俺が過保護な姉の前から姿を消すまでの話

無花果

期待


「大好きな弟」

いつからだったか、この言葉が酷く重く感じる様になった。
“貴方は私の弟なんだから”
ひたすらに伸し掛る期待。元々学歴コンプを拗らせてた俺にとって期待と言うものは全く以て嬉しいものではない。
物心ついたころから何でもそこそこ器用に出来る質なだけあって、昔から此奴に任せれば大丈夫だろうだとか貴方なら出来るだとか思われがちだった。
期待に応えないといけない義務なんて無いのにそれだけが頭にこびりついて視野を狭めた。
姉との件にしろそれは言えた事で、姉の面倒を見る役目は全て俺に投げられ更に姉からの期待も降り掛かる。
自業自得と言ってしまえばそれまでなのだろう、このポジションを甘んじて受け入れたのは俺だ。
何でも程々が良い、と言う事を改めて学んだ。

そんな中、いつも絡む面子の元より姉と折り合いが良くなかった女が姉の前からだけ姿を消した。
女子特有の口喧嘩でキャットファイトをする訳でもなく、本当に急に姉と連絡を取れる手段だけを全て遮断した。

「急に何なのもう…」

人には合う合わないが有るから仕方ない、とイライラ半分落ち込み半分の姉を宥めたが流石にもう少し遣り様があっただろうとは思う。
俺らとは普通に話す反面、彼女は姉だけをとことん拒絶した。
所詮赤の他人。年単位の付き合いであろうと人と人の繋がりなんてこんな簡単に切れてしまうものなのか、一切の関与を断ち切ってしまえば。
“姉から離れられる”
ふと風呂の中で頭に過ぎった。

「俺が過保護な姉の前から姿を消すまでの話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く