チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜

solbird

ぶっ飛び店主

10分ほど経過し、ツカサが椅子から立ち上がるとフェンとアカツキが話し掛けてきた。

「大丈夫か?」
「おう、大丈夫だ」
「痛いところは…?」
「回復したよ、アカツキ」

ツカサは2人に笑いかける。
すると、店主が近寄ってきた。

「妬けるね〜そんな美人さん2人も連れて〜分けろよ」
「お前女だろ」
「…そういやそうだったな」

………おい、こいつホントに忘れてたって顔してるぞ…エルダーエルフは男も中性的な顔立ちであまり性別の違いは無いらしいとは聴いたが、まさか自分が女である事を忘れる程だとは思わんかったぞ…

「そろそろいい具合だろうと思ってな。包帯外してみろ」
「ああ」

ツカサは右目を覆っていた包帯を解く。
すると、いつもの赤瞳が現れる。

「視界は問題無いな」
「そうか、そりゃよかった」

ツカサは自分に鑑定を掛けてみる。





ツカサ

年齢:18

種族:トゥループラチナ

Lv.1608571
評価ランク:EX
生命力:∞  魔力:86629574859
攻撃力:69442563646
防御力:58663232589

スキル:スキル:竜の息吹Lv.MAX、魔力操作Lv.MAX、剣術Lv.MAX、身体強化Lv.MAX、盾術Lv.MAX、防御Lv.MAX、鉄壁Lv.MAX、光魔法Lv.MAX、刀術Lv.MAX、拳闘術Lv.MAX、殺戮Lv.MAX、惨殺Lv.MAX、虐殺Lv.MAX、鏖殺Lv.MAX、爪術Lv.MAX、自然治癒Lv.MAX、吸血Lv.MAX、血魔法Lv.MAX、無双Lv.MAX、氷魔法Lv.MAX、眷属化Lv.MAX、全状態異常耐性Lv.MAX、健康体Lv.MAX、殺気Lv.MAX、反転Lv.MAX、堕天拳Lv.MAX、手刀Lv.MAX、回復魔法Lv.MAX、女神の涙Lv.MAX

ユニークスキル:魔神Lv.MAX、竜聖鎧Lv.MAX、パンドラの箱Lv.MAX、禁忌Lv.MAX、不老不死Lv.MAX、儀血血闘術Lv.MAX、殺LvMAX、魔法吸収Lv.MAX、鑑定Lv.MAX、魔天使Lv.MAX、無限再生Lv.MAX、天災Lv.MAX、世界核Lv.MAX、呪竜王の魔眼Lv.MAX、竜聖機鎧Lv.MAX、ホムンクルス製作Lv.MAX、ウロボロスの魔眼Lv.1

称号:選ばれし者、呪われし者、七聖、滅ぼす者、禁忌、吸血神、虐殺者、殺戮者、無双、鬼畜。災厄、魔神、世界を殺せし者、世界蛇のトモダチ、九尾狐の恋人




Lv.MAXの中に一つだけLv.1なのも少し気になるが、無事スキルとして習得出来たようだ。

「スキルとして習得できてるようだ。感謝する」
「はーいよ。あ、取った目玉見るかい?」
「歯医者かよ…見せなくていい。2人は何か欲しい物はあったか?」

ツカサは2人に問いかけるが、突然焦り始める。

「い、いえ。大丈夫です」
「あ、ああ!俺も今日のところはいいわ!」

…やはり、いくら魔神でも仲間の目玉がトントン拍子で交換されるのは少し抵抗があったようだ。
まあ、何要求されるか分からないしな。

「んじゃ、ありがとう。俺達帰るわ」
「おっ?そうかい、気を付けてな!…あっ!そう言えば!!」
「ん?」

店主は何かまだ用事があるようだ。
何かミスしたとかやめてくれよ。

「アタシの名前はメイリスってんだ!また機会があればヨロシク」
「…ああ、俺はツカサ。こっちがアカツキでこっちがフェンだ。また世話になるかもしれん」

ツカサが2人の名前を伝えると、アカツキが頭を下げ、フェンは手を上げて挨拶する。

「ツカサにアカツキ、フェン…了解だ!またな」

ツカサはメイリスに背中を向け、扉の方へ向かいながら手を振る。
そうして、3人はメイリスの店を出た。

「ぶっ飛んだ奴だったな…」
「ですね…」「だな…」

3人一緒にため息をつき、苦笑する。

「ま、アカツキとの結婚式には呼んでやるか」
「ツ、ツカサ様…」

アカツキが困ったような、でもそれ以上に嬉しそうな顔で照れる。
可愛い。

「おおっ!ツカサもやるね〜」
「お前も仕方ないから呼んでやる」
「当たり前だ!呼ばれなくても行ってやる!」

俺達3人は笑い合いながら夜のラビスの街へと消えていった。




〜tips〜

《エルダーエルフ》
エルフの上位種であり、非常に強力な次元魔法を扱える種族。
美しい容姿ではあるが、気まぐれで収集癖があり、イカれた者が多いため実態を知るものはあまり恋仲になる気にならないとされている。
安全に次元の狭間を移動できるため、商売人として店を開いて旅をする者が多い。
基本的にエルフとは正反対の性格であり、どんな種族にも友好的である。

「チートで勇者な魔神様!〜世界殺しの魔神ライフ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 颯爽

    おったまげー。ぶっとびー。ですかね。

    1
コメントを書く