く